アメリカの夜 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (52)
  • (68)
  • (153)
  • (22)
  • (4)
本棚登録 : 716
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062730570

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めて阿部和重作品を読んだ。ある男性(唯生)についての話。語り口調。一文が長くて改行が少なく、前の文章に引きづられて話がよく脱線するため、慣れるまでは少し読みにくい。話が進むにつれて、唯生の言動、挙動がどんどん面白くなっていく。後半は何度も笑った。

  • 84点。特別な存在でありたいと願う主人公は、ひたすらに体を鍛え、思索にふける。主人公と語り手は同一人物なんだけど分裂し、ひたすらに自己言及しまくる。タイトルはトリュフォーの映画そのままだが、主人公が至るところはこの映画、もっといえばヨーロッパ映画的な主題に通低するもの。現実の虚構化、日常の演劇化、みたいな。

    映画や小説を「泣けたわ」「笑えたわ」とシンプルな感想を吐くだけの一娯楽として、あるいはコミュニケーションのネタとして消費する昨今の潮流に逆らい、批判的精神を常にもちメッセージを見い出すべき、みたいな一昔前の教養主義的なお寒い考えで映画鑑賞や読書にひねもす明け暮れながらも、目的があるわけでもないので、当然仕事なぞするわけもなく、のんべんだらりとした生活を送っているか、そうありたいと心から思っているタイプには強く共感できる内容。
    なんと気恥ずかしくもピュアな青春小説だと思うに違いない。

  • 読み終わってしばらく酔っ払っているかのような、一発キメテいるかのような浮遊感。
    パンチの効いた一冊。

  • 阿部和重の最初の小説であり、群像新人賞を受賞した作品です。中二病の主人公の滑稽な振る舞いを、主観と客観を織り交ぜたような独特の文体で描く小説です。

    巻末の批評家・佐々木敦氏による解説には"映画をつくることの困難と、小説を、ことばを書くことの困難と、この世に生きて在ることの困難とが、少しずつブレながらも三重映しになっているような(P.193)"とあります。わたしは映画にはあまり関心がないので、冒頭から映画オタク的なうっとうしさを感じ、最初は抵抗を感じながら読んでいました。

    しかし、佐々木氏の解説にある残り2つのテーマ、すなわち"小説を、ことばを書くことの困難と、この世に生きて在ることの困難"に焦点を当てながら読み進めるうちに、理解が進んでいきました。

    そもそも、この自意識過剰な主人公はわたしのメンタルに非常に近いものをもっています。そのため親近感を抱かないではいられない。そして特有のテンポをもつ文章が繰り出される中で、その小気味よさにどんどんハマっていきました。以下に「阿部和重節」が全開の、本書で一番好きな文章を引用させて頂きます。

    (P.142~)"喜代三の話をとりあえず信用してみると、武藤という男は、雪ちゃんにたいして劣等感を抱く程度には鈍感ではないらしく、だがそんな心情を喜代三に悟られてしまうほど彼の言動は余裕を欠いているようであり、そうだとすれば相手の雪ちゃんもいくらかは武藤の心理を見抜いているかもしれず、したがって、「和気あいあい」とした平和な撮影現場に見えるが水面下ではみな「バカにしあってる」という喜代三の判断はいちおう妥当であるとも考えられ、そのような場合、つまり映画の撮影という集団作業においてスタッフ間の信頼関係が良好でない場合、それはたいてい撮影進行の妨げとなり、それぞれの創作意欲もしだいに下降してゆくであろうから、現在、武藤の映画撮影はうまくいってない、もしくは今後、うまくゆかなくなるだろう、というように唯生は推理してみたわけだ"

    ある種とっつきにくい作品(あるいは文体)かもしれませんが、デビュー作ゆえのドロッとした才気が横溢している、というふうに捉えて読み進めると、思わぬ楽しさが見つかるかもしれません。傑作です

  • 特別でありたいと願えば願うほど、「『きちがいになりたい』ひと」「シネフィル」という『型』にはまってしまう若者がジレンマともがく姿を、小説という枠を何処までも自由に使ってあらわした作品。唐突に思想談義があったり、あらすじはあってないようなものだし、主人公は著者と話し始めるし、シリアスシーンも左右白黒に塗り分けた主人公のせいで台無しだし笑、すべてがめちゃくちゃ。しかし、その滅茶苦茶が著者の言いたい話の流れに従って並べられているから、読むうちにこころが引っ張られていってしまう。青さ、だけでは片づけられない一冊。

  • 初めは読みにくかったが、面白く読めた。

  • 青春

  • 淡々とした語り口で厨二とも言えるカオスな精神世界が表現されてて、でも実際何が起こってるのかというと特にこれといったことは起こってない。それでも読んでる人間の脳内をぐるぐるさせる位の色々な何かが確実に存在してるのです。ってな感じに文章が巡り巡って結局一文の到着点がとこか分からない様な文字群が嫌いな人は読みにくいであろう本。

  • 最後は結局そうなるのか、とただただ面白く読めました。

    最初文に入りこむまでは抵抗があったけど、読んでしまえばあっという間でした。全体的に若さを前面に押したような文章だった。かな

  • 新しく作家の本を読み始める時、ぜったいにデビュー作から見るようにしてます。
    大概、その作家のスタイル、書きたいものが見えるから。。

    それで、そのあと気に入れば読み漁るわけだけど、ま、失敗も多いよね。。
    俺の恩師が「文学とは本の時代を読むこと」って言ってたけど
    まさしくそうだね。。

    この作品はその意味ですごく良かったです。。
    これから阿部和重がどうなっていくのかが楽しみ楽しみ★

著者プロフィール

1968年生まれ。『アメリカの夜』で第37回群像新人賞を受賞し作家デビュー。’99年『無情の世界』で第21回野間文芸新人賞、2004年に『シンセミア』で第15回伊藤整文学賞・第58回毎日出版文化賞、’05年『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞、’10年本作で第46回谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。他の著書『クエーサーと13番目の柱』『IP/NN 阿部和重傑作集』『ミステリアスセッティング』ABC 阿部和重初期作品集』対談集『和子の部屋』他多数。

「2013年 『ピストルズ 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アメリカの夜 (講談社文庫)のその他の作品

アメリカの夜 Kindle版 アメリカの夜 阿部和重
アメリカの夜 単行本 アメリカの夜 阿部和重

阿部和重の作品

ツイートする