A2Z (講談社文庫)

著者 : 山田詠美
  • 講談社 (2003年1月15日発売)
3.54
  • (260)
  • (339)
  • (757)
  • (47)
  • (22)
  • 本棚登録 :2853
  • レビュー :376
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062736237

A2Z (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 誰かを好きになるのに
    きっと理由なんかないと思う。
    “会いたい順位が1番の人”より
    “失いたくない順位が1番の人”と
    恋愛して結婚したい。

    そんなことを考えてしまうお話。

  • 恋愛てきっと、始めることよりも続けることの方がずっと大変。
    非日常な恋愛が日常になるとき、壊れてしまうような関係の方がきっと刺激的で儚い。
    けど、成生との恋よりも一浩との生活の方が羨ましいと思うのは、そっちの方が貴重でリアルで失えないものだから。
    ことばに出来ない部分を小説にしてくれたような恋愛小説。読みやすくてとてもよかった。

  • なんてかっこいい本だろう!!って思った。

    バリバリ働くキャリアウーマンで、結婚もしてて
    だけど夫婦はいまでも仕事上のライバルで。

    お互いの浮気?というか恋愛は2人が互いに大切な存在だと気づくためのスパイスのようなものだったというのが個人的な解釈。

    『女友達が落ち込んだ時に必要なのは、
    一緒に泣いてくれる相手じゃない。

    乾いた笑いとおいしいお酒を提供してくれる女友達だ。』

    そんな大人になりたいものだ。

  • 恋に溺れて馬鹿になっている姿が、幸せそうなのにずっと切なさが付き纏っていて、読みながらなんだかずっと悲しくて泣きそうだった。なんなんだろう。

  • 仕事、夫婦、恋人と自分との関係をこんなふうに書いた小説があったなんて。夫に恋人がいても身についてしまっている夫婦間の小さな気遣い。自分がいかに現状の関係の上で傲慢か気づかされた。世間的にどうのではなくあくまでも二人の関係を気づいている主人公夫婦は素敵だった。山田詠美の良さがこの年にしてやっとわかった作品だった。

  • 結婚は契約である。
    でも、関係を表すなかで"夫婦"というものは、必ずある。
    不倫が善か悪か、という話ではなく、夫婦について考えたいときに読みたくなる一冊。

  • 友人みたいな夫婦がお互い離婚し合い戻って来る物語。
    恋愛の身勝手さや、大人の大人になりきれない感が描かれている。

  • 男女関係の複雑な物語をさらっと大人の女性、大人の恋として読ませるのは、女性作家、山田詠美なのかな。
    山田詠美、初めて読みました。ユーモアもあって時々吹き出した。面白かった。
    夏美がとても魅力的。考え方が、恋愛では、少女。仕事は、男なみ。
    パートナーがいながら、お互いに好きな人ができる。
    男性作家では、全く違う物語になると思う。
    いくつになっても相手がいても恋ができるっていいんじゃないかな。って思わせる恋愛小説。
    男女関係をお洒落に描写。どろどろみせないところが女性作家なのかな。
    エキノックス。いいね。

    山田詠美もう一冊読んでみたいです。

    • 9nanokaさん
      実はこれ、まだ読んだことがありません。本棚で行儀よくしています(^^;;
      夏実さんかっこいいですね。お互いに好きな人がてきたら崩壊しそうですが、違うんですね。刺激が強そうだなと読み渋っていましたが、読んでみたくなりました。
      男性作家と女性作家、全然違いますよね。
      私も男性作家を探したいです。
      2014/08/22
  • 恋は大人を子供にさせる。
    でもナツや一浩の恋は
    めちゃくちゃ大人だと思うの。
    英語はぶっちゃけ得意でないので・・AからZまでの26文字にこめられた意味を深く考えずに読んじまった。
    でも26文字なんか考えなくても いっぱいドキドキしたよ。
    郵便局員ってめちゃくちゃダサい人しか見たことないんですけど(すみません)
    でも成生はオサレーに見えちゃう。
    いつも決まった郵便局しか行ってないけど・・・ちょっくら探してみるかな?・・
    現在進行形で進みつつも・・・・いつのまにかことが進んでて・・それを語ってたりで・・上手いなーさすがです。。。

  • 山田詠美作品の中でも、『大好き』の部類に入るもの。
    愛と恋の違い(愛は36℃、恋は38℃)という例を目の当たりにしたかのよう。
    不倫(という言葉は似つかわしくないのかもしれないけれど)の話がこんなに清々しく書かれているのも驚き。
    『私は、自分が気付いたのを彼に伝えたことがない。彼もそうだったかもしれない。小さなラブアフェアで失うには、あまりにも惜しい人。共犯同士だったかもしれない。時には、酒以外の何かで酔いたい時もあるという認識においての。』
    『私は、大人気のなさを楽しめるくらいには、大人なんだ』
    『色々あったよな、なんて、この年齢にして溜息。でも、この溜息なしには、私は成男と出会えなかったように思う。…あるひとりの男が、特別な存在として視界に入り込んでくる瞬間。それは、私が、新しいものを得る瞬間でもある。何かに、お膳立てされた、と私は感じる。今の自分を形作ってきた数多くの何かがひとつになって、私の瞳を開かせた。たとてば、今よりもずい分若かった頃の私が、今の成男に出会ったとしても、彼を特別な人として見詰めることなとなかっただろう。会うことは偶然。けれども、必然が出会いを作る。私が35歳であり、彼が25歳だったからこそ、二人は同時に求めあったのだと思う。』

全376件中 1 - 10件を表示

A2Z (講談社文庫)のその他の作品

A2Z (講談社文庫) Kindle版 A2Z (講談社文庫) 山田詠美
A2Z 単行本 A2Z 山田詠美

山田詠美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
江國 香織
山田 詠美
山田 詠美
有効な右矢印 無効な右矢印

A2Z (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする