あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.62
  • (23)
  • (38)
  • (63)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 387
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062738859

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【声の要素】
    (1)声の大きさ、(2)声の高さ、(3)声の速さ、(4)声の間、(5)声の音色
    声を出す時は、「首、肩、胸などに緊張がないこと」、「おなか(丹田)で声を支えていること」、「声が前に出ていること(きちんと対象の個人や集団に声のベクトルが向いていること)」
    胸、ノド、唇、鼻、頭の5つを共鳴の場所として使う。
    【言葉のヒント、3つの輪】
    「第一の輪」自分に対してだけ話しかけている状態
    「第二の輪」相手に話しかけている状態
    「第三の輪」みんなに話しかけている状態
    上記の輪と状況がずれると不自然さを感じる。例えばファーストフードの店員がマニュアル通りの言葉を話している時は相手に話しかけているようで、実は第一や第三の輪で話しかけているので違和感を感じるのである。
    この辺り、平田オリザ氏の「マイクロスリップの欠如が機械的な言動に聴こえる」というのとは若干違った視点で興味深かった。

  • 古本市で購入。

  • 【本の内容】
    「顔」や「髪型」「服装」と同じように、どうして、自分の「声」や「体」「感情」「言葉」に気を遣わないんだろう?

    普段あまり関心をもたなかったモノを見詰め直せば、魅力的なひとになれる。

    20年以上、演出家として役者たちを間近で育ててきた著者が、自己プロデュース術を大公開。

    「新しい自分」を発見できる一冊。

    [ 目次 ]
    1 感情のヒント(感情は伝わる;感情は変わる ほか)
    2 声のヒント(声の要素;声の大きさ ほか)
    3 体のヒント(体の二つの方向;「体の外側へ」を意識する ほか)
    4 言葉のヒント(三つの輪;三つの輪の言葉 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 先輩に勧められた本。

  • ことばのヒントよかったなー

  • 感情を表現するコツが親切丁寧に書かれている。俳優を目指すひと必見。

  • 輪の話は、僕にとっては目から鱗でした。

  • 感情のこと、声のこと、体のこと、ことばのこと。
    どれも本質的なことを、分かりやすく伝えています。
    こういうことを、分かりやすく書ける鴻上さんは、すごいです。
    とても参考になりました。

  • 鴻上さんの本は、とても参考になります。

  • 演出家が教える日常で使える表現アップ方法術。
    自分自身が眠っている能力を少しかえることで魅力的に演出できるようになるということを「声」「体」「表情」等の切り口から説明される。

    ・声「大きさ」、「高さ」
    声の大きさというところは
    周りにいる人ですごく聞きやすいと思うのは声の高さが重要になっていると再認識できる。
    コンサルタントや研修講師でも聞きやすいと思うのは、大きさもさながら、高さも大きな要因の一つである。
    自分の声のトーン、高さも時と場合により合わせていけたらいいと思える。

    ・話のベクトル
    話すベクトルも重要である。
    もし、相手が期待する内容でなく、当たり前だが違うベクトルであれば、
    会話自体も成立しない。
    相互にベクトルも抑える必要がある。

    ・3つの輪
     ・第一の輪 自分に話しかける
     ・第二の輪 相手に話しかける
     ・第三の輪 みんなに話しかける

    そもそも自分が今、誰に話しているのかが重要であるとのこと。それを認識することで、相手にもより伝わるとのこと。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年愛媛県生まれ。早稲田大学法学部卒業。在学中に劇団「第三舞台」を結成、以降、作・演出を手がける。1987年『朝日のような夕日をつれて’87』で紀伊國屋演劇賞、1992年『天使は瞳を閉じて』でゴールデン・アロー賞、1994年『スナフキンの手紙』で第39回岸田國士戯曲賞、2009年「虚構の劇団」旗揚げ三部作『グローブ・ジャングル』で読売文学賞戯曲賞を受賞する。2001年、劇団「第三舞台」は2011年に第三舞台封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』
を上演。桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授。現在は「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に活動。また、演劇公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、脚本家としても幅広く活動。近著に、『朝日のような夕日をつれて[21世紀版]』『ベター・ハーフ』『イントレランスの祭/ホーボーズ・ソング』(以上、論創社)、『ロンドン・デイズ』(小学館文庫)、『青空に飛ぶ』(講談社)、『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』 (講談社現代新書) など。

「2018年 『サバイバーズ・ギルト&シェイム-もうひとつの地球の歩き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント (講談社文庫)のその他の作品

鴻上尚史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
綿矢 りさ
スペンサー ジョ...
宮部 みゆき
東野 圭吾
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする