悪意 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.61
  • (1022)
  • (1917)
  • (2607)
  • (278)
  • (51)
本棚登録 : 15339
レビュー : 1472
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062730174

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人気作家、日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼馴染である野々口修。
    野々口のかつての同僚である加賀は、犯人の語らない動機を探る――。

    構成の見事さに舌を巻き、何度も東野さんの仕掛けた罠にひっかかっり、そしてたどり着いたラスト…。

    “『彼が恐ろしいと思ったのは、暴力そのものではなく、自分を嫌う者たちが発する負のエネルギーだった。彼は今まで、世の中にこれほどの悪意が存在するとは、想像もしていなかったのだ。』”

    作中作、『禁猟地』の一節が端的に物語る。
    シンプルすぎるタイトルの「悪意」。白い表紙に「悪意」から不気味ににじみ出る暗黒色。
    読了後、これ以上のタイトル、表紙はないだろうと思った。
    ただ圧倒されるだけのすさまじい悪意…。
    最近悪意のある報道について考えていた。
    そういう報道を見聞きするのは日常茶飯事、報道で事実は歪められるものだと次第に気づきつつあるけれど、それでも悪意は人の心を確実にむしばむ。
    でも、今の世の中に蔓延する大きな悪意も、そもそもは一個人の中の悪意に端を発するのだ。
    これほどの悪意を、なぜ人は他人に向けることができるのか。
    しばらく悶々と悩んでしまった。

    “いじめられる側としては、あまりの理不尽さに、ただ途方にくれるしかないのだ。”

    人気作家である東野さんには、理不尽に向けられる悪意を身をもって感じたことがあるだろうし、悪意によって人間性、作品が貶められることの無念さがわかりすぎるほどわかるのだろうなぁ。
    でも、こんな理不尽なことがあっていいのだろうか…。
    読むのに精神力が必要。でも本当にすごい作品だった。

  • 加賀恭一郎シリーズの4作目です。

    この「悪意」はこれまでと大きく違います。
    早々に犯人が分かってしまいます。「あれ?」と思うとそこから「動機」に対する執拗な推理が始まり、面白くて一気に読んでしまいました。

    「悪意」と言うタイトルがどう言う意味を持ってくるのかは読んでのお楽しみですが、何となくこの「悪意」が表すよう静かに、暗く、鬱々とした雰囲気が本文中に漂っている感じがします。

     今回でやっと、加賀が教員を辞め警察になった経緯が明らかになります。ここへきてやっと、しかもこの「悪意」で明らかにするとは・・・設定が合い過ぎていて恐ろしい。

     私的には、結末も東野さんの読者に対する「悪意」が感じられ、驚かされました。

    今の所、加賀恭一郎シリーズでコレが一番面白かった!!

  • 刺し違える、と言う言葉をフッと思った。

    いくら殺したいほど憎い人がいても、
    『殺人』のリスクって大きいよなぁ~

    いずれ自分だって、裁かれる。
    時に同じく『死』をもって償わねばならない場合だってある。

    それなのに、何故?
    人は人に『悪意』を持つのだろう?

    自らの命を犠牲にしてまで、
    地獄へ引きずり落としてやりたい!と思う程の『殺意』はどこから沸いてくるのだろう?

    物語では犯人はすぐに捕まった。

    だが、
    犯人はその『動機』を決して語ろうとはせず、
    黙々と、どこまで真実なのか釈然としない手記を書き綴るだけ。

    「私が殺しました。
     事件はそれで解決でしょう?
     ならば、それでいいじゃないですか。」

    捕えたはずの犯人ではあるが、
    何一つ、解決はされていないかの様なジレンマ。

    犯人の手記、関係者の証言、刑事の推理…

    バラバラなピースは細かな水蒸気となって、深い霧の様にますます視界を悪くしていくばかり。

    とにかく晴れた霧の向こう側が見たくて、やみくもに読み進めて、一気に読み終えてしまった。

    読後。。。

    最初から暗示をかけられていた自分に気付きいて愕然。

    東野ワールドおそるべし!

  • すんなり終わると思いきや、予想外の展開で裏切ってくれた。人間の感情は、理由のつかないものがある。明日死ぬとしたら、最期にするのは憎悪か、愛か、その時にならないとその人でないとわからない。

  • 加賀もの。

    すんごい手の込んだ仕掛け。よくぞこんなの思い付くなぁと、いつもながらに感心させられること、しきり…。

    作中では“人物を描く”と表現されていたが、、猫殺しの描写ひとつで、自分もまんまと罠にかかってしまっていた。


    ★3つ、5ポイント半。
    2018.01.20.古。

    しかし……10冊以上読んでおきながらも……やっぱり、東野圭吾の文体や作風は、あんまり好きじゃないなぁ。

    仕掛けは文句なくすごいのだけど、どうしても
    “はじめに仕掛けありき”な感が否めないというか…


    「どう?これ、予想できる?おれ、すごいでしょ?」とドや顔してる作者の顔が、読んでいてどうしてもちらつくというか…。

    だから、主人公はもちろん、登場人物の誰にも感情移入できず、常に一歩引いた感じで読むことになる。

  • 推理ものですが、調べるのは犯行がバレないトリックではなく、隠された動機。
    そもそも捕まってしまった人が自供したらそれが全て動機だって信用してしまいます。
    隠された本当の動機を知るまでの道のりは長く、話が二転三転、なんと最初のネコの話も関係しているではないですか、、、恐ろしい。
    個人的にはこれはとても面白い!

  • 犯人は早々に明確になり、そこからの犯人の動機探しの捜査が始まった。読書を始めて間もない私には今までにない推理小説だった。犯人による手記によって事件の発端の説明や自白がなされた。あとあとになると嘘だらけの供述であることがわかって、トリックのためだと思うとすごいとも思うし、犯人の手記によって警察が丸め込まれそうになったと思うとちょっと笑ってしまった。動機捜査で過去の被害者と加害者の関係性を洗い出して最終的に犯人の本当の殺害理由を突き止めていく過程で相手の逃げ場をなくすように次々と切り札を提示していくところは東野圭吾作品らしいと思ったし、加賀さんはやはりすごいと思った。

  • 犯人が早々に分かったのでどんな展開になるのかと思ったが、物語が二転三転し、話が進むにつれ登場人物の印象が次々と変わっていった。伏線回収も素晴らしく、大変読みやすく面白かった。

  • 殺人事件の犯人である野々口が描く「小説」と、その「小説」を論理的に証明しようとする刑事加賀の推理が語り口調で読みやすかった。

    「小説」は独白する形で会話や状況が書かれているため、犯人の自供の一種として何も疑う事なく読み進めていた。そして推理も「小説」に沿って真実となっていく…かのように思っていた。加賀は野々口を以前から知っていたこともあり、殺害動機を疑問に思い深く捜査していく。すると「小説」はあくまでフィクションである事が分かり、本題の悪意へと最終的に繋がっていく。

    よく悪意ある表現などと使われるが、本人はあまり意識せず信念や根本にある考えから用いられるんだなと気づいた。現代社会の多様な価値観を学ぶ際には、是非気をつけようと思う。

  • 3時間半ほどで読了。読みやすく夢中になれる。面白かった。東野圭吾さんの作品で、タイトルに惹かれて読んでみた。
    基本的に登場人物の記録と言うような形で話が続いていく。半分も行かぬうちに犯人が特定されたときは、あれ?展開はやいな??って思ったけどそこからが本番だった。
    最後まで読んだあとは、えぇ…という普通のミステリーとかでは釈然としないような展開だと感じた。だが、タイトルにもなっている悪意は、わたしも誰かに抱いたことのある感情であるし、きっと殆どの人が抱く感情であり、共感することができるものであった。登場人物への印象が、どんどん変わるのでこちらの心も困惑した。

  • 「悪意」というタイトルがピッタリ。
    憎しみ、嫉妬そんな負の感情なんて捨てればいいのにと思う。
    一見、普通に見える人も心の中ではどす黒い部分を持ってる。

  • 事件の犯人は前半であっさり暴かれ、そこからがこの作品の本番という感じの新しい手法が新鮮だった。
    最低3回は「え!?!?」とドンデン返された。
    登場人物それぞれに抱く印象が作中ゴロゴロ変わり(加賀以外)、彼らに、何より作者にすごく翻弄される。
    東野圭吾はほんとうにエンタメ。(めちゃめちゃ褒めてる)

    結末はとても悲しくてやるせない。
    読後数日して、描かれる「悪意」の仄暗さや理不尽さや恐ろしさをじわじわと感じる、余韻の残る作品。

  • 著者の人気シリーズである加賀恭一郎作品。
    単純な犯人を捜すだけでなく、犯行のきっかけがなんであるのか、犯人の自白が全部本当なのかが作品の肝です。
    犯人、被害者、それぞれ問題あるけど一番ゲスなのは犯人のおじ。全くこの人には関係ないのにお金を取ろうとするなんて、色々言っているけどお金の匂いがすると寄ってくる人っているんだなって感じでした。

  • くそーやられたー!っていう気持ちのいい裏切られ方をする一冊。

  • まさに人間の持つ悪意
    自分にないものを持つ人間への劣等感
    それを見事に表現した一冊
    誰しもがある消したい過去、人に知られたくない過去、まさかまさかの巧みなトリックに時間を忘れ一気に読み終えました。早く次が読みたい気になると言う描き方がやっぱり東野圭吾!と言った感じです。冒頭で犯人がわかります、なぜ冒頭なのか。
    それは犯人特定が目的ではなく、人間の内にある悪意を紐解いていくと言うことに時間をかけてます。

  • トリックの構築は見事。ただ、終わり方には考えさせられる。そこまで人を負のベクトルに向かわせるもののようにはどうしても思えないが、他者を蹴り落とすことで自身の存在価値を高める思考は理解できなくもない...。そうそれは自身が無能の頂に辿り着いてしまったが故の負のエネルギーの発露なのだと...。

  • 前回は作品の真相に驚かされたのを覚えています。今回は加賀恭一郎シリーズの4作品目ということで、加賀さんの刑事としての成長に目が向きました。作品ごとにいい刑事になってきていますね〜感じた違和感をうやむやにしない、真相に突き進んで行く姿が爽快です。

  • ジワジワと、殺人動機を暴いていく…恐るべし 加賀恭一郎!!怒濤の ラストでした。

  • うーーん
    読んだけどさ 
    あまり好きになれないな
    なーんでか、って?
    死に逝く者にとって小さいことだよ、いってることが

  • 多作でありながら、一定の水準を保ち続けているのは、さすがだと思います。この作品も、動機の謎を主眼に置いたという目新しい視点、二重、三重の叙述トリック、すべてをひっくり返す終章のどんでん返し、といろいろな読みどころが用意されています。
    しかし、読み終わって、あまりすっきりしません。一言でいえば、現実感がないんです。要するに「そこまでするか?」ということです。動機の謎を主眼にするという試みは成功しています。こういうミステリーもいい、と思わせます。叙述トリックもきれいに決まっています。ルールの中で最大限の効果を発揮しています。
    しかし、それらがすべて、最後のどんでん返しを決めるために用意されているように思います。すべてをひっくり返して、曲がりなりにも着地できればそれでいい、そんな風に考えて書かれた作品のように思えます。ですから、本来の動機自体に若干無理があっても、どんでん返しのエネルギーでその無理が目立たなくなっているようです。
    伏線の回収も遺漏なくできているし、傷らしい傷は見当たらないのですが、根本のところで納得できず、私はすっきりしませんでした。

全1472件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

悪意 (講談社文庫)のその他の作品

悪意 (講談社ノベルス) 新書 悪意 (講談社ノベルス) 東野圭吾
悪意 単行本 悪意 東野圭吾

東野圭吾の作品

悪意 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

悪意 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする