人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (108)
  • (339)
  • (920)
  • (69)
  • (6)
本棚登録 : 3415
レビュー : 304
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062735858

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 避暑地での殺人事件。夏に読みたかった。森さんの作品は、何となくジョージ朝倉さんの漫画の雰囲気で登場人物を想像してしまいます。オシャレな漫画を読んでる気分でサクサク読める。
    結末に賛否両論ありますが、自分は好きな結末でした。読者を最後突き放す終わり方で、「何でこの終わり方なの!?」ともう一度本を手にしてしまう。森作品はS&M、スカイクロラシリーズなど、学生時代から何回か読み返してしまう本が多いです。ただ流石に、登場人物の尖り方には少し違和感を感じる年齢になってきた気がします…

  • Vシリーズ第2弾。事件やトリックそのもの以上にその奥にある事件に至るまでの、事件の後の心の内、囚われ、そういうものが面白い。著者特有の文章、思考、推理、真相。そしてその先にあるそれぞれの物語。魅力的なものが溢れている。

  • 2作連続でまんまと騙されてしまった!!
    色々なトリックを仕掛けてこられる作家さんだなぁ。。。
    犯人を推理しながら読まれるような読者さんには必見。
    犯人はある程度までくると、あれ?この人?と分かる。
    それだけでは終わらないのがこの作家さん。

    最後の最後のページを捲るまで物語は終わらない。

  • S&Mシリーズもそうやったけど、Vシリーズ2作目のこちらは、謎解きを楽しむよりはキャラ紹介的な位置づけっぽい。

    とりあえず、マジか保呂草(笑)

    そして、紅子、林、七夏の三つ巴感よ。これ、ほんまにすごい。ドロドロしてるなーって感じ。

    れんちゃんしこちゃんがすごい爽やかに見えるわ(笑)
    二人がいるだけで空気が美味しくなる。むしろ、二人がいないと息苦しい……(笑)

  • 約10年前に読んで以来の再読。

    Vシリーズ2作目。
    七夏登場。保呂草さん本領発揮。
    森博嗣作品全体とのつながりを考えると、
    この巻は結構重要な位置づけに感じる。

    ただ、この本だけの評価としては、微妙。
    血縁関係がどうも頭に入ってこなくて、
    誰が誰だっけ?となってしまう・・・
    まぁ、この1冊だけを人に勧めることはないだろう。

    ただ、最後の1行は、あぁ・・・と思う。
    再読ではあるが、完全に記憶からは消えていた。
    しかしその感動すらも、一瞬、
    誰だっけ?となるのが我ながら悲しかったが・・・

  • 主要メンバー以外の登場人物が多く、関係性も複雑でちょっと読み難い印象。
    しかし、紅子・林・七夏の三角関係が面白いし、殺人犯を追うだけでなく、絵の窃盗犯、モナリザ、悪魔などいろんな謎が絡み合っていて、夢中で読み進めていってしまった。
    ミステリだけど、殺人犯の謎に主眼を置いていない感じ。
    好き。

  • 夜中に急に読みたくなって再読。初読の時はしこさんくらいの年齢だったのに、だんだん保呂草さんが見えてきました。この渋い落ち着きで28歳って…嘘だろ…(慄然)。


    トリックは忘れようがないものなので、今回は事前知識を確認しながらなぞって読める楽しみを味わいました。相変わらず大人気ない大人達が「七転八倒方式」で静かに葛藤してて面白い。天才が一つの感情に振り回される、て描写が好きです。真賀田博士の場合は私自身が振り回されるパターンが好きだけど。

    犀川先生と萌絵ちゃんの会話が一番好きだけど、実はその次に気に入ってるのは大学生2人のオトボケ会話です^^しこさん、可愛いよ^^

  • vシリーズの2作目

    『すべてがFになる』からずっと読み続けているので、人物の個性や、洒落た会話なんかにも、そろそろ慣れてきて、変化が欲しいところ。

    事件としても、犯人、モナリザがわかってしまったので、驚きも少なかった。
    犯人捜しじゃないってことは、紅子さんに指摘されるが・・・

    保呂草には毎回してやられる。今後も要注意か?


    「言葉だけのことなの。全部そうなんです。言葉で理由をつけて、どんなふうにでも変えてしまえるの。言葉こそが、悪魔であり、神であり、私たちの罪でもある。でも、そこにしか、真理はないのよ」

  • S&Mシリーズのラブちゃんが苦手で
    Vシリーズは主要メンバーのしこちゃんが苦手
    私は関西圏だけど、関西弁を文章で読むとテンションがいまいち掴めない。
    関西弁が嫌いなのもあるかもしれませんが。
    れんちゃんがキャラ立ちすぎてて好きだな。

  • とても概念的で、なんだかふわふわと読んでいた。
    Vシリーズとしては2作目だけど、そんなのアリ!?という展開。シリーズを通しての主要登場人物に、そんなことをさせるなんて、森さんはなんて大胆。

    トリックや犯人が分かっても、結局、動機とか過去の事件とかよく分からない感じだった。伏線とかもっと深い意味とかいっぱいあるんだろうけど、よくわからん、ふわふわした感じで終わってしまった。
    でも、だからといって面白くなかったわけでもなく、こういう変な感じもありか、と思った。

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

人形式モナリザ Shape of Things Human (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする