悪意 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.61
  • (1020)
  • (1914)
  • (2607)
  • (278)
  • (51)
本棚登録 : 15329
レビュー : 1469
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062730174

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人気作家、日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼馴染である野々口修。
    野々口のかつての同僚である加賀は、犯人の語らない動機を探る――。

    構成の見事さに舌を巻き、何度も東野さんの仕掛けた罠にひっかかっり、そしてたどり着いたラスト…。

    “『彼が恐ろしいと思ったのは、暴力そのものではなく、自分を嫌う者たちが発する負のエネルギーだった。彼は今まで、世の中にこれほどの悪意が存在するとは、想像もしていなかったのだ。』”

    作中作、『禁猟地』の一節が端的に物語る。
    シンプルすぎるタイトルの「悪意」。白い表紙に「悪意」から不気味ににじみ出る暗黒色。
    読了後、これ以上のタイトル、表紙はないだろうと思った。
    ただ圧倒されるだけのすさまじい悪意…。
    最近悪意のある報道について考えていた。
    そういう報道を見聞きするのは日常茶飯事、報道で事実は歪められるものだと次第に気づきつつあるけれど、それでも悪意は人の心を確実にむしばむ。
    でも、今の世の中に蔓延する大きな悪意も、そもそもは一個人の中の悪意に端を発するのだ。
    これほどの悪意を、なぜ人は他人に向けることができるのか。
    しばらく悶々と悩んでしまった。

    “いじめられる側としては、あまりの理不尽さに、ただ途方にくれるしかないのだ。”

    人気作家である東野さんには、理不尽に向けられる悪意を身をもって感じたことがあるだろうし、悪意によって人間性、作品が貶められることの無念さがわかりすぎるほどわかるのだろうなぁ。
    でも、こんな理不尽なことがあっていいのだろうか…。
    読むのに精神力が必要。でも本当にすごい作品だった。

  • 加賀恭一郎シリーズの4作目です。

    この「悪意」はこれまでと大きく違います。
    早々に犯人が分かってしまいます。「あれ?」と思うとそこから「動機」に対する執拗な推理が始まり、面白くて一気に読んでしまいました。

    「悪意」と言うタイトルがどう言う意味を持ってくるのかは読んでのお楽しみですが、何となくこの「悪意」が表すよう静かに、暗く、鬱々とした雰囲気が本文中に漂っている感じがします。

     今回でやっと、加賀が教員を辞め警察になった経緯が明らかになります。ここへきてやっと、しかもこの「悪意」で明らかにするとは・・・設定が合い過ぎていて恐ろしい。

     私的には、結末も東野さんの読者に対する「悪意」が感じられ、驚かされました。

    今の所、加賀恭一郎シリーズでコレが一番面白かった!!

  • 刺し違える、と言う言葉をフッと思った。

    いくら殺したいほど憎い人がいても、
    『殺人』のリスクって大きいよなぁ~

    いずれ自分だって、裁かれる。
    時に同じく『死』をもって償わねばならない場合だってある。

    それなのに、何故?
    人は人に『悪意』を持つのだろう?

    自らの命を犠牲にしてまで、
    地獄へ引きずり落としてやりたい!と思う程の『殺意』はどこから沸いてくるのだろう?

    物語では犯人はすぐに捕まった。

    だが、
    犯人はその『動機』を決して語ろうとはせず、
    黙々と、どこまで真実なのか釈然としない手記を書き綴るだけ。

    「私が殺しました。
     事件はそれで解決でしょう?
     ならば、それでいいじゃないですか。」

    捕えたはずの犯人ではあるが、
    何一つ、解決はされていないかの様なジレンマ。

    犯人の手記、関係者の証言、刑事の推理…

    バラバラなピースは細かな水蒸気となって、深い霧の様にますます視界を悪くしていくばかり。

    とにかく晴れた霧の向こう側が見たくて、やみくもに読み進めて、一気に読み終えてしまった。

    読後。。。

    最初から暗示をかけられていた自分に気付きいて愕然。

    東野ワールドおそるべし!

  • くそーやられたー!っていう気持ちのいい裏切られ方をする一冊。

  • まさに人間の持つ悪意
    自分にないものを持つ人間への劣等感
    それを見事に表現した一冊
    誰しもがある消したい過去、人に知られたくない過去、まさかまさかの巧みなトリックに時間を忘れ一気に読み終えました。早く次が読みたい気になると言う描き方がやっぱり東野圭吾!と言った感じです。冒頭で犯人がわかります、なぜ冒頭なのか。
    それは犯人特定が目的ではなく、人間の内にある悪意を紐解いていくと言うことに時間をかけてます。

  • 悪意。悪意そのもの。
    これが人間。

  • 【感想】
    10年ほど前に読んだ1冊。
    大まかな内容しか覚えてなかったがとても面白かった記憶があったので、再読した。
    オチや伏線はある程度覚えていたが、それでも尚、読んでいてすごく楽しめた「名作」である。

    物語は、終始「容疑者の手記」と「刑事の記録」によって編纂されている。
    刑事である加賀と、容疑者野々口のお互いの主観が入っているため、そういう意味では筆者によるナレーションが殆どなく、そのあたりが本作品の魅力と驚きを引き立てていた。
    相次いで出てくる巧みなフェイク情報と、見事なミスリード・ミスディレクション。
    それらがもたらすどんでん返しの連続に、舌を巻くどころか寒気すらした。
    あとがきに、「叙述というものは、最初から呪術的な力を持っているのである。」という文面があったが、まさにそうだと合点がいった。

    また、東野圭吾の作品で、どの作品にも共通して目を見張るのはやはり「タイトル」そのものだろう。
    他作品と同様、「悪意」というタイトルはシンプルだけどとても適格かつディープで、これ以上ないセンスを感じた。
    容疑者・野々口の自分勝手で残虐性あふれる「悪意」そのものが、この作品には溢れていた。

    勿論本作品はフィクションだけど、人は人に対して、さしたるマイナスな理由がなくてもこれほど悪意を持つ可能性があるということを、自分自身しっかりと胸に秘めておかなくてはいけない。


    ※追記
    「あらすじ」に記載してある「ホワイダニット」って何?と思ったので調べてみた。以下引用
    ホワイダニットとは、「Why done it = なぜ犯行を行ったか」という意味のミステリー用語。
    ホワイダニットタイプでは犯行の動機が丁寧に描かれることが多く、物語に厚みが生まれるのが特徴。
    他に、犯人当てをするフーダニット(Who done it=誰が犯行を行ったか)というジャンルがある。


    【あらすじ】
    人はなぜ人を殺すのか。
    東野文学の最高峰。
    人気作家が仕事場で殺された。第一発見者は、その妻と昔からの友人だった。
    逮捕された犯人が決して語らない「動機」とはなんなのか。
    超一級のホワイダニット。
    加賀恭一郎シリーズ


    【引用】
    p34
    加賀教諭は、私がかつて教鞭をとっていた中学へ、新卒で赴任してきた社会科の教師だった。
    彼もまた多くの新任教師と同様、気迫と熱意に溢れて見えた。

    そんな彼がたったの二年で教職を捨てることになったのには、様々な事情が絡んでいる。
    彼自身には何も責任がないが、人にはそれぞれ向き不向きというものがある。
    教師という仕事が彼に向いていたかどうかということになると、首を傾げざるをえない。
    もちろんこれには、そのときの世の流れというものも深く関わっている。


    p86
    野々口修は作家になったが、教師という職業について彼がどう思っていたかはわからない。
    「教師と生徒の関係なんてのはね、錯覚の上で成り立っているんだ。
    教師は何かを教えていると錯覚し、生徒は何かを教えられていると錯覚している。
    そして大事なことは、そうやって錯覚しているのがお互いにとって幸せだということだ。
    真実を見たって、いいことなんか何もないからね。
    我々のしていることは、教育ごっこにすぎないんだ。」


    p89
    しかし私としては、この一時間ほどの経験は、書き足すに足るものだと思う。
    印象深い経験を記録したいというのも、作家の本能だろう。
    たとえ自らの破滅の記録であっても。


    p272
    私にしても、もうこれ以上調べることはないと思っていた。
    野々口が工作した偽アリバイを崩し、日高との確執を明らかにすることにも成功した。
    正直なところ、自分の仕事ぶりに自惚れさえ感じ始めていたのだ。

    私の心に疑念が生じたのは、病室で野々口の調書をとっている時であった。
    何気なく彼の指先に目を向けた時、ある考えが突然芽生えたのだ。
    無視し続けられていたのも、長い時間ではなかった。
    その奇怪な想像が脳裏から離れなかった。
    実を言うと私は、最初に彼を逮捕した時から、間違った道に入り込んでしまったような不安を抱いていた。
    それが今はさらに明確になっている。

    私は自分の感覚を納得させられないまま、今回の事件に終止符を打ちたくはないのだ。


    p276
    ・「禁猟区」の一節
    『彼が恐ろしいと思ったのは、暴力そのものではなく、自分を嫌う者たちが発する負のエネルギーだった。彼は今まで、世の中にこれほどの悪意が存在するとは、想像もしていなかったのだ』


    p340
    いえいえ、あれは衝動的な犯行などでは断じてありません。
    長い時間をかけて下拵えがなされた、恐るべき計画的犯行だったのです。

    端的にいえばこういうことです。
    野々口さん、あなたは長い時間と手間をかけて、動機を作ったのです。
    日高邦彦さんを殺害するにふさわしい動機をね。


    p355
    あなたとしては日高さんを殺すにふさわしい動機を作り上げる必要があった。
    しかしどんな動機でもいいというわけではない。
    それが公表された時、世間の同情はすべて自分に集まり、逆に被害者である日高さんの人間性は地に堕ちるという性質のものを考えなければならなかった。
    そうして考案したのが、日高初美さんとの不倫から、ゴーストライターを強いられるに至るまでのストーリーです。
    うまくいけば、日高さんが発表した作品の真の作者という名誉さえ手に入れることができます。

    あなたが執念を傾けて組み上げたプログラムは、日高さんが築き上げてきたものすべてを破壊するためのものだったのです。
    そして殺人自体もまた、そのプログラムの一部に過ぎなかった。


    p358
    死を覚悟した時、あなたの心の中の封印が解かれたことを私は確信します。
    あなたは日高さんへの悪意を抱いたまま、この世を去ることは我慢できなかったのです。
    そしてその悪意を後押ししたのが、過去の秘密を日高さんに握られているという事実でした。



    あとがき
    p360
    叙述というものは、最初から呪術的な力を持っているのである。
    人間の「記録したい」欲望、また「記録されたもの」を真実と思い込む欲望とを幾層にも塗りこめた奇妙な味わいがある。

  • 最後読み終わった時にゾワッとするような感覚があった。
    ストーリーが進むにつれて登場人物への印象が変わり
    最後まで読むのに夢中になった。
    とても印象に残る作品だった。

  • 加賀恭一郎シリーズ久しぶりに読んでみた。

    物語はある殺人事件の第一発見者となった男と、加賀の2人の視点で描かれる。しかも手記と捜査記録という変わった視点によって交互に進むストーリー展開がおもしろい。

    男が犯人であることは序盤から分かるが、逮捕した後にも加賀の頭には違和感が残る。

    その違和感の正体とは!?殺人事件に隠された真実とは…

    最後の章での加賀の語りは読む手が止められないほど、衝撃で、切なく、恐ろしかった。

    読み終えてタイトルを改めて見る。
    『悪意』
    東野圭吾さん、すごい作家さんだなぁと改めて思った。

  • 東野圭吾作品の中でも傑作の一つ。

    これほど読み終わった後タイトルに納得できる作品も珍しい。

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

悪意 (講談社文庫)のその他の作品

悪意 (講談社ノベルス) 新書 悪意 (講談社ノベルス) 東野圭吾
悪意 単行本 悪意 東野圭吾

東野圭吾の作品

ツイートする