月は幽咽のデバイス (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.30
  • (90)
  • (294)
  • (846)
  • (73)
  • (7)
本棚登録 : 3213
レビュー : 250
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062736985

作品紹介・あらすじ

薔薇屋敷あるいは月夜邸と呼ばれるその屋敷には、オオカミ男が出るという奇妙な噂があった。瀬在丸紅子たちが出席したパーティの最中、衣服も引き裂かれた凄惨な死体が、オーディオ・ルームで発見された。現場は内側から施錠された密室で、床一面に血が飛散していた。紅子が看破した事件の意外な真相とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Vシリーズ第3弾。屋敷の中で起きた密室で起きた事件。事件そのものや大胆な仕掛けもあったりするけれど前2作と比べると引っかかる箇所があったりと少し物足りなさを感じた。シリーズのメンバーのやりとりは読んでいて楽しかった。紅子の子どものへっ君がもう少しでてきてくれると嬉しい。

  • 既読

  • 音楽鑑賞室?のような密室で人が亡くなっていた。
    水槽から水がこぼれていると言うだけで、あそこまで推理させるのはすごいと思ってしまった。

  • わりとスイスイ読めました☆今回のトリックはちょっと…えぇ〜…って感じではありましたがf^_^;保呂草さんの活躍があんまりなくて最後なんか、あれいたの⁇って感じも否めないが…好きなシリーズになりつつあります。それにしても紅子さん&林さん&七夏さんの三角関係が気になる!トリックとは別に、今後に期待です。

  • Vシリーズ3作目。
    狼男が出るという噂のある屋敷の中で衣服を引き裂かれた凄惨な死体が発見される。
    しかし、現場は密室、室内中に散った血、そして水槽の側には大量の水。
    事件の真相に瀬在丸紅子が挑む。

    *****

    『今はもうない』(S&Mシリーズ)を読んだ時もまんまと森博嗣さんに「ヤラレタ!」と思ったけれど、また「ヤラレタ!」。
    物語を読み進める時点で、いや、この本を読もうと思った時点でかもしれない。
    私の頭の隅にある概念がごとんと重い音をたててまるごとひっくり返されちゃう感じ。
    ミステリとはこーいうものだ、犯人やトリックはきっとこーいうことだ、という基本軸をぐるりと動かされてしまう感じ。
    森博嗣さんにはまってしまう要因でもあるのだけれど、またまんまとひっかかっちゃったなぁと。
    さぁ、次も読むぞ。

  • 紅子と阿漕荘の面々が活躍する「Vシリーズ」の3作目。本作の事件現場は那古野市東部の豪邸・篠塚邸のオーディオ・ルーム。

    【あらすじ】
    建設会社社長宅で、婚約披露パーティの最中に女性が遺体となって発見された。発見現場は当時密室で、着衣に激しい損傷があり、部屋内には遺体を引きずり回した痕跡もあった。偶々パーティに出席していた紅子と保呂草は、異様な光景の中で、カーペットの一部が水に濡れていた点に注目する。

    【感想】
    大掛かりな舞台装置を用いたトリックが駆使されており、紅子による種明かしまでは全く予想できなかった。トリックが奇抜な分、物語の意外性は大人し目で物足りない感じがした。
    余談だが、練無の友人として前作に登場した森川も阿漕荘の住人に加わった。また、紅子と七夏のバトルも継続中である。当事者の林自身は鈍感ぶりを発揮しており、今後も予断が許さないようだ。

  • 過去の既読本

  • トリックはお、おう...という感じ。
    でもこの本の1つのテーマというか、言いたいことは分かる気がする。
    どっちかというとキャラクターを楽しもうってタイプな本だと思った。

  • やはり、なんともスマートでオシャレなミステリー。
    意味があると思われていた、殺人現場の状況が、蓋を開けてみれば偶然の産物だったとは。
    まさか、密室だと思っていた空間が、あんな方法で密室ではなかったとは。ホーンテッドマンションを思い出した。
    何度か思い込みを覆された。

    結局、最後まで、事故だったのか殺人だったのかは判然としない。それがまた、ざらりとした気味の悪さを残して印象深い。

  • 推理小説を読む時、読み手と作家の戦いのようなものが始まる。
    作家の仕掛けたトリックを読み手は解きあかそうと、糸口を探そうと躍起になる。

    でも、この本を読むと犯人(作家とも言える)との対決という意味でなく、事実を一つ一つ考慮し筋道立てて考えるという工程を純粋に楽しむことができる。

    /瀬在丸紅子の探偵ぶりが楽しめる一冊

全250件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

月は幽咽のデバイス (講談社文庫)のその他の作品

森博嗣の作品

月は幽咽のデバイス (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする