高山右近 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.23
  • (1)
  • (2)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062736381

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 徳川家康の禁教令によって加賀藩から長崎へ身柄を移され、さらにはフィリピンのマニラへと追放されることになった、高山右近の最晩年を描いた歴史小説です。

    迫害にあいながらも揺らぐことのない信仰を持ち続けた高山右近の姿を描くことに、著者の努力は傾注されているようです。ただ、高山右近と言えば築城術や茶道など幅広い教養を持った人物であり、その人間像の一面にのみ焦点が当てられているような印象を受けてしまいました。

  • In die depositionis

  • 歴史小説というよりは宗教小説の方が近いかな。右近の前半生について読みたかったのでちょっと期待はずれでしたが、関ヶ原後、マニラに追放されるまでのアレコレが良く解る本でした。

  • 聖者右近、博学如安、空気読めない如安息子の殉教珍道中/いい味出してる遣欧少年使節たち…とか茶化しましたがそれはごく一部で。すごく重たい文章、ひとの生き死にがとても生々しい。

  • 烏兎の庭 第二部 書評 4.22.06
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto02/bunsho/ukon.html

  • 出国してからが興味深い。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1929年東京都生まれ。東京大学医学部卒業後、精神科医として勤務のかたわら、小説の執筆を始める。『フランドルの冬』で芸術選奨文部大臣新人賞、『帰らざる夏』で谷崎潤一郎賞、『宣告』で日本文学大賞、『湿原』で大佛次郎賞、自伝的小説『永遠の都』で芸術選奨文部大臣賞、自伝的大河小説『雲の都』で毎日出版文化賞特別賞を受賞している。その他の著書に、『錨のない船』『不幸な国の幸福論』など多数ある。近年は、本書をはじめとした殉教者を描く歴史小説『ザビエルとその弟子』、ペトロ岐部の生涯を描いた『殉教者』を発表している。

高山右近 (講談社文庫)のその他の作品

高山右近 単行本 高山右近 加賀乙彦

加賀乙彦の作品

ツイートする