文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (723)
  • (750)
  • (1361)
  • (56)
  • (7)
本棚登録 : 6021
レビュー : 535
  • Amazon.co.jp ・本 (1376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062732475

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読につき

  • 禅に詳しいわけではないが、仏教には興味があったので、その歴史を読むのが楽しかった。
    話としても一番わかりやすく、すっきりとした感がある。
    また『姑獲鳥の夏』の菅野さんが出てきて、びっくりしたが、彼もまた一つの区切りをむかえて、久遠寺さんや関くんも、少し憑きものが落ちたのではあるまいか。

  • 一連の作品の中で、一番好きな作品です。時々、読み返しています。

  • 山下が数発殴ってやりたいくらいムカつくと思っていたのにあの変わりよう。頑張った、褒めてつかわす。

    箱根の宿の庭に突然現れた座禅した禅僧の遺体。京極堂も知らぬという歴史に埋れた謎の寺院。山中に現れる謎の振袖の童女。

    シリーズ第四弾です。まさか2日で読了するとは。駆け抜けて目眩がする。

    今回の舞台は箱根山中。
    開始100頁で死体登場なのにそこから500頁も過ぎて第二の事件が起きたり、早々に神(探偵)やら憑き物落としが仕事したと思いきや謎は全く解けなかったり、そのくせ要所要所に振袖童女がチラ見えという、余りに長い道のり。それを飽きさせないのは事件に周到に絡んだ禅という独特の宗教観の解説の面白みと、登場人物のいきいきとした言動にあるのでしょう。

    キーワードは檻と脳。内にいるのか外にいるのか、はたまた外にいると思い込んでいるだけなのか。予想外の、また悲しい結末だったのに読後スッキリするのは不思議な感じです。

  • 禅宗について色々知れたのが思わぬ収穫

  • 百鬼夜行シリーズは、すごく好きなのだけど分厚いので如何せん読むのに気合いがいる。。

    3連休+読書欲が高まっている!ということでこの勢いで読破しようと3度挫折した鉄鼠の檻を読むことに。

    京極堂と、その妹敦子それぞれの元へ届いた依頼。かたや持ち主、出自不明の蔵の検分。かたや「悟り」の境地を脳波から計測しようという研究取材。箱根の奥地へと赴くいつもの(?)メンバーであるがそこで殺人事件が発生し。。

    京極堂が言うように、いつもより「憑き物」落とし感は控えめであった。

    それはそれとして、面白かったのは禅について。掴めたような、掴めないような。なかなか理解が難しい(禅でいうならば理解しようとすること自体誤りなのかもしれないけど)もう一度読みたい。

  • シリーズ4

  • 坊主祭り。
    仏教や禅の薀蓄がおもしろい。

  • いろいろ言われていますが 
    私は好きです この本
    京極堂シリーズで一番好きかも
    まあ ちょっと難しい話もあるけど
    だいぶ昔読んだので 近々もう一度読もうと

  • 京極堂シリーズで一番好きな話です、が!テーマは「禅」で、相変わらず難しくて理解出来ないことも多々ありました。でも、読みだしたら何故か止まりません!読み終えた感たっぷりな1冊です。

全535件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする