十津川警部 みちのくで苦悩する (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062733861

作品紹介・あらすじ

山形市内でホステスが殺害された。容疑者は山形県警の警部。だが彼は、若い女性に薬物を嗅がされて気を失っていたと無実を主張。しかも、それは十津川警部に電話で呼び出され、山形駅へ向かう途中だったと言うのだ。不可解な電話の真相とは?表題作ほか全四編のトラベル推理集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/9/25 67

  • 十津川警部 みちのくで苦悩する
    北への殺人ルート
    甦る過去
    冬の殺人
    の4つの短編が入っている。

    どれも,小気味の良い展開で,十津川警部の人気を伺い知ることができる。

    話の展開の中には,他の作品との類似点を感じたり,
    あれ,これ読んだ事あったっけとい既視感(デジャブ)を感じることもある。

    西村京太郎の作品は200冊程度は読んで来たので,
    本当に読んだことがあって,半分くらい気が付かないこともあるので,
    自分の記憶がいいかげんであることは確かだ。

全2件中 1 - 2件を表示

十津川警部 みちのくで苦悩する (講談社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする