十津川警部 愛と死の伝説(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062738699

作品紹介・あらすじ

能登の古墳で若い女性の惨殺死体が発見された。「伝説のために、人が殺される」謎の女から電話があった直後、今度は青森の湖に死体が浮かぶ。事件の鍵はかつて日本中を震撼させた「竹内文献」に。モーゼ、キリスト、天の浮船まで登場する超古代文書が新たな悲劇を招く。かつてない壮大な事件に十津川が挑んだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 竹内文献というものがあるらしい。
    コンピュータゲームの会社の社長と秘書が,関係する場所に行く度に人が死ぬ。

    東京での殺人事件の関係で十津川警部も捜査に乗り出す。

    改造拳銃を所持する秘書。
    怪しさ満載のもと下に続く。

全1件中 1 - 1件を表示

十津川警部 愛と死の伝説(上) (講談社文庫)のその他の作品

西村京太郎の作品

十津川警部 愛と死の伝説(上) (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする