黒猫の三角 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (281)
  • (538)
  • (1012)
  • (66)
  • (12)
本棚登録 : 4587
レビュー : 456
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062734806

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々の森博嗣作品。登場人物の理屈臭く理解困難な言い回しが個人的には好き。この先生の作品を読むのにはやっぱり注意力がいるんだなぁと。雰囲気を味わう小説とはまた違う面白さがある。(もちろん、この小説にも雰囲気はある。)

  • 【あらすじ】
    1年に一度決まったルールの元で起こる殺人。今年のターゲットなのか、6月6日、44歳になる小田原静子に脅迫めいた手紙が届いた。探偵・保呂草は依頼を受け「阿漕荘」に住む面々と桜鳴六画邸(おうめいろっかくてい)を監視するが、衆人環視の密室で静子は殺されてしまう。森博嗣の新境地を拓くVシリーズ第1作、待望の文庫化。
    【感想】
    最初はS&Mシリーズが面白かった名残りがあり、このシリーズはどうなんだろうと疑り深い気持ちで読み進めていたけれど、そのうち、驚かされることが幾つも出てきて、物語にどんどん惹き込まれていった。登場人物かなり個性的で、それがまた物語をおもしろくより興味深いものにさせていると思った。第一弾に持ってくるトリックにしては、大胆すぎるのではないかとおもうほどすごい結末で、わたしは最後の最後までそれがそうと全く気が付かなかった。でも、そこまで読者を引き込み、攪乱させることができる森博嗣は、やっぱりすごいなあと思った。

  • 2017年2冊目。
    読み始める前の登場人物紹介ページでもしや?と思って調べたら、2年前に檀れい主演でドラマ化されてた作品の原作だったことに気付いた。
    なかなか面白かったので、ストーリーもほんのり覚えていたから何とかついていけたけど、コレ、まっさらな状態から読んだらきっとあたしにはサッパリ理解出来なかったと思う。
    間違いなくあたし自身の思考が完全にそのようになってしまっているからだろう。
    Vシリーズの1作目ということで続きの作品も読んでみたいけれど、理解できるか自身がないので、時が来たら挑戦してみたい。

  • 計算された、無駄のない登場人物とストーリ。その流れに身をまかせる贅沢を教えてくれるのがこの作者だ。

  • Fシリーズの方が好みだった。
    動機はどうでもいいから、トリックの方を洗練させてほしい。特段動機がないことを話させているが、ないことが動機であり、それを話すのにページが割かれて、結果としてそれに焦点が当たった印象。今シリーズはそっちに重きをおくとしたら、あまり興味がない。
    2作目を手に取るのに躊躇わされる出来。

  • 登場人物の名前になかなかうまく話に入り込めないVシリーズ1作目。
    でも、ラストの犯人判明あたりからはぐいぐい引き込まれました。
    マジかー!いやいや、まだ枚数あるし、どんでん返しあるよねーと読み進めたら、二回目のマジか!!(笑)
    これがあるから森ミステリーはやめられない。

    そして、ネタバレサイトをうっかり見て感付きましたよ。へっ君……。そうか、そうなのか。
    紅子さんのキャラも最初はあんまりやなーと思ったけど、クライマックスでヤラレタ。かっこいい……。
    装丁も素敵やし(S&Mの白色の方が好きではあるが)このシリーズも集めよう。

  • 動機とか理由とかにはいみがない、後付けにしかすぎない
    ルールに縛られてだんだんばかになる
    という思想はよくわかる

  • VシリーズNO.1
    3年続けて決まったルールに基づいて行われる殺人事件。今年のターゲットと思われる女性に脅迫状が届いた。探偵・保呂草は依頼を受けて桜鳴六画邸を監視するが、衆人環視の密室で依頼人は殺されてしまう。
    新シリーズになり、新メンバーが出て来ました。紅子さんはまだ摑みどころにない感じです。シコちゃん、れんちゃんともにいい感じで楽しみです。紹介がかったところはさておき、ゆったりとした中で話が進んで行きます。登場人物の漫才のような雑談の中に様々なヒントがあり、油断出来ない感じ。硬直した思考は、何も生み出さない、との言葉が本当に印象的で、こんな緩い流れなのに何か色々ぶっ込んでくるなーと感じました。
    最後のインパクトが驚きで、いい感じに次につながるなーと思いました。

  • 3
    推理小説。答えを全部出さない感じでもやもやが残るが、なかなか面白い。パズルとかなぞなぞが好きな人には合いそうな感じ。

  • 表紙が素敵。
    以前2時間サスペンスで観た気がしてきて、早い段階で犯人とトリックだけ思い出した(出演者とかは今でも思い出せないのに!)…自分が悪いと思う。

全456件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

黒猫の三角 (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

ツイートする