淋しがり (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.13
  • (0)
  • (3)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062733885

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • *捨てられることを恐れ、短期間に次々と男を渡り歩く玉紀。友人の夫への想いを10年来断ち切れずにいる比呂子。年下の男たちに囲まれ、その1人1人と関係を持ちながらも心は満たされない要子。どんなに強がっても、嘘や秘密を重ねても、女の心の奥底には淋しさが潜んでいる。7つの愛の深層を描く短編小説集*

    「寂しい」ではなく「淋しい」が絶妙。ひと昔前の情景と女性たちの心情が、儚くて虚ろでほろ苦い。秋の夜長にゆっくり読みたい一冊。

  • 一人でバーに繰り出したくなる(笑)

    結局私も淋しがり?

    「感謝祭」と「冷たい手」が好きかな

  • なんだかなぁ~と言った感じのけだるい系。

  • 淋しい時には、もっと淋しくなるようなことをしてきたな。

  • ちょうど精神的に参っていてすっごい人恋しかったときにタイトルに惹かれて買った作品。
    皆持っている寂しさを飼いならしていくか突き放してみるか、正面から見据えるかひたすら目を瞑るか。それぞれの女性に自分の姿がちょっとずつ見える気がします。
    最初と最後の一遍が希望で終わるのが作者の優しさかな、と思ったり。

全5件中 1 - 5件を表示

淋しがり (講談社文庫)のその他の作品

淋しがり (幻冬舎文庫) 文庫 淋しがり (幻冬舎文庫) 藤堂志津子
淋しがり Kindle版 淋しがり 藤堂志津子
淋しがり 単行本 淋しがり 藤堂志津子

藤堂志津子の作品

ツイートする