新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.59
  • (133)
  • (152)
  • (291)
  • (28)
  • (12)
本棚登録 : 1820
レビュー : 172
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062739955

作品紹介・あらすじ

昭和29年の洞爺丸沈没事故で両親を失った蒼司・紅司兄弟、従弟の藍司らのいる氷沼家に、さらなる不幸が襲う。密室状態の風呂場で紅司が死んだのだ。そして叔父の橙二郎もガスで絶命-殺人、事故?駆け出し歌手・奈々村久生らの推理合戦が始まった。「推理小説史上の大傑作」が大きい活字で読みやすく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上巻までは、かなりミステリをしてるなといった印象。
    古典的な作品たちが多く言及され、それだけで楽しく、多重解決のような推理合戦も好みの展開であった。
    しかし本作はアンチミステリの代表的作品。下巻ではこれがどう変わっていくのだろう。

  • 印象的な表題は『風立ちぬ』と同様、フランスの詩人/批評家であるポール・ヴァレリーの詩篇から。三大奇書のうち他の二冊が1930年代に出版されているのに対して、本書だけは60年代と時代に開きがあるのは意外だった。作品内でも同じく三大奇書である『黒死館殺人事件』やノックスの探偵小説十戒、他の有名な推理小説への言及が幾度となく登場してくるのは本書をこうした推理小説の系譜へ位置づけようとする確信犯的行為なのだろう。鼻につく推理合戦も含め上巻を読んだ限りでは典型的なミステリの枠内に収まっているが、さて下巻ではいかに。

  • 前回に読んだ時は上巻で「訳がわからない!!」と投げてしまったが、今回は読むことができた。

    上巻では、まだ「耽美小説」で「奇書」でしかない。
    下巻の最後まで読む終えると、まるで磨き終えた宝石のように価値をもつ、稀な小説だと、今しみじみと思っている。

    それにしても読み終わると「牟礼田め・・・」と思ってしまうのは、私が「とある登場人物」のファンだからなのか。アイツ良い思いしすぎだろう。

    • ダイコン読者さん
      花丸たくさんありがとうございますkumakuma10さん!(お名前、かわいいですね。テディベアに囲まれた気分になります^^*)

      そうなんで...
      花丸たくさんありがとうございますkumakuma10さん!(お名前、かわいいですね。テディベアに囲まれた気分になります^^*)

      そうなんですよ~牟礼田め!まさか牟礼田の文句を書いてくださる方がいらっしゃるとは(感涙)

      最後まで読んで、私はすっかり蒼司さんファンになってしまいましてね。牟礼田ときたら久生さんの婚約者という美味しい立ち位置で、その上蒼司さんの親友ポジションまで最後まで持っていきよって・・・読者にはkumakuma10さんの仰るとおり「思わせぶり」なヒントばっかり置いていくしorz もう何なのアイツ。
      うらやましいです←
      2012/06/27
    • ダイコン読者さん
      わ~///こちらこそ、よろしくお願いします*
      まさかの牟礼田のグチ同盟(笑)こういう素敵な交流ができるから、ブクログって面白いですね。

      藍...
      わ~///こちらこそ、よろしくお願いします*
      まさかの牟礼田のグチ同盟(笑)こういう素敵な交流ができるから、ブクログって面白いですね。

      藍ちゃん可愛いですよね~終盤まで「いつ殺されてしまうのか;」とハラハラしていたのですが(^^;)恋人さんとも上手くいきそうで、希望があって本当に良かったなあと。

      「下巻、眠りながら泣いてたシーンできゅんときて」
      きますよね!なんて可愛いんだ、蒼司さん。男性なのに。何より潔癖で理想家なところが好きです。

      理想家といえば三島由紀夫だなあと、kumakuma10さんの感想を拝読して改めて思いました。ああいう人、私も憧れます。命を投げ打てるほど狂気なくらい純粋に、理想に生きた人。
      作者の中井英夫と同じく、人間として生きるには大変だっただろうと。同じ世にいたことは嬉しいけれど、もっと綺麗な世界に生まれてほしかった(涙)

      ―――牟礼田さん以外ならたいていは^ ^;
      で す よ ね 。探せばまだまだいるのでは、牟礼田さんをグチりたい人(笑)探しておきますw
      2012/06/29
  • 1964年(昭和39年)。三大奇書、第三弾。
    中井英夫の代表作。小栗虫太郎「黒死館殺人事件」、夢野久作「ドグラ・マグラ」と共に、本邦ミステリの三大奇書と呼ばれている。推理小説であることを拒否するという意味で、アンチ・ミステリ(反推理小説)とも呼ばれているが、三大奇書の中では文体も内容も一番とっつきやすく、普通に推理小説として読み進められる作品である。

    かつて宝石商として栄えた氷沼家で、立て続けに不幸が起きる。すべて病死や事故死として処理されてしまったが、本当にそうだろうか? ミステリマニアの素人探偵たちが推理合戦を繰り広げる一方、事態はいっそう複雑な様相を呈してきて…。

    トリックも面白いが、犯人の動機がとても印象的。この作品の発表から既に約半世紀たっているが、それでもなお読者の胸にグサリと刺さる、耳の痛い告発である。日航飛行機墜落事故、薬害エイズ事件、福島第一原発事故…。犯人が嘆いた虚無の時代は、今日まで連綿と続いている。

    スパイスの効いたトリッキーな作品。「ブラックユーモアですよ」とおどけて、あくまでミステリの枠から出ようとしない所が、何とも憎い。

  • 随分人を食った話だけれども奇書というほどでもない、普通に面白い小説だった。時事ネタが多くて好き。

  • 三大奇書の一つ。
    密室殺人、推理合戦と、推理小説の王道を踏まえながらも、探偵たちの推理を否定するアンチ・ミステリーの傑作です。
    (情報通信系ライフエンジニアリングコース M1)

  • ミステリの体裁を取りながらのアンチ・ミステリという意味がよくわかった。
    いくつもの(空論の)トリックや背景が語られ、それら1つ1つが普通のミステリならば十分に最終解となりうるレベルとなっていながらその全てが裏切られて終わるという結末。
    全体を通して幻想小説といってもよい。

    ただ、推理小説に求める所謂「解き明かした」という快感は得られない。
    読んでいて常に謎めいてモヤモヤしている感があるが、先を読み続けたいと思わせる筆力もあって「奇書」と呼ばれるのだろう。

  • ミステリー成立の条件に対して懐疑を挟むことで、アンチミステリーになっている作品であると理解しました。
    ミステリとは死者が生じ、事件となり、探偵が介入し、読者が楽しむという体裁をとる。しかしこのアンチミステリは逆に、娯楽を求める読者がいるから推理(合戦)があり、事件や死者があることを主張する。読者の視線と欲望を作中に登場させ、全体として入れ子構造の作品となった。また、戦争による膨大な死に慣れてしまい、洞爺湖事故などをはじめ戦後の大小の事件事故に対し、人々の感性が麻痺しているのではないかという危機意識を読み取ることもできる。

  • 三大奇書の類いを読んだことがないなと思い手に取ってみました。
    まずは一番読みやすそうなこの本から。
    殺人事件が起きて、探偵役に立候補したもの、または巻き込まれたものが推理合戦を繰り広げる今巻。
    時代を感じさせる古めかしく何処か洒落た雰囲気がたっぷりで大変楽しく読めました。登場人物のキャラクターが濃いです。色々推理を披露しますが、結局はまだまだ結論は出ておらず。みんな楽しそうに自分の案を口にします。
    連続殺人(?)にも関わらず人が死んで楽しんでるなあ、楽しそうだなあと思いました。
    上巻最後の殺人のほうが無意味な死ではない的な台詞に、ん?と思いつつ、では犯人は?トリックは?と不思議が増すばかりです。
    これでムレタが上巻最後で言った、いっそ殺人の方が意味がある死だみたいなことが伏線で、探偵役たちの推理は全部無意味で連続殺人事件はただの事故や病死だったみたいなオチだったらどうしようかなと思い始めました。どうなるのかな。
    ここまでは普通のミステリーといった感じなので、何をもって奇書というのかは下巻かなと思うので楽しみです。

  •  この上巻では、氷沼家の次男・紅司と叔父の橙二郎が密室で死亡します。
     その真相について、奈々村久生・光田亜利夫・氷沼藍司・藤木田誠の4人が推理合戦を展開。
     ミステリ・ファンとしては楽しい展開ですが、実際に被害者になった人やその関係者からすると、とんでもないことでしょうね。
     しかしこの4人の四通りの推理、どれももっともらしい。
     同じ事件でもこんな風に色々と解釈できるのかと興味深い。
    (ネット上では、馬鹿げた推理と書いてるミステリ上級者もいます。私は初心者なので、何を読んでもすごいと思うレベルです。)
        
     それで、ミステリマニアの藤木田翁の退場と入れ替わりに登場したのが、奈々村久生の婚約者・牟礼田俊夫。
     世界を駆け回る敏腕記者ということですが、あまりイメージ湧きません。
     この牟礼田俊夫が残る3人の探偵役を集めて、いよいよ真相が判明か……と思ったら、意外な展開に。
     牟礼田俊夫氏は思わせぶりなことを言いながら、結局は何事も言っていないのです。
     他の人の推理を上から目線でダメ出しして、全員間違っていたとは判明するのですが、では真相はといえば、何も明らかにされていない。
     聖母の園事件で焼死体が一つ多かった件についても、氷沼家と縁故のあるお年寄りでもう一人犠牲者がいて、誰か考えれば分かるはずだと言いながら明かさないし。
     思わせぶり・知ったかぶりはいいけど、ではあなたの推理はどうなんですか、真相はどうなんですか。
     テープに録音しておいたからもう一度聴いたら分かるとか言ってますが、そうなんでしょうか。
     これでは全然納得いきません。
     実は物語は前半が終わったところ。
     後半に続きます。
       http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20161015/p1

全172件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1922~93年。『虚無への供物』『悪魔の骨牌』などの小説で独特の幻想世界を繰り広げた。04年には有栖川有栖、恩田陸、菊地秀行、北村薫、嶽本野ばら各氏ら17人によるオマージュ集『凶鳥の黒影』も刊行。その影響はいまだ衰えることはない。

「2015年 『不思議の国のアリス ミステリー館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)のその他の作品

中井英夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする