風花 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.12
  • (3)
  • (9)
  • (21)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 76
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062730181

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020.6.11
    見たくないのに見てしまう、どうしようもない切なさがよかった。
    子供の為にも2人で全力で責任持って幸せになってほしい。

  •  先日観た映画版『風花』がよかったので、原作を読んでみた。

     話の骨子だけが映画と同じで、あとはまったく別物。とくに、主人公2人のダイアローグについては、原作のセリフはまったくといってよいほど映画に使われていない。

     それもそのはずで、この原作のセリフはいちいちクサイったらない。紋切り型の見本市みたいなありさまである。たとえば――。
     
    《「どこで間違ったんだろうな」廉司は天井を見上げてつぶやいた。「末は博士か大臣か、とまでは言わないけど、それなりの人間になるはずだったんだけどね」》

    《「子はかすがいっていうから、子どもがいれば、離婚しなかったかもしれないな」》

    《「お互い人生の転機ってやつですな」》

     こういう手垢にまみれた言葉が全編てんこもりなのである。
     展開もダラダラしていてテンポが悪い。もっと刈り込んで短編にしてもよいくらい。

     いい場面もあるので、駄作とまでは言わない。とくによいのは、主人公2人が出会って北海道に旅立つまでの序盤と、余韻を残したラストシーン。
     困ったことに、肝心の旅の中味部分(全編の8割くらいを占める)がいちばん退屈。

     映画のほうがはるかによい。

  • 以外にも評価が良くないけれど、私は好きな一冊。

  • 多分読むのは3回目です。とても好きな本なので正当な評価かどうかは分かりません。でも好き。


    廉司は外資系の会社で働いている。
    同期は情け容赦無く首が切られ、とうとう自分の番が来た。
    送別会で自棄になり痛飲。記憶を無くした。

    翌日、知らない部屋で目が覚めると見覚えのない女が隣に寝ている。
    脱色を繰り返した赤茶けた髪。衰えた肌。目尻のしわ。薄い体。
    自分よりも年上の様だがどれもこれも見覚えが無い。

    戸惑っていると、彼女は自分と何度も会った事が有ると言う。

    彼は気が付く。彼女は廉司が数か月に1回欲望を吐き出すために通ったピンクサロン「ジューシーフルーツ」のレモンだったのだ。

    彼は泥酔し店に行き彼女の前で潰れてしまったのだ。
    しかも彼女を北海道へ連れて行くと約束までしてしまったという。
    廉司は乗り気ではなかったが、卑怯者になりたくないが為に北海道に共に旅立った。

    北海道は広く美しかった。
    襟裳岬で終わるはずの旅だったが、別れたくない2人は旅を続ける事にした。
    ギクシャクした旅路の中時間を過ごす内、失業により傷ついた廉司の心にレモンの優しさが染み込み癒されていく。
    そしてレモンは今まで誰にも語らなかった過去を廉司に語り始めたのであった・・・。


    この話とってもとっても好きで。時折取出して読むのですがその度に胸に温かい滴を落としているような気持になります。

    レモンがとても献身的で可愛らしく、彼女は学は無いのですが、子供の頃から読書だけが楽しみで、とても色々な事を知っています。
    しかし寒々しい過去の為、自信が失われていて、やせっぽっちで体も衰え始めていて・・・。

    それなりの大学を出ているのに何も関心を持たずだらだらと生きてきた廉司は、彼女と過ごすことによって自分を取り戻して行きます。

    全く違った生き方をしてきた2人は深くお互いを必要としていくのでありました。

  • 北海道を舞台にした、生きることと愛することを思い出す男女の物語。 会社をクビになった男と、風俗嬢が北海道を旅していく。作者が住んでいるという北海道を舞台にしているだけあって、その風の音、空気の温度、匂い、全てが丁寧にリアルに描かれている。雪に閉ざされる土地であり、そして地平線が見える広大な大地であり、太陽が昇る海も沈む海もあるのは、日本では北海道だけだ。陰鬱な前半と、過去を消化し未来に向かう後半のコントラストが美しい。大人の男女の良質なラブストーリーであり、ロードムービー。

  • 再読のはずなのに全く覚えていなかった…。
    そしてどうも肌に合わないみたいです。
    主人公の廉司に全く魅力を感じないからかなあ。

    映画は評判良かった記憶があるけど、観る機会はなさそう。

  • ロードノベルが好きなので、手に取った一冊。
    舞台は北海道。
    設定的にはドストライクなんだけど、暗すぎる。
    いや、暗いのも嫌いじゃないけど、こういう湿度を含んだような暗さは苦手だ。
    今ひとつ、登場人物に感情移入できないまま終わってしまった。

  • 北海道などを舞台とした作品です。

  • 借本。
    著者の本はこれが初めて。
    映画をみるのが面倒で読んでみた。
    ちょっといい感じの再生の一冊。

  • 風花とは、晴れている日に雪が風に舞うようにちらちらと降ること。 リストラされたサラリーマンと風俗嬢の、タイトル通りさびしくも綺麗な、恋の物語。 丁寧に情景や心象描写がされているが、主人公の一挙一動を細かく書きすぎて、少ししつこく感じてしまった。 行間を読ませないというか、読者の想像の余地を奪われる感じがして、バランスを欠いてるように思った。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年、北海道生まれ。日本大学法学部卒業後、PR会社勤務を経て、91年に『ナイト・ダンサー』(講談社文庫)で第37回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。『マルス・ブルー』(講談社文庫)など、航空サスペンスで一世を風靡したほか、映画化された『風花』(講談社文庫)、『輓馬』(文春文庫)などの作品で新境地を拓いた。その他の近刊に、『謀略航路』(講談社)、『刑事小町 浅草捜査機動隊』(実業之日本社文庫)、『中継刑事〈捜査五係申し送りファイル〉』(講談社文庫)などがある。

「2019年 『悪玉 熱海警官殺し』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳴海章の作品

ツイートする