宙返り 下 講談社文庫 お 2-10

著者 :
  • 講談社
3.12
  • (1)
  • (5)
  • (17)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 45
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (568ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062734660

作品紹介・あらすじ

心傷ついた女、障害を持つ男、信心篤い無垢な者…師匠達は四国の森に根拠地を作る。だが棄教で一度芽生えた不信感は拭い去れず、グループ間の対立も燻り続ける。やがて悲劇の予感と共に教団再建の大集会が始まり、師匠は「新しい人」に全てを託す。再生と救いを追究し、"魂のこと"を求め続けた大江文学の集大成。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魅力あるストーリーなのか、内容に感動、共感を覚えることはできたのか・・・文庫2冊で1000ページの長編を一気に読ませ、ページをめくる手を休ませないだけの力はあったのか、残念ながら、まったくおもろない作品であった。これが素直なわたしの感想である。ノーベル文学賞の大江健三郎って何、分からないので次の作品に挑戦しよう

  • これはひどい 少なくとも小説としてエンターテイメントとして提供できる代物ではないと思う。例えば読書家でない人がこれを読んだら、理解できない自分を責めると思う。それだけ知的な人を選んでますよ的 それでいて内容は面白くない。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

大江 健三郎(おおえ けんざぶろう)
1935年、愛媛県喜多郡内子町(旧大瀬村)生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒業。大学在学中の1957年に「奇妙な仕事」で東大五月祭賞を、同じく在学中1958年当時最年少の23歳で「飼育」にて芥川賞を受賞。1964年『個人的な体験』で新潮文学賞、1967年『万延元年のフットボール』で谷崎賞、1973年『洪水はわが魂におよび』で野間文芸賞、1983年『「雨の木」(レイン・ツリー)を聴く女たち』で読売文学賞、『新しい人よ眼ざめよ』で大佛賞、1984年「河馬に噛まれる」で川端賞、1990年『人生の親戚』で伊藤整文学賞をそれぞれ受賞。そして1994年には、「詩的な力によって想像的な世界を創りだした。そこでは人生と神話が渾然一体となり、現代の人間の窮状を描いて読者の心をかき乱すような情景が形作られている」という理由でノーベル文学賞を受賞した。
2018年7月から『大江健三郎全小説』全15巻の刊行が始まる。

宙返り 下 講談社文庫 お 2-10のその他の作品

宙返り(下) 単行本 宙返り(下) 大江健三郎
宙返り(下) (講談社文庫) Kindle版 宙返り(下) (講談社文庫) 大江健三郎

大江健三郎の作品

ツイートする