月は幽咽のデバイス (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.30
  • (91)
  • (294)
  • (845)
  • (73)
  • (7)
本棚登録 : 3215
レビュー : 250
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062736985

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。
    Vシリーズ面白くなってきた。
    保呂草と紅子の怪しい感じとか、人間関係の謎が積み重なってきた。
    で、結局ペットの獣はなんだったのだろうか??
    ただの事故だったのか?
    真相は闇の中で終わってしまっているが・・・満足感はある。

  • こんなん分かるわけないですやん……。   
    17年前の作品に先入観固定観念を利用されしてやられた。       
    人間の脳はこれくらいじゃあ変わらないらしい。     
    なんだか不完全燃焼な終わりですが、なんだかんだ面白い。   
    2000年くらいならそろそろ携帯電話が出てきそうなものですが、このシリーズの間に登場人物たちが携帯電話を持つようになるのか、気になるところですね。

  • Vシリーズ3作目。

    このシリーズは、事件を追うよりも、キャラクター軸で楽しむのが良いと今作で確信。
    もちろん、森ミステリィらしさは随所に散らばっていて面白いのだけど、
    それを簡単に上回っていく登場人物の濃さよ。
    それこそ、S&Mシリーズで萌絵がツボだったのと異なり、このシリーズでは特定の誰かに肩入れするという感じではない。
    でも、これだけバラエティに富んだチーム他にないでしょう。
    阿漕荘+紅子のやりとりを追うだけで満腹になりそう。
    個人的に、紅子・七夏・林の三角関係の描写は苦手だけれども。

  • Vシリーズ三冊目。
    紅子の知人宅でパーティの最中、招待者の一人が死体となって見つかる。その部屋は特別仕様のオーディオルームで、発見時は密室と思われた。
    招待された紅子以外にもお約束のように別口で招待された骨董店森川姉と保呂草に後から呼び出された練無と紫子と森川がその館に勢揃い。しかも担当は紅子の元夫。
    毎度密室ネタは楽しいですが、正直紫子の軽口がうっとおしい。私の知ってる関西人と違うので、ややオーバーに描いてるのでしょうか。その対称としてかいるかいないかわからない森川に行動力もある結構男前な練無。
    おまけにどんどん紅子の元夫の林のひどさが目につきます。でも世の中こういう男の方がやはりもてるんだろうか。顔と頭か。でも不倫相手とはいえ、祖父江は嫌いじゃないです。あの紅子と張り合うやり取りもなかなか面白いです。
    相変わらず息子と会いながら動揺したのは祖父江のみ。淡々とした家族だなぁ。へっ君も久しぶりにお父さんに会えて、というのは…ないんだねぇ。

  • 「月の光は、どこの里もまんべんなく照らす。でも、空を見上げて、それを眺める人だけが、月を知る。月は、その人たちの心の中に住む。」
    「このように、人がなした行為でさえ、無意識、無意図のものが存在する。人は常に理由を持って行動するのではない。それにもかかわらず、常に理由を探そうとする。」
    「意図がないものほど恐ろしいものはない。意識のないものからは、逃れられない。雷や大波に対しても、だから、何らかの意志が存在すると強引に解釈して、ひとまずは細やかな安心に縋りついた。」

  • 事件そのものには不満がないでもないけれど、登場人物達のやり取りはやっぱり面白い。非常に評価が難しいけれど、こういうものだということは理解してきました。

  • 最初の設定からどのように展開するのか期待しましたが、終わり方はあまり納得できないというか、警察が気づくだろうって思いました。
    登場人物の個性がこのシリーズの持ち味だと思います。

  • 犀川先生と萌絵ちゃんの進展しない関係に食傷ぎみだったが、
    このシリーズはそんな私には新鮮で、実に楽しい。まぁ、まだ3冊目ってこともあるのかもしれませんが。

    そして密室。たまらん(笑)
    今回の密室は!!あぁ、館ではないか!!

    そちらはおいておいて、狼男の真実が、あぁなるほどそっち!!

    最近は職場の同僚が貸してくれる本ばかりで、自分の好みではないものが
    多かったが、こういうのはど真ん中!
    あっという間に読んでしまった。

  • VシリーズNO.3
    薔薇屋敷、月夜邸と呼ばれる屋敷には狼男が出ると噂があった。パーティに招かれた紅子達は、密室内で発見された凄惨な死体を発見する。

    このシリーズは以前のシリーズと違ってとっかかりがゆっくりとしている。それがこのシリーズとはいえ、なかなか慣れない。それでも読み進めると一気に最後まですすむから不思議。

    今回は、へっ君と紅子の会話や、保呂草の仕事についての話があったので少しずつ広がっているなと感じ、森川君は良い味出しているので次回に期待しています。

  • ミステリー的には、……それはありなの?的なラストやけど、七夏の娘がへっ君の妹という情報にニヤニヤした。
    なるほどね。そういうことね。

    もはやこのシリーズはキャラを楽しむべき作品な気がする。解説にもあるけど、キャラ萌え向け(笑)
    ちなみに私は犀川先生萌えです。ってシリーズ違うがな!
    Vシリーズではまだ犀川先生ぐらいハマれる人に出会えてません。
    保呂草はちょっとうさんくさいしなー。林はなんだかな感じやし。
    紅子さんかっこいいんだけど、七夏とのくだりがあんまりなぁ。
    強いていうなら練無かなぁ。萌えとはまた違う感じで好きなキャラ。

    で、次も読みますよ。もう森ミステリーの沼からは出れませんよ(笑)

全250件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

月は幽咽のデバイス (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

ツイートする