密室殺人大百科〈下〉 (講談社文庫)

制作 : 二階堂 黎人 
  • 講談社 (2003年9月発売)
3.22
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 40人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (779ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062738026

密室殺人大百科〈下〉 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 編者まえがきにある読者を甘く見た、猿にもわかるトリック(「母屋との間にまっさらな雪があっても間に長い板を渡せば……」)というのは、山村美紗『花の棺』のことと思われる。『花の棺』は、必読リストからも除かれている。編者は、山村のような通俗作家が密室ものを書くことに何か含むところがありそうだ。密室もの作家がクローズドサークルを形成している?

  • 『死への密室』
    桐野義太の友人・八木沼が婚約者・新田靖香を巡って対立する中澤との賭けで自宅の壁を抜けると言う。新たな宗教に目覚めたとして全員にシェーのポーズを取らせる八木沼。消えた八木沼。もう一度壁抜けをすれば死ぬと根津愛に言われる八木沼。市街化調整区域に隠された謎。トレーラーハウスと「シェー」の秘密。

    『夏の雪、冬のサンバ』
    外国人が多く住むアパート。ドラゴンとアダ名される中国人を強盗犯として強請る隣人。ホームシックにかかったブラジル人のペレの部屋で飲み明かしたダビデ。発見されたドラゴンの遺体。アパートの周りの雪に着いた足跡。ペレの部屋の時計に隠された秘密。傾いたアパートの中で唯一傾いていないドラゴンの部屋。

    『縛り首の塔の館』
    心霊研究家マノリスクと富豪グットフェローズの対立。30マイル離れたグッドフェローズと肉体を離脱した霊魂で対決するというマノリスク。5人の立会人が見守る中鎧に身を包み縛られた状態で石室に閉じこもるマノリスク。グドフェローズの甥シドニー・パレットの立ち会いのもと金庫にしまわれた呪われたナイフ。同時刻ナイフに刺されて死んだグッドフェローズ。鎧の中のマノリスクも銃弾に撃たれ死んでいた。伝説のように塔で首をつった使用人マートン。

    『ラクダ殺人事件』
    エジプトでの撮影で起きた殺人事件。水沢武史が一晩でミイラ化し密室の小屋でラクダのミイラと発見される。日本で相談をうけた福門。正倉院と呼ばれる建物で発見される水沢武史の遺体。はずされた関節、巻かれた包帯。行方不明になっている水沢の弟。高床式の建物。

    『答えのない密室』
    作詞家の鹿崎永遠の死体発見。場所は鹿崎の自宅の地下シェルター。密室の現場。鹿崎の愛人・睦月の行方。事件前日に鹿崎が睦月についた嘘。連続殺人事件の容疑者として鹿崎に会いに来た探偵・凡堂の捜査。

    『時を結ぶ密室』
    何者かに射殺された沢本。扉を閉める直前に撃たれ弾き飛ばされた身体。過去に起きた殺人事件を調べていた沢本。同じ状況での死。

    『チープ・トリック』

  • 324

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

密室殺人大百科〈下〉 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする