架空通貨 (講談社文庫)

著者 : 池井戸潤
  • 講談社 (2003年3月15日発売)
3.39
  • (69)
  • (218)
  • (333)
  • (65)
  • (9)
  • 本棚登録 :1771
  • レビュー :179
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062736794

架空通貨 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015.2.16(月)読了。

    面白かった!
    けど、難しかった!!
    何回も読み直したし調べたし。

    ただ、そんなことが実際あったら
    えらいこっちゃだ。

    しっかし
    銀行っていろんな事があんだなー。
    頭が良くなきゃ出来ないわけだ。

    感想が幼稚だなー 笑

  • 専門用語が多くて難しかった。

  • 今どきの架空通貨ではなく、ちょっと昔の話。
    金に群がるイヤな話の中で、ほんのり甘い話も。

  • 元金融アナリストとはいえ、教え子の会社が倒産する
    という設定でここまで首を突っ込むのか?
    女子高生とは思えない話し方や機転の数々、、
    とまあ、いろいろ思うことはあるが、一転二転と物語が進んでいく設定はおもしろいかな。読み手自身も頭を使い疲れました(笑)

    • kikkoさん
      実際にこんな話があると怖いですよね。。たしかに女子高生と先生のくだりは違和感ありますよね。初期池井戸作品っぽさがまたよかったです。
      おすすめいただいた百田さんの海賊と呼ばれた男も読んでみます!百田さんの作品はどの作品もハズれがありませんよね★
      2013/02/03
  • 元商社マンの高校教師が、教え子の父親の経営する会社の破綻をきっかけに企業城下町に巣食う闇の金にかかわっていくという金融ミステリー。
    日本各地にある企業城下町で同じような事態が発生したらと思うと、ぞっとする内容。非常に読み応えがある内容でした。

  • 仮想通貨、ではなく、架空通貨です。見間違えて借りたが面白かった(笑)
    中堅企業が本社を構える山間の街が舞台。この、やや閉鎖された経済圏で、当該企業の下請け企業で結成される協力会内で取引に使用される独自の通貨が発行された。裏打ちされた価値はあやふやで実態はないが、しかし、当該企業の信用と、『よもや価値が無くなるとは』という感覚に支えられ、流通していた。この札をめぐり、マネーロンダリングなどの様々な思惑が入り組み、物語は進む。
    実態がないのに雰囲気だけで流通し、多くの人が巻き込まれていく。仮想通貨と近いところはあるかも。

  • 臨場感がすごかった。高校教師にはあり得ないが。

  • 金融ミステリー、面白かった。

    架空通貨ということで、ビットコインをイメージしてしまいますが、本作が描かれたのは2000年。
    ここで描かれる架空通貨は本書の表紙絵に描かれているように田神亜鉛が発行する振興券。これをめぐる金融ミステリーとなっています。

    しかし、ちょっと人物設定には納得がいかない(笑)
    主人公は、元商社マンの高校教師の辛島とその教え子の麻紀。
    ストーリとしては、麻紀の父親が経営する会社が出した1回目の不渡りをトリガーに、麻紀に相談された辛島がその会社の破綻を防ぐため調査を開始。田神亜鉛の社債を換金しようと田神町に乗り込みますが、そこで見たものは、田神札と言われる振興券。
    田神亜鉛でもっている小さな町ゆえに、この田神札を使った支払いのせいで、関連会社、下請けの資金繰りが苦しくなっていきます。

    この会社と調査しようと、自らの旧人脈を駆使し調査をすすめ、ついに真相にたどり着きます。
    そこには、コンサルタントの加賀、やくざの絡むマネーロンダリング、幽霊会社を使った買収、そして計画倒産といった様々な思惑が動く中、ついに田神亜鉛が...
    といったところです。

    はらはらドキドキで楽しめるのですが、人物設定がちょっと違和感でした。

    なにが違和感って
    主人公の高校教師がそこまで首を突っ込むか?
    あんなこと、そんなことまでやっちゃうのか?
    旧人脈の人ってそこまで動いてくれちゃうの?
    麻紀が高校生とは思えない行動、言動。
    などなど。

    ちょっと現実離れしたところも多々ありますが、エンターテイメントとしてはとても楽しめました。

    お勧め!!

  • 架空通貨というタイトルだけどいうほど重要な位置づけではないような。 架空通貨は主でなく従という印象。 登場人物はあまり魅力的ではないし内容はとても地味。 とはいえ、人には勧めないけど個人的には非常に楽しめた。

  • 「半沢直樹」で一躍有名になった著者が、初期の2000年3月に書いた「M 1」を03年に改題した作品。昨年夏・友だちのFさんに教えてもらった本、ようやく読みました(遅くなりました)。

    架空の企業城下町・田神町、その町にある田神亜鉛が発行する社債や架空通貨である田神札が下請け企業や地域の人々の生活を蝕んで行くという物語。銀行マンとしての経歴をもつ著者だからこそ展開できるストーリーに、ぐっと引き込まれました。

    とても面白かったです。同時に、架空で済まされない現在の社会につながる怖さ・お金が人間に対してもつ影響力等について考えさせられました。

    お勧めの一冊です。

全179件中 1 - 10件を表示

架空通貨 (講談社文庫)のその他の作品

架空通貨 (講談社文庫) Kindle版 架空通貨 (講談社文庫) 池井戸潤

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

架空通貨 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする