文庫版 塗仏の宴 宴の始末 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (400)
  • (465)
  • (1021)
  • (36)
  • (4)
本棚登録 : 4031
レビュー : 289
  • Amazon.co.jp ・本 (1088ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062738590

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  動きたくても動けない京極堂とか、それを唆す榎木津とか、独自の方法で進んでいく木場さんとか、何も言わないでも枝分かれして一本の毛先に向かっているのが大変ぐっときた。
     関口君が壊れないことを祈るしかないって言う京極堂がいじらしい。あと京極堂がよく怒っていたのでそれもなんだか思い浮かべる度に胸がいっぱいになる。
     覚悟を決めて啖呵を切る様子はとても格好良かったし、ただ突き出すのでなく本人に納得させたのは彼らしく上手いやり方だなあと思った。
     京極堂にだって嫌なことはあるし嫌いな奴はいるんだ。始末が済んでとりあえずよかった。
     関口君と京極堂がじゃれあってる様子をまた見たい。

  • 「支度篇」は京極一家揃い踏みで、それぞれが私的に、別個と思える事件に誘引されていく。そんな支度が整ったところで、この度も京極堂による始末が施される。村民鏖殺事件と不老不死薬の存在はどう明かされるのか。支度において夥しい怪人物が登場してきて、およそ整理しきれない。割りに淡白に終わりを迎えてしまった。これまでのシリーズに増して荒唐無稽度数が高いのと、榎木津をあそこまでスーパーマンにしちゃっていいのかな。でもって、関口君は人格が取り戻せたのだろうか。読後の鬱憤満載なのに妙な満足感。京極堂の呪術に陥っている。

  • 2015.2.5-9
    間違って「支度」を読んでしまったので読まざるを得なかった。家族とは⁈と言う意味では頷ける部分もあったものの、個人的に好きなジャンルではないだけに、文体も登場人物の多さも落ちも鬱陶しい・・。

  • 再読。シリーズで一番エンタメ性が高い。京極堂萌えの巻だと個人的には思う。
    上巻から筋は一本、ずーっと通ってる。本末転倒とか。

    京極堂の事件になるためには、相応の厚みがいるのでしょうね。本の厚みも凄まじいけど、それ以上に事件の厚みが。数が多いだけかもしれないけど(笑)

    えのさんかっこいいなぁ。

  • 榎木津かっこいい

  • 「家族」と「社会」と「記憶」と「記憶」。
    宴の準備は佳境。ついに京極堂が始末をつけに参る…


    までが、長いっ!ていうかずっとずっと関口の心配をしていた私の気持ちはどうなるんだ!エピローグのどこに関口がいるんだっ!!
    …ていうくらいしか文句のつけようはありません。だってこンな厚い本2冊を1日で読み終わるなんて前代未聞。登場人物や団体が多すぎて、「これ絶対最後にわからなくなって、謎解き見てもスッキリしないよ…」って心配していたけれど、そんなことも無かったぜ。

    「腐れ縁」とか「遠くにいてもなんとなく相手のことを思っている」とか「そもそもそんなに思わなくともどこかでつながってるような」そんな関係が好きなので、宴の始まりから始末が付くまでの怒涛の展開はワクワクが止まらなかったよ。腐れ縁3人組はいつも通り輝きまくっててカッコ良かったし、益田や鳥口も良かった。

    それにしても「家族」や「地域」「社会」といったコミュニティのあり方と、「記憶」や「記録」といった自分の在処について考えさせられた。
    …あと、関口は大丈夫なのかね?

  • 広げられた風呂敷はしっかりたたまれたけど、なんとなく感じる悪い意味でのシリーズ感が気になった。
    まだシリーズは続くんだろうな、という。

    展開も少し漫画チックなところがあり、熱いけれどそれを求めているんじゃないという感じもある。
    しかし、今までにない一面をみせる人物もいてそれはそれで楽しめた。

  • 面白かったけど…
    尻すぼまりというか、続きがある事前提の終わり方
    というか、ちょっとすっきりしないっていうか(笑)

  • 2014/4/9

  • そういうことやったんかー!!
    佐伯家の謎解けたり。

全289件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

文庫版 塗仏の宴 宴の始末 (講談社文庫)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする