地底獣国(ロスト・ワールド)の殺人 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (412ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062731911

作品紹介・あらすじ

一九三〇年代。創世記の伝説を探るためアララト山を目指した「ノアの方舟探検隊」の飛行船。奇人学者や美人秘書、新聞記者ら一行を待ち受けていたのは絶滅したはずの恐竜と謎の部族、そしてスパイに連続殺人。冒険に満ちた古の怪異を、博覧強記の俊英が精緻な論理で解き明かす奇想天外な傑作本格ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「森江春策」シリーズです。
    全体的なノリは、ミステリというよりも冒険ものです。
    恐竜は出てくるし、殺人事件は起きるし無茶苦茶です。

    ある老人から話を聞きますが、森江さんのおじいさんが関わっています。
    感想メモを残していないので内容はあまり覚えていませんが、森江さんのおじいさんが犯人でなくて良かったです。

  • ミステリーなのか?まずそのことが気になるが、そんなことは置いといて、面白い……。と言えないところが残念だ。

    荒唐無稽なのは仕方がないが、どうしてもストーリーにのめり込むことができない。

    言ってしまうと嘘くささとバカバカしさが先に立ってしまう。ただ、それでも破たんしているとまで言えないのは作者の実力か。

    それほどつまらないわけではないが、優先的に読みたいとまでは言えない一冊だ。

  • 森江春策シリーズ。

    今回は、ある事件を調べていた森江春策の元に一人の老人が声をかける。

    どうやら、彼の調べていた事件と彼の祖父をしっているようです。


    彼の祖父の話を聞いていると、恐竜などが生きていたロストワールドの世界に迷い込んだという話を聞くことに。

    生と死に怯えている中、仲間たちはどんどん命を落とす。

    中には、明らかに殺人と思われるものもあって…

    老人は一体何者なのか?そして森江春策は、老人の挑戦を受けて無事犯人を解き明かすことができるのか?



    最終的に、話がおとぎ話を読んだらいいのか、犯人捜しをしたらいいのかがよく分からなくて、混乱気味に話を読み進めていました。

    最終的に老人の招待も分かったし、森江春策の祖父と一連の殺人犯のつながり。
    まさか、説明時に人の入れ替わりが行われていたとは、全く気付かなかったです。

  • 森江春策シリーズ

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1958年大阪市生まれ。同志社大学卒業。読売新聞記者を経て、『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞。主に本格ミステリーを執筆しつつ、ジュヴナイルやアンソロジー編纂・編訳も手掛ける。

「2018年 『名探偵シャーロック・ホームズ 全5巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

地底獣国(ロスト・ワールド)の殺人 (講談社文庫)のその他の作品

芦辺拓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
法月 綸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする