文庫版 塗仏の宴 宴の始末 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (396)
  • (464)
  • (1021)
  • (36)
  • (4)
本棚登録 : 4021
レビュー : 285
  • Amazon.co.jp ・本 (1088ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062738590

作品紹介・あらすじ

後の始末をお願いします――。京極堂、覚悟を決める。

「愉しかったでしょう。こんなに長い間、楽しませてあげたんですからねえ」。その男はそう言った。蓮台寺温泉裸女殺害犯の嫌疑で逮捕された関口巽と、伊豆韮山の山深く分け入らんとする宗教集団。接点は果たしてあるのか? ようやく乗り出した京極堂が、怒りと哀しみをもって開示する「宴(ゲーム)」の驚愕の真相。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • はああ、楽しかった。
    二周目でやっと全体像がぼんやり掴めた気がする。厚みに圧倒されて尻込みしてたけど、やっぱり読み始めるとするするいく。時間かかるわりに飽きなくて、どうなるのかな?と思ってるうちに支度が終わり、始末も終わる。

    後半の盛り上がりがやはりすごい。真っ暗な韮山山中を一心不乱に登っていく異形の集団。まさに百鬼夜行。それだけでどきどきする。

    一周目もそうだったけど、尾国さんがどうにも悲しくて……仕事で出会った人に情が湧いて匿って、あまつさえ復讐の真似事までして、本当に寂しかったんだろうなと思う。華仙姑を勝たせるためにそりゃあ悪いことしてるしね、可哀想と擁護しすぎるのもいけないんだろうけれど。

    ところで兵吉君はどうなったの?とか加藤さんちは大丈夫?とか山を降りることになった村上一族は?とかその後が気になる点もちらほら。陰摩羅鬼とかで触れられてたっけか?そっちも読んでみようかな…

  • 京極さんの最高傑作は「魍魎の匣」だと思っているが、一番調子に乗っていたのは、この本が出たころじゃないのかなという気がする。
    何しろ次はもっと、もっと、と期待させるシリーズだし、作者もそれに応えるべく、内容も本の分厚さも際限なく膨らんでいった。
    大風呂敷もここまで広げたか、と感嘆するしかない。
    さすがに広げすぎて、たたみ切るのに苦労したか。
    ミステリー的要素がやや弱く感じるから始末のつけ方に不満も残る。
    それでも面白い。
    これだけのストーリーテラー、文章の使い手はちょっと他にはいないなあ。
    センテンスが突き刺さる。
    中禅寺の奥さんが、すっくと立ち、「猫も連れて行きます」
    こういうところがたまらん。

  • 長すぎて手に取れなかった大好きなシリーズ。
    電子書籍でようやっと。
    長すぎるから読むのも時間かかるかと思いきや、
    久々の京極ワールドにどっぷりはまってしまい、
    一気読み。


    どうやって韮山に収束するのか
    不安になった宴の支度。
    見事に1箇所に集まってきた宴の始末。

    とりあえずわたしの大好きな木場さんが
    生きてて泣きそうになった。
    ほんとうによかった、、、、
    関口さんをもっとちゃんと救ってあげてほしかったけど笑
    京極堂の心の中が少しわかった気がした

  • 京極堂がこれまで解決してきた事件の関係者や佐伯家、村上家、旧日本陸軍と人物相関図がごちゃごちゃしている。
    旧日本陸軍の堂島大佐と今は亡き山辺が本事件の発端。
    恒例の京極堂の憑き物落としが、尾国を落とす所までは威厳がありいつも通り「落ちた」感触があった。
    ただ、堂島が出てきてから空気が変わったように感じた。
    堂島の行いに理解はできないし人として間違ってると思ったが、京極堂の言葉をもってしても堂島を否定しきれず改心させることができなかった。
    今後の堂島と京極堂の対決が楽しみ。

    本編の事件(?)については、催眠術が事件関係者に的確に効いているためか、構図は壮大だが謎解き感はしなかった。読んでいくなかで明かされる事実を受けて、「なるほど」と感じた。

  • 宴の支度に続いて、宴の始末。
    どういう始末になるのかな…と思ったら、まぁそもそも支度がごちゃごちゃしていたから、始末もごちゃごちゃしていました。

    たくさんの人が出てきて支度をしたら、支度をした人たちがそのまま宴の参加者で、始末は京極堂さんがネタばらしって感じで興を冷ます感じだったよ。

    登場人物たちが実はみんな消えた村の血縁者で記憶を操作されていましたってのは「ほぅ…」って思ったけど、どういう過程やテクニックで記憶を操作されていたのかは「そういうものだから」って感じるしかないのかなぁ?

    そもそも塗仏とはなんぞや?
    ……ってのと同じ?!

    最後の最後に塗仏にはナマズのような(うなぎだったかも?)尾っぽがあるような記述があったんだけど、それってタヌキとかムジナが化けてるような感じ?
    ※刑法におけるタヌキ・むじな事件には触れません。

    結局は考えれば考えるほどわからなくなるけれど、案外複雑怪奇に見えたものの本体はシンプルなものなのかもしれないね。

    まぁ、らじはタヌキさんは見たことがあるけれど、ムジナさんは見たことないけどね。
    イモリさんとヤモリさんの違いみたいな感じなのかねぇ?

  • 再読。

    記憶にあるエピソードと微妙に違ってた。脳内捏造をしていた模様。

    逮捕されたかとか関係なく、関口さんに寄り添うことを決めている雪絵さんがステキすぎる。

  • この人、どの作品の誰だっけ?というのも含む、主要な人物まで誰だっけ?となりそうなほど登場人物が多かった。

    今回は京極堂の事件と誰かが表していたが、まさにそんな内容だった。
    ゲームの謎解きはオマケのようなもので、それよりも、時折覗く中善寺の内面と、昔からの付き合いの友人達との関係の深さが際立つ話だった。
    それ故に、憑き物落としの方は前作以前と比べると地味なので、あっと驚くような最後を期待して読むと、ボリュームも相まって残念な気分になるかもしれない。
    私は面白く読めた方だが。

  • ★3.5
    再読。前編「宴の支度」で広げた大風呂敷を、言葉と暴力で畳んでいく後編「宴の始末」。関口を除くお馴染みのメンバーに加え、過去作のキーとなる人物、怪し気な複数の民間団体等々、とにかく登場人物が多い、多すぎる!それでも、個々の役割を見誤らせないのは、やっぱり京極夏彦の筆力の成せる技かと。最終的に、悪趣味な宴は終わったようで終わっていなく、過去作に比べるとすっきりしない感は強め。が、お気に入りな榎木津の暴走が楽しく、終盤の木場との一幕(=こんにちは喧嘩)が本当に楽しかった(笑)。そして、朱美さんが素敵!

  • メモリの少ない私の頭にはたくさんの登場人物がごちゃこちゃになってしまった。
    と言っても面白さは変わらない。
    今後堂島の出てくるお話は発表されるのかな?

  • 京極先生は実はここで止まってしまってるのだけど、基本的にはシンプルなエンタメだと思ってます。ボリュームが多いので覚悟しなければなかなか読めないけれどそろそろ再開したい。
    レビューでこれをチョイスしたのはここの榎木津と京極堂のやり取りが大好きなので。察してくれる友人っていいですよね。

全285件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

文庫版 塗仏の宴 宴の始末 (講談社文庫)のその他の作品

京極夏彦の作品

文庫版 塗仏の宴 宴の始末 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする