文庫版 塗仏の宴 宴の始末 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (396)
  • (464)
  • (1021)
  • (36)
  • (4)
本棚登録 : 4021
レビュー : 285
  • Amazon.co.jp ・本 (1088ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062738590

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • はああ、楽しかった。
    二周目でやっと全体像がぼんやり掴めた気がする。厚みに圧倒されて尻込みしてたけど、やっぱり読み始めるとするするいく。時間かかるわりに飽きなくて、どうなるのかな?と思ってるうちに支度が終わり、始末も終わる。

    後半の盛り上がりがやはりすごい。真っ暗な韮山山中を一心不乱に登っていく異形の集団。まさに百鬼夜行。それだけでどきどきする。

    一周目もそうだったけど、尾国さんがどうにも悲しくて……仕事で出会った人に情が湧いて匿って、あまつさえ復讐の真似事までして、本当に寂しかったんだろうなと思う。華仙姑を勝たせるためにそりゃあ悪いことしてるしね、可哀想と擁護しすぎるのもいけないんだろうけれど。

    ところで兵吉君はどうなったの?とか加藤さんちは大丈夫?とか山を降りることになった村上一族は?とかその後が気になる点もちらほら。陰摩羅鬼とかで触れられてたっけか?そっちも読んでみようかな…

  •  やっと読み終わった…。今回は中々に曲者だった。今までの事件を振り返るようにオールスター感謝祭と言わんばかりに人が出てくるし、新しく出てくる人も本当に多かった。脳味噌が飽和状態になりそうだった。京極堂、今回はやりずらそうだったなー。因縁対決、的な感じで。
     京極堂シリーズを読むと、もう一回大学行けるなら、民俗学もやってみたいな、とか、妖怪学も良いかもしれない、と思ったりする。つくづく、お金にならないことが好きなのだと思う。

     榎木津礼次郎が激しく好きなんだけれど、何だかんだで、榎さん、良いとこあるな。そんなことを言ったら、何を言ってるんだ君は!とか言われそうだけど。探偵の裁量は絶対らしいので(笑)

     弁当箱並の本を持ち歩くってのもしんどいな。しかし、京極堂シリーズなら、そう簡単に読み終わっちゃう心配がないのである。

  • さながらそれは、モリアーティ教授のように、彼は《ゲーム》を心から愉しんでいる。

    塗仏、宴の始末。前巻宴の支度では逮捕された関口の被害者が明るみに出され、終わってしまった。
    そして始末をするべく焦点があたったのは、村上貫一と名乗る下田署の刑事。飛躍した物語は、彼の家庭環境の苦悩から始まる。
    隠された秘密、隠された村、隠された方法、隠された目的とまあ、混乱させるような事象が立て続けに起こった前巻につづいて、宴の始末ではさらにそれらがてんわやんわに絡まっていく。
    それでこそ、さなかの祭りのように。
    ワッショイワッショイと騒いでみんな浮足立っている。まさにその真っ只中から、収束までを描いた「始末」でした。

    ほとほと感心してしまうのが、常人を遥かに超えた記憶量だ。追いつかない。というか、辛うじておぼろげ程度にしか記憶にとどめられない私のキャパシティゆえだが、これは、シリーズ一巻にあたる「うぶめ」から「じょろうぐも」まで登場人物を、せめて主要人物だけでも網羅していないと少しわかりにくい。というか、わからない自分が口惜しい。

    さんざん広がった大風呂敷の中心には、中禅寺がひっそり立っていた。
    そもそもこのシリーズこそ、関口君が頑張ってはくれているがいつも始末をつけ終わりを作るのは中禅寺だ。
    京極堂が、堂島に背中をつつかれて矢面に立たされて、「私が主人公だッ!」と言わされているような巻、とも言えるかもしれない。

    それゆえなのか、関口君の影の薄さよ。本当に彼は傍観者であり、巻き込まれる側で、中心にはなれない人なのだというということがわかって、不幸でならない。
    波の中心が起こした大きな揺れよりも、とても弱くて儚い水面のそよぎに負けてしまっている彼は、無事なのか、いや、無事なんだろう。だって榎木津探偵も京極堂も、始めっから壊れているものが壊れようがないだなんて、なんて頼もしいことを言ってくれていたのだから。



    ひとつの家族を中心に多くの人を巻き込んで散々に壊して散り散りにして行われたあるひとつの《遊戯》。それを見てある男はほくそ笑む。
    射竦めるような眼、小豆色の羽織を被ったこの人は、観客で終わらせるつもりだったが主役となる全ての覚悟を決めた中禅寺と対峙する。

    種明かしの部分はあまりにもあっけなくて、これまでの長さと比べたらとてつもなくあっさりとして味気のないようにすら感じた。催眠も、言霊も、これまで散々練りに練って説明してくれたものは、たった一度シーンとして表出されてしまえば、あまりに歴然とした事実として横たえられて、それだけで理解できてしまう。

    全ては嘘だったのだと。
    幻だと。
    夢だったのだと。

    その簡潔さは、まるで記憶の上を揺らぐ船のような意識を、「不思議だ」と言い切って認めてしまったことのよう。日常の中で当たり前に安置されていると勘違いしている家族のよう。

    あまりに滑稽で単純明快な事柄にしてしまう。

    けれどその結末だけではなく、それまでの盛り上がりこそが祭りなのだ。
    夏祭りなんかも、全ての花火が打ち上がった後ほど味気なくそそくさと、これまでのことは全て嘘だと言いたげなよそよそしさはないだろう。
    あれほど多くの人が声をあげて喜んだものも、言ってしまえば物が燃えているだけなのだ。
    毎日見ている火や光となんら変わらないのだ。
    けれど、それに気付く前の高揚感、騒がしさ。その全てが、同じ根っこが枝分かれして毛先が一緒になった塗仏が作り出した「宴」に他ならない。
     

  •  家族に対して常日頃から不平不満を抱いている人に読んで欲しい作品。
     詳細をここでたらたらと書いても意味はないのでしないが、この作品にはいくつもの物語の骨があり、その中に家族の崩壊と再生という骨がある。
     家族というモノは主観的に観れば不思議でもおかしいことでもなんでもない。だが客観的視点で観ると、実は歪で異常なモノであり、かつそれが正常である。ただそう認識していないだけであり、おかしい、と認識した途端に溜まっていた不平不満が爆発し、家族は崩壊する。

     人間誰しも家族に不平不満を抱いている。ソレを自認しつつ上手に解消する術を身につけることが、良き家族関係を築き続ける方法なのだ、とこの作品を読んで私は思った。

     今も、家族に対しよくない感情が強くなったり疑問を抱いたりしたときは、これを読んで、そのような気持ちを抱くのは当たり前である、と再確認することで自制を保っている。

  •  もう何度も何度も読みました。関口くんが大好きになるきっかけになった作品です。
     読了したときの率直の感想は「疲れた・・・。」です。
     とにかく疲れました。楽しかったですが、ぐったりです。 関口くんのことが心配でしたが、思ったよりいつも通りな感じがしました。細かな内容をかなり忘れていたので、面白かったです。
     茜さん、殺されたのは哀れだとは思いました。でも、それでも、前作を読んでいたからどうしても嫌だなこの人、と思ってしまいました。
     それにしても相変わらすこの作品の登場人物は魅力的な人ばかりです。十人十色という言葉のとおり、人の考え方はさまざまで、自分にとってなんでもないことが人にとっては違っていることがある。京極堂の話を聞くたびにそれを尊重することの大切さを認識します。

  •  動きたくても動けない京極堂とか、それを唆す榎木津とか、独自の方法で進んでいく木場さんとか、何も言わないでも枝分かれして一本の毛先に向かっているのが大変ぐっときた。
     関口君が壊れないことを祈るしかないって言う京極堂がいじらしい。あと京極堂がよく怒っていたのでそれもなんだか思い浮かべる度に胸がいっぱいになる。
     覚悟を決めて啖呵を切る様子はとても格好良かったし、ただ突き出すのでなく本人に納得させたのは彼らしく上手いやり方だなあと思った。
     京極堂にだって嫌なことはあるし嫌いな奴はいるんだ。始末が済んでとりあえずよかった。
     関口君と京極堂がじゃれあってる様子をまた見たい。

  • だいぶ昔に読みました。
    のめりこみ上下巻合わせて2日で読んだ記憶があるので
    内容は覚えてませんが面白かったです。

  • いやはや「すごい」の一言です。
    合計2000ページ近くあるし、登場人物も多いから大変です。おかげで1ヶ月近く、宴に参加できました。あぁ楽しかった。

  • 読了。

  • いや、すげぇよこれは
    やっと薄くなったかと思いきや、分冊で実際は増量というね
    それに値する内容ですな

    人を操る方法のリアリティとかはまぁこのシリーズにとっては許容範囲

    そういえば、木場がこの後もシリーズで登場するけど
    アンフェアじゃねぇのかなぁ?

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

文庫版 塗仏の宴 宴の始末 (講談社文庫)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする