寿司屋のかみさん、エッセイストになる (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.18
  • (0)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062739313

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書録「寿司屋のかみさん、エッセイストになる」3

    著者 佐川芳枝
    出版 講談社

    P64より引用
    “「そこそこかれる人はたくさんいるんです。だけどそれを続け
    られる人は少ないんですよ。なぜなら他に楽しいことがたくさん
    あるから。続けるのも才能のうちなんですけどね」”

     銀行員を経て寿司屋に嫁いだ著者による、初の著作が出るまで
    の出来事を綴った一冊。
     雑誌への投稿を始めた頃から出版後の変化についてまで、柔ら
    かな文章で書かれています。

     上記の引用は、編集者の一言。
    やめてしまわなければ、したことがドンドンと有形無形に関わら
    ず積もっていくので、いつか自分の為に役立つのではないでしょ
    うか。
     寿司屋ならではのエピソードを知ることが出来るので、普段知
    ることのできない世界を覗けて、良い一冊です。

    ーーーーー

  • お寿司屋さんのおかみさんがエッセイストになるまでのお話を、テンポ良く、お寿司のお話もはさみながら美味しく綴ったエッセイ。来店した意外なお客様のお話から、おかみさんが受け取ったエッセイストになってからの原稿料など、驚くほど詳細に書かれているのに、小気味よさとテンポの良さですんなりと嫌味なく読めて2度美味しい。お寿司が大好きな人は必見。お寿司が食べたくなります。本書を読んで実際に東中野の名登利寿司に行きましたが、本当に素朴なご夫婦でした。ちなみにやっぱり美味しいから頼んじゃう「あ行のお寿司」と「月見いわし」本当に美味しかったです❤

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

東京都生まれ。『寿司屋の小太郎』(ポプラ社)で第13回椋鳩十児童文学賞を受賞。作品は他に、「ゆうれい回転ずし」シリーズ『ぼくはすし屋の三代目』(以上、講談社)などがある。エッセイ作品として『すし屋のかみさん 二代目入店』(講談社文庫)などがある。東京・東中野の「名登利寿司」の女将でもある。

寿司屋のかみさん、エッセイストになる (講談社文庫)のその他の作品

佐川芳枝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする