中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)

  • 講談社
3.71
  • (3)
  • (7)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062729956

作品紹介・あらすじ

20万部のベストセラー『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』に続く、待望の第2弾!!
 アメリカ人という立場から東アジアの人々を俯瞰的に見たとき、著者は、「日本人と中韓の人々とは全くの別物である」という事実に気づいた。そしてその背景には、人類学的なDNA以上に、文化的な違いがあることを発見した……そう、それが「中華思想」と「儒教」だ。
 日本人が誠意を示しても絶対に受け入れられないなら、あとは彼らの劣等感の裏返したる「中華思想」を学び、適当にあしらうだけ、なのだ――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20190927 読了
    ☆3.6で四捨五入☆4つ評価

    覚書
    第一章 愛国は無罪ー中華思想と事大主義
    第二章 華夷秩序で正当化される侵略
    第三章 ボロ船を空母と呼ぶ中華思想の悪癖
    第四章 反日と中華思想で行う衆愚政治
    第五章 中華思想で膨らませたGDP
    第六章 歴史は中華思想で書き換えるもの
    第七章 ノーベル賞がダメなら孔子平和賞
    第八章 中華思想を拒否し続けてきた日本と台湾

    相変わらず読みやすかったものの、
    先日読んだ本と重複している部分有りで復習w
    こういうテーマは他の人の著書も読まなきゃ~

  • 読みやすい。
    目新しい内容はほとんどなかったが、前著と合わせて、各々、シナと韓国に分けた方が良かった気はする。双方に触れている分、浅い感じはした。

    シナが、西洋(だっけ)を羨ましいと思っているとかいう一文は、それは違うと思うな。それは中華ではなかろう。

    それにつけての、毎度のわが国の無策。
    本気で他国の善意によって立ってるつもりなんだろうか。

    どうするんだ。

  • 在米韓国人400万。梨花女子大で、次に生まれるなら韓国以外がいいと答えた人7割
    対馬には人口3万、2016年の韓国人観光客26万。
    北海道1578Haが中国人の手に。
    遼寧は、ウクライナ製空母ワリャーグを改修して作った。相変わらずのリバースエンジニアリング大国。
    鬼城は200か所、1億戸を超える。クルーグマン氏いわく、中国バブルの清算は100年かかるそうだ。

  • ★4.5(3.73)2018年2月発行。世界の常識が通用しない中国と韓国。可哀想な国と思っていたが、最近の行動は可哀相では済まない状況に。沖縄乗っ取りを企み、北海道の土地を買い占め始める中国人。嘘で塗り固められた韓国の歴史、さらに反日教育。そもそも両国には正義や誠実という言葉は存在しないのかと。個人的には、中国人も韓国人もいい奴もいるのに、集団になると押さえが聞かない両国。韓国女子大生の7割は生まれる前に祖国を選択できるなら韓国以外を選択したいと。著者にはこれら事実を英語で世界に伝えてもらいたいものだ。

  • もうお腹いっぱい感あり。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1952年、アイダホ州に生まれる。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年に末日聖徒イエス・キリスト教会のモルモン宣教師として初来日。経営学修士号(MBA)と法務博士号(JD)を取得したあと国際法律事務所に就職、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行して英会話学校「ケント・ギルバート外語学院」を経営。2015年、アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。『日本人の国民性が外交・国防に及ぼす悪影響について』と題した論文は、日本人の誠実さなどを「世界標準を圧倒する高いレベル」と評価。一方、その国民性が「軍事を含む外交の分野では、最大の障害になる」とした。読売テレビ系『そこまで言って委員会NP』、DHCテレビ『真相深入り!虎ノ門ニュース』などに出演中。著書には、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(PHP研究所)、『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』『中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇』(以上、講談社)、『日本人だけが知らない世界から尊敬される日本人』(SBクリエイティブ)など多数。

「2019年 『天皇という「世界の奇跡」を持つ日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中華思想を妄信する中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)のその他の作品

ケント・ギルバートの作品

ツイートする