マークスの山(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.57
  • (262)
  • (435)
  • (708)
  • (64)
  • (23)
本棚登録 : 3067
レビュー : 307
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062734912

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マークスの山に取り憑かれた哀しい少年。
    かって、何が起こったのか…
    初期の代表作の1つ。
    刑事物として、迫力があります。

  • とにかく魅力が多すぎてどこから書いていいやら。著者の直木賞受賞作にして刑事合田雄一郎シリーズ第一弾。
    精神に「暗い山」を抱える殺人者マークス。昭和51年に南アルプスで播かれた犯罪の種子は16年後の平成4年に発芽し、東京で連続殺人事件として開花した。目黒で頭部に穴をあけられ殺害された元暴力団員・畠山宏と王子で同様の手口で殺された検事・松井浩司。被害者たちにつながりはあるのか?姿なき殺人犯を警視庁捜査第一課七係の合田雄一郎刑事が追う。
    圧倒的な迫力で終始鷲掴みにされる。この重厚感は他の作家では味わったことがない。人物の造形が巧みで、どんな脇役でも描写が緻密で手抜きが一切ない。それが作品に奥深さを与えている。
    合田刑事の煩悶は、読者のそれとなり、怒濤の勢いのまま下巻へ。

  • 20年ぶりに再読。最初に読んだときは警察官同士の確執のすさまじさが、事件そのものよりも印象に残ったものだったが、それは変わらなかった。作者の問題意識の中に、政治的な圧力によりわれわれが真相に届かないというもどかしさというよりも怒りというのがあるが、それを刑事たちの心情にたくして、その重層さを同量の活字で表現しようとする高村節が心地よい。疲れるけど(笑。

  • 書棚整理の途中に見つけ、一気に読みました。
    おかげで片づけは中途半端のまま。
    さて、なぜこれほどのめりこんだかというと、
    昭和の終わりから平成の初めにかけての
    懐かしいにおいに引き寄せられたからです。
    まだ携帯電話も防犯カメラも一般化していない時代。
    公衆電話にテレフォンカードを差し込み、
    大きく膨らんだ手帳を開いてメモを取り、
    コンビニからファクスを送る。
    あと、張り込み中に一杯ひっかけたりもして。
    刑事のアナログ的泥臭さがものすごくかっこいいんです。
    地を這う人間たちの息遣いが重苦しくなりました。
    若い人たちにとっては古典的な感覚かもしれないけれど、
    合田と同年代の私にとってはつい昨日見た夢のよう。

    警察側の精緻で冷徹な感じを受ける描写とは対照的に、
    「若い男」の目から見た世界は、きわめて感覚的です。
    この正反対の二者が対峙する時がいつになるのか、
    読者は今か今かと待ち望んでいるのですが…

    帯には「警察小説の金字塔 全面改稿」とあります。
    ならば改稿前の物語とはかなり違っているのでしょうか。
    ぜひ前の物語も読んでみたいものです。

  • 数年前に一度読んだのですが、文庫で大幅書きかえされたということで、文庫の方を再読!
    相変わらず一気に引き込まれる高村文学!

  • 中学生の時に感動した本。
    もう一回読んでみてもまた感動。

    高野、薦めてくれてありがとう^^!

  • 大阪ダイスキー!
    な高村薫による、合田シリーズ第一作。
    あ、いえ、これは大阪の話ではないんですが……!
    でも高村さんといえば、とかく大阪よね。

    ズック(←文庫版ではシューズかなんかに変更されてて切なかった……)の刑事、合田さんがセンチになったりアグレッシブになったりセンチになったりしながら頑張るよ。という話です。

    高村さんの話はどれも面白いのですが、とかく読むのに体力を使います。
    休日や秋の夜長に、じっくり読むことをオススメします。
    でもこの作品は比較的読みやすいように思う。

    あと、高村さんといえば「加筆修正の鬼」であることで有名です。
    単行本と文庫本では印象が全然違うので、出来れば両方読んで頂きたいところ!
    それと、単行本では全然そんなことないのに、文庫になると突然HOMOっぽくなるのも特徴。
    あまりに突然で、腐女子も戸惑うほどです。
    いやでも、本気面白い! よ!

    そういえば高村さんは頑なに「大阪弁」という言葉を使わず、「大阪言葉」と表現なさるのは何でなんだろう……!
    大阪弁は色気がなくてよろしくないのかしら。

  • マークス、照柿、レディ・ジョーカーと続く合田刑事のお話。
    照柿まで読んでいまだ手に入らないレディ・ジョーカー(涙)方法はいくらでもあるのに腰のおもい人です。図書館いくか…
    重厚でおもしろかった、すごく。覚醒したマークスのもつ、ひんやりとして猛々しい熱をもったような狂気が行間からにじみだしてきて(それは私の妄想ともいう)圧巻でした。照柿もそうです。ミステリという感覚はあまり持たなかったのですが、おもしろかった。マークスは映画にもなっているそうで、いずれチャンスがあれば見てみたい。

  • 直木賞作品ですね。読み応えありの、再読したくなる本でもあります。
    警察の組織と個、権力、そして、悲しき殺人鬼。
    読むにつれて明らかになる事実に胸を躍らせながら、主人公の刑事・合田の葛藤に手に汗握りました。
    私自身は、“お蘭”こと刑事の森が結構気に入っていたりします。若さ故の軽率さも含めて。
    高村薫さんの小説は、他の小説に比べると、若干、完読に時間がかかります。
    なぜだろう? と思っていたら、ページ1ページにおさまる文字数が、通常より多いんですよね。
    これは、高村さん自身確信があることみたいで、この間立ち読みした雑誌で、そのようなことに触れていて、やはり、などと怪しくほくそ笑んだ私でした。

  • 単行本が出た当時読んだ。今回は文庫で読んでるが、やっぱり時間を忘れてページがどんどん進んでいきます。

著者プロフィール

高村 薫(たかむら かおる)
1953年大阪市東住吉区生まれ、現在大阪府吹田市在住。国際基督教大学教養学部人文学科(フランス文学専攻)卒業。外資系商社の勤務を経て、作家活動に入る。
1990年『黄金を抱いて翔べ』で日本推理サスペンス大賞、1993年『マークスの山』で直木三十五賞、1998年『レディ・ジョーカー』で毎日出版文化賞、2016年刊行の『土の記』では大佛次郎賞、野間文芸賞、毎日芸術賞をそれぞれ受賞し、新たな代表作となった。
『レディ・ジョーカー』を境として、重厚な社会派ミステリーから純文学に転向。織田作之助賞選考委員を務める。

高村薫の作品

ツイートする