黒い仏 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
2.97
  • (22)
  • (46)
  • (169)
  • (55)
  • (23)
本棚登録 : 636
レビュー : 95
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062739368

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここで気を落とさず、次いってみよう。
    ミステリなんて思わず読めば面白いよっ。
    名探偵の助手初登場の巻。私は彼結構好きです。最後のしめかたも好きです(ドキドキわくわく感)。

  • それはありなのか。

  • …驚くのですが。

  • 石動戯作の名刺がほしいと思ってしまった自分。。いや、別にどうするということもないのですが。

  • 2005.01.07購入。まあ、この作品についていけるかどうかはシャマランの映画を許せるかどうかと同じくらいの難題だ。本格系が好きな人には耐えられないのでは。わたしは、なんだよ、そういう話かよ!って突っ込みたくなった。探偵が、ある金持ちに依頼されて宝を探しに行くのだが、それとは全く関係のないところで、いろいろとどろどろしたことが起こって、なおかつ主人公の探偵はそれを知らないまま話が進む訳です。はあ。

  • 京極夏彦氏の『うぶめの夏』は、「アンフェアだ」と云われているが、内容は非常に興味深く、読み物としてきちんと成立している。
    それに対してこの『黒い仏』は、駄作としか云いようがない。思いつきで書いたのではなかろうか。文章は兎も角、内容は小学生が書きそうな酷いレベルだ。ミステリとしても読み物としても価値のない物ではないだろうか。
    「ガチガチのミステリ・ファンは読むな」等と、この作品を言い訳がましく云う人間も出てくるのだろうが、読み物として読んだとしてもつまらないのだから、そりゃ文句も言われるわ。フェアだろうがアンフェアだろうがどちらでも良い。無料の本ならばこれでも良いが、金を取っているのだからちゃんと書けよ・・・と思ってしまった。
    作者は兎も角、編集者はこれをボツにして書き直させるべきだったと思う。
    値段を変えて、100円ショップにでも陳列してください。

全95件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

1964年、福井県生まれ。名古屋大学理学部中退。1999年、『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『美濃牛』『黒い仏』『鏡の中は日曜日』『キマイラの新しい城』(いずれも講談社文庫)がある。 2013年2月、逝去。

「2016年 『子どもの王様』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒い仏 (講談社文庫)のその他の作品

殊能将之の作品

ツイートする