金融腐蝕列島(下) (講談社文庫)

著者 : 高杉良
  • 講談社 (2002年12月13日発売)
3.33
  • (2)
  • (11)
  • (21)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :102
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062736206

金融腐蝕列島(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ノンフィクションでは書けないようなきわどい内容でも、小説としてならギリギリ書けてしまう。取材量もスゴい。バブルについての下手な解説書を読むよりずっといい。

  • バブル直後の混乱の様子がリアリティ溢れるフィクションで書かれている。
    最後の会長と相談役の戦いが佳境。

  • 今は総会屋という存在は無いようですが、当時はほんとに大変だったようです。そういえば昔「総会屋絹城」っての呼んだ記憶がある。

  • 銀行員って本当に大変だよね。

  • 文庫 £1.00

  • 読んでいるうちに、いやなことを思い出して、言い訳や言い分や、何がアイツらオカシイのだろうと、文章化して考えたり、どうしてあのようなバカで無能な状態に陥ってしまうのだろう、どういう社会心理学的状況があるのだろう、自分も同じタイプAにはまる危険の中にいるのだろうか。などなど読書の世界に入ろうとしているのが、いつのまにか現実を考えているの。だから、なかなか小説に入れませんねんね。映画が見たくなりました。

全6件中 1 - 6件を表示

金融腐蝕列島(下) (講談社文庫)のその他の作品

高杉良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

金融腐蝕列島(下) (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする