斃れし者に水を (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.19
  • (3)
  • (4)
  • (15)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 54
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062731850

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公の女性が不倫中の男性を守るために彼が犯した罪の真相解明に突き進むという物語。
    渡辺氏らしくなく展開が都合よすぎたので、あまり作品に入り込むことができなかった。

  • 面白い!なのにあまり有名じゃない(?)のが不思議だ。
    この作者の他の作品も読んでみたい。

  • 高級住宅地の自治会長の殺人事件から元OLの真澄の生活は変わっていく。真相を探っていくうちに見えてきた不倫相手の織田の姿。ミステリであり、不倫物語でもある。

  • 渡辺容子公式サイト - Rose is a rose
    http://www.watanabe-yoko.com/

  • 意外によかった。

  • 割と厚めの文庫ですが、一気に読めました。
    次々に出てくる推理が面白い。
    主人公は既婚者を恋人に持ち、その恋人を殺人者ではないかと疑い、でも自分は必ず彼を守る、と思っている女性。
    私自身は不倫に対して可も無く不可も無く、既婚者との恋愛経験も有りませんが、
    この結末はやっぱりちょっとかなしいな…。

  • 2002/5/16〜読み始めました。
    〜2002/5/26読み終わりました。

    コレ結構面白かったです。
    途中でまわりくどい犯人暴きよねぇぇ・・・・なんて思ってたけど
    でもするするいけたっす。

    休みの日まで読んでしまったわん。(^_^;

  • 帯に書いてある通り、緻密な取材のようだ。糖尿病や付添婦の知らないこともわかり興味深い。

全9件中 1 - 9件を表示

斃れし者に水を (講談社文庫)のその他の作品

斃れし者に水を 単行本 斃れし者に水を 渡辺容子

渡辺容子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする