運用以前のお金の常識 (講談社の実用BOOK)

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (2)
  • (7)
  • (20)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 91
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062742566

作品紹介・あらすじ

振り込め詐欺や架空請求詐欺にひっかからない法!保険の不払い、こうして防ぐ!一生賃貸VS.持ち家どっちがお得?住宅ローン、借り入れはどのくらいまでOK?病気やケガ、事故…まさかのとき、どうする?子どもの教育費、いくらかかる?年金は何歳からもらうのがお得?…お金を味方につける、必須知識が満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • •電気こまめに消すvsつけっぱなし
    その部屋に5分以上いないのであれば、消した方が電気代はお得。

  • 海外にあって日本に無いもの、それが金融教育である。
    本書では円安・円高の違いや賃貸と持ち家の比較など、身近なトピックを使ってお金にまつわる基礎知識を紹介する。

    暮らしのお金の相場早わかり帳というページでは、友人の結婚祝いの相場や両親の介護費用の平均など、へぇと思わせる箇所がいくつもあった。

    金融に係わる仕事をしているため、最近、お金の基本を学べる書をいくつか読んでいる。
    本書はお金のことを考えるのが苦手、というような方でもわかりやすく学べると思うのでオススメ出来る。

    結婚し、子供が出来たときに改めて読んでみたいとも思った。

  • 相場まとめ。
    ほんとに基本の基本って感じ。
    苦手な人には良いと思う。

  • すべて常識でした。

  • 社会人になったことだし、お金の運用も始めたほうがいいのだろうと思って読んでみた(過去に株とFXで大損したことありますが・・・)。
    まあ、貯金は必須という感じではある。まあ、自分は特につかうこともないので勝手に貯まってますが。
    保険がどういうのにきくかはもっと勉強しといたほうがよさそう。
    確か自分、嫁も子供もいないのに生命保険入ってるんだよなあ。医療保険に数百円プラスするだけでいいからという理由で。その保険内容もあまり把握してない・・・(高くはないのだけど)。

  • 住宅や死亡時のお金に関して勉強になりました。
    知らないこともたくさんありました。

    まずそういう制度、仕組みがあることを知って、
    そういうものを使うときが来たら、
    ネットなどで調べ、役に立てたいと思いました。

    お金の基本知識集って感じですかね。

  • お金に関するちょっとしたことにあ、そうなんだ!って気づけると思います。日本人の「大好きなAとB、どっちが得?」についてもわかりやすく書かれているので、アドバイザー時代、お客さまからの質問に回答するときにも参考にしていました。

  • 「お金とは貯める備える返すものお得な方法を教えます」

  • 何も資産運用の勉強をしていないのなら読まないよりは読んでいたほうが。

  • 一般常識を学ぶために借りました。
    返すまでに再読をしようと思います。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ファイナンシャル・プランナー(CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士)、宅建建物取引主任資格者、千葉商科大学大学院客員教授。

「2014年 『親と子の夢をかなえる! “私立”を目指す家庭の教育資金の育てかた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳澤美由紀の作品

運用以前のお金の常識 (講談社の実用BOOK)を本棚に登録しているひと

ツイートする