黒猫の三角 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (324)
  • (640)
  • (1100)
  • (77)
  • (15)
本棚登録 : 5999
感想 : 525
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062734806

作品紹介・あらすじ

一年に一度決まったルールの元で起こる殺人。今年のターゲットなのか、六月六日、四十四歳になる小田原静江に脅迫めいた手紙が届いた。探偵・保呂草は依頼を受け「阿漕荘」に住む面々と桜鳴六画邸を監視するが、衆人環視の密室で静江は殺されてしまう。森博嗣の新境地を拓くVシリーズ第一作、待望の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっとS&Mシリーズを読了し、Vシリーズにたどり着きました。

    Vシリーズの初巻ということで、変な先入観を持ちたくなかったので、まったくのノーガード戦法で読んでみました。
    だからVシリーズの「V」がなんのVなのかも知らなかった(笑)。

    いや、森博嗣節がさく裂で楽しめました。おもしろかったな~。
    S&Mシリーズよりも軽い謎解きのミステリーかな。
    S&Mシリーズは、
      「人間とはなんぞや?意識とはなにか?」
    みたいな深淵な深みにはいっていくからね。

    Vシリーズはキャラクターがみんな魅力的。
    特に主人公の紅子(元華族で、子持ちのバツイチだけど若くて超絶美人w)が素敵すぎる。

    途中の
     天才VS天才
    の戦いは手に汗握るわ。最高でした。

  • S &Mシリーズを読み終えたのでVシリーズに突入。
    前シリーズにも増して濃いキャラが揃っていて面白かった。
    次作も楽しみ。

  • S&Mシリーズとはまたちょっと毛色の違ったお話だった。
    こちらは主要人物が4人?
    ごちゃごちゃしている印象があり、前シリーズ程のまとまり感とかがないように感じる。
    単に主要人物が多いのに慣れてないだけなのかも…

    個性的すぎるキャラクターが多く登場して、個々人にも謎が多い。
    今後はさらに掘り下げていくのかな?
    むしろ今作が序章みたいなものなのかな?
    事件と言うよりキャラクターに圧倒されたお話だった。
    今後も彼らがどう動いていくのか気になる。

  • これまでいわゆる「S&Mシリーズ」、つまり森氏のいわば代表作しか読んだことがなかったが、このたび、かなり久々に、しかもS&Mシリーズではない作品を読んだ。まるで「めぞん一刻」を想起させるような、古そうなアパートとその大家でもある豪邸に住む人たちの間に起きる事件についての物語である。
    S&Mシリーズの主人公たちは「品行方正な変人」だったが、こちら(Vシリーズというらしい)の主人公は、直截な胡散臭さを備えている。
    紹介文に「一年に一度決まったルールの元で起こる殺人」とあるが、そこには森氏らしい数字遊びが盛り込まれている。といっても、難しい数理や公式などが出てくるわけではないので、(私のような)文系人間でも抵抗なく読むことができる。むしろそうした数字遊び的な要素は、事件の本質を撹乱する要素でもあるかもしれない。
    S&Mシリーズとの対比ということになるが、本シリーズはより登場人物が(主人公のみならず)個性的で、繰り広げられる会話も軽妙洒脱である。このシリーズの一作目ゆえ、おそらく、今後このシリーズにレギュラーメンバーとして登場するであろう人物の紹介も書かれている。ともあれ、軽妙でテンポよく進む物語の中に、巧みにプロットを忍ばせる森氏のテクニックにはまたも舌を巻いた。
    凝ったトリックを好む向きには、敬遠される要素もあるかもしれない。幸い、私はミステリー小説を読むときも、血眼になって犯人探しや動機解明をしたりしないタイプである。何気なく読み進め、漠然とした憶測は持つけれど、それが裏切られることに心地よさを覚える。本作はそうしたタイプの読者には、抵抗感はないだろう。
    胡散臭い個性あふれる登場人物たちを忘れないうちに、次作も読んでみようと思う。

  • Gシリーズの前に読むべきと気付き、今さらですが読みはじめました。個性的なキャラクタたちがこれからどう活躍していくか楽しみです。ベタですが紅子が好きです。

  • 相変わらずの心地よい森博嗣節だった。
    「人を殺すことってなんでいけない事なの?」
    「どんな理由があったらいいの?」
    純粋な世界への疑問が突き刺さってきた一作だった。

    このミステリはトリックであるhowを楽しむのではなく、whyとwhoを楽しむミステリだと思う。
    (もちろんトリックもしっかりしている)

    プロローグからすでに伏線は始まっている。
    これからのシリーズが楽しみになった。

  • S&Mシリーズを読み終えてかなり時間が経ちましたが、ようやくVシリーズ1作目。
    綺麗に騙されました…こんなのわかる人いるのか…?動機とかトリックよりも、登場人物のキャラや会話や理系蘊蓄が楽しいミステリー♪

  • この前やっとS&Mシリーズを読み終えてしばらく余韻に浸っていたのですが遂にVシリーズに手を出しました。
    前回とはまた違う展開と1冊目とは思えない情報量にまだちょっと頭がクラクラしてる感じです……いい意味で期待を裏切られたというか。

    まず阿漕荘という名前が凄い。
    更にそこに住んでいる人のクセがまぁ凄い。全員の名前を覚える為に何度も登場人物のページを確認してたくらいにはクセが強い。
    前半はページを捲りながら「何だか某作家の某シリーズを読んでいる気分だな」なんて思っていたくらい。

    登場人物のクセは強かったけどお話自体は割とシンプルでしたね。
    今までは一度も犯人に気づくことはなかったんですけど、今回は気づけましたーやったー!
    流石に最後のあのどんでん返しまでは見抜けなかったけど。
    あの犯人の異常なまでの執着が少しS&Mシリーズを思い出しました。

    個人的に一番驚いたのは黒猫のデルタですかね……文系なのでそんな言葉は知らない……知らないんだ……。
    ひょっとしてあれって常識だったりするのですか???

    まだまだシリーズは始まったばかりなので登場人物達の人間関係にも注目しながら読み進めようかなぁと思います。

  • 再読。

    一回読んでなんとなく覚えていたはずなのに、すっかり騙されて物凄く楽しめてしまいました。
    ホント、ルール違反スレスレだよね?

  • 後半の急展開に目が離せず一気読み。ここんとこ忙しくて全然読めてなかったんですが、急展開始まりが土曜に当たって助かった笑 シリーズ最初の作品で瀬在丸紅子の存在感が犀川・西之園に並びました。話の展開(運び?)も独創的で面白かった。次作が楽しみです!

全525件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

工学博士。1996年『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー。怜悧で知的な作風で人気を博する。「S&Mシリーズ」「Vシリーズ」(ともに講談社文庫)などのミステリィのほか「Wシリーズ」(講談社タイガ)や『スカイ・クロラ』(中公文庫)などのSF作品、エッセィ、新書も多数刊行。

「2023年 『馬鹿と嘘の弓 Fool Lie Bow』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森博嗣の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×