文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.59
  • (323)
  • (543)
  • (1068)
  • (36)
  • (0)
本棚登録 : 4240
レビュー : 292
  • Amazon.co.jp ・本 (994ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062738385

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いろいろと思い出すのが大変w

  • シリーズの中で出てきた脇役たちも大活躍するのですが、当時どうも想像力や記憶力がなくて、イメージするのが大変でした。話も長いので殆ど惰性で読み進めた記憶しかない…。

  • 読み終わった。長い!それはまぁ仕方ないんだけど、やっぱり久々に読むと引き込まれる。 支度だから、事件編という感じなので早く解決編が読みたい。今日から始末読みます。 相変わらず回りくどいし長いしなんだけど、これが最後に全部つながって落ちる感覚がたまらないので京極はおもしろいです。

  • 一冊丸々伏線。始末がどうなるのか楽しみ

  • ずいぶん前に読み終わっていたのに、書いてなかった・・・。
    まとめての感想は次で。

  •  家族に対して常日頃から不平不満を抱いている人に読んで欲しい作品。
     詳細をここでたらたらと書いても意味はないのでしないが、この作品にはいくつもの物語の骨があり、その中に家族の崩壊と再生という骨がある。
     家族というモノは主観的に観れば不思議でもおかしいことでもなんでもない。だが客観的視点で観ると、実は歪で異常なモノであり、かつそれが正常である。ただそう認識していないだけであり、おかしい、と認識した途端に溜まっていた不平不満が爆発し、家族は崩壊する。

     人間誰しも家族に不平不満を抱いている。ソレを自認しつつ上手に解消する術を身につけることが、良き家族関係を築き続ける方法なのだ、とこの作品を読んで私は思った。

     今も、家族に対しよくない感情が強くなったり疑問を抱いたりしたときは、これを読んで、そのような気持ちを抱くのは当たり前である、と再確認することで自制を保っている。

  • 妖怪の出る数が多い分京極堂の説明も多い。そして始めて妹である敦子の視点からで文が読めました。意外に冷静で冷めてるんですね。明るい人柄だと思いきやです。そういえば木場、関口視点ばかりで京極堂、榎木津視点はないですね。榎木津視点なんてめちゃくちゃそうですがちょっと気になったりします。京極堂視点とか今後ありそうかも。
    宗教を批判してる人が別の宗教を信じている…宗教は怖いです

  • 懐かい人物達の再登場。前編は短編小説のような様々な事件。この伏線が後編にどう纏まってくるのかが楽しみ!
    関口君、大ピンチ…

  • また厄介事に巻き込まれる関口。京極と似ているのに何故か厭な印象の、謎めいた人物。そして、ショッキングなラスト…。またも京極ワールドに引き込まれて振り回される快感。

  • 2冊有
    1冊は「草紙」用

全292件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (講談社文庫)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする