世界一周ビンボー大旅行 (講談社文庫)

  • 講談社
3.21
  • (3)
  • (0)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062733380

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 目的地は?それはニッポン!!大阪を旅立ってひたすら西へ、西へ。上海、北京、ウランバートルを経て酷寒のシベリアをひた走り、ベルリン、アメリカヘ。列車とバス、船を乗り継ぎ地を這うような旅は続いた。旅本世界の金字塔『12万円で世界を歩く』の名コンビが、再び激動の地球を回る。
    『世界一周ビンボー旅行 ふたたび』改題(裏表紙)

    下川さん四冊目。
    ですが、本としては発行年が一番古いものとなります。
    だからというか、下川さんもお若く、所どころ下ネタが…。
    苦手なので、少し残念。
    また、タイトルの「ビンボー」があまり利いていないように思いました。行程を読めば納得はできるのですが、テレビのドキュメンタリーでは、やはり、ねぇ。

  • ビンボー旅行再び、といっても、不勉強ながら前作は読んでいませんが、妻子ある大人になってからのビンボー旅行ってのも、味わいあって良さげな気がします…自分もしてみたいもんだ〜

  • 貧乏旅行で世界一周。こんな旅をしてみたい!早く定年退職したらそうだなあ2年くらいかけたいよね。そのためには健康を維持しないとなあ

  • 08/7/23 ★★★
    こういう旅もありだとは思うけど、絶対辛いからやりたくは無い

  • 週刊朝日の「12万円で世界を歩く」の新年企画で世界一周の旅に出たのは1988年。 それから9年後の1997年、再び同じルートで世界一周の旅に出る。 大阪から上海へ船で渡り、北京からドイツ、ベルリンまでは列車に揺られ、 ニューヨークからロサンゼルスまではえんえんとバスに座りっぱなしで、世界一周28日。 極力、飛行機を使わず、地を這うような旅。過酷すぎます。。。 1988年の旅から世界は色々変わりました。 天安門事件や ベルリンの壁の崩壊。 前回の旅と比較して楽しめます。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1954年長野県生まれ。新聞社勤務を経て『12万円で世界を歩く』(朝日新聞社)にてデビュー。アジアを中心とした海外紀行の著書多数。

「2019年 『10万円でシルクロード10日間』 で使われていた紹介文から引用しています。」

下川裕治の作品

ツイートする
×