熾天使の夏 (講談社文庫)

著者 : 笠井潔
  • 講談社 (2000年12月発売)
3.17
  • (2)
  • (3)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
  • 49人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062730334

熾天使の夏 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 単身赴任の功罪で、ひとりでいる時間が増えたため、内省的に自分を見つめ直せるようになった。内省的に考えるとは、自分がなんの投影なのか、つまり陰を生じさせる光源を探る営為だ。僕にとっての重要な光源は間違いなくハイデガーに代表される「実存主義的」な思考だった。異論はあろうかと思うが、「実存主義的」とは二律背反を極端に追及した方法論である。『マクベス』において三人の魔女が口走る「きれいはきたない、きたないはきれい」という呪文が端的に示すように、あらゆる事象が極端に肯定/否定される振幅の激しい考え方だ。苛烈に行動することでしか「生きている」実感を得られない、ある種の中毒状態であり、それを主人公の矢吹駆は「革命家の本質」と定義するが、はたしてそうだろうか? 言及していることは観念的でもっともらしいが、発作的に暴力を振るったり、爆弾テロで「プチブル」たちをブッ飛ばすという暴挙に飛びついたり、カジノで全財産を賭けたりするような行為は、癇癪を起こした子どもと変わらないのではないか? 世の中をガラリと変革することなんて幻想にすぎない。現実を抱きしめることでしか、僕らは今日一日を生きたと実感し、一歩前に進めないのだ。

  • 笠井は暴力すぎる。テロル。

  • 09/08/24読了。

  • 駆の過去が見れる番外編です。これに出てきたニコライという神父はニコライ・イリイチだったのか気になります。

  • 矢吹シリーズ番外編(たぶん)。暴力的で怖い。これが彼の原点かと思うと辛いかなあ…

  • 共感できず

  • 笠井潔さんの「熾天使の夏」
    すごく主人公のどろどろした感情というか押し殺した感情がある。

全8件中 1 - 8件を表示

熾天使の夏 (講談社文庫)のその他の作品

笠井潔の作品

熾天使の夏 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする