新 美肌革命 -大人の女性の「素肌」と「心」の磨き方 (講談社の実用BOOK)

著者 :
  • 講談社
3.54
  • (2)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062742627

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 化粧の時に鏡を見る度に、一番大事なのは素肌の美しさだとつくづく思う。綺麗になりたいけど、雑誌のモデルのような美しさが欲しいんじゃなくて、私らしい美しさが欲しい。それって、どうやって見つければ良いんだろう。そう思った時に、ふと目に入ってきたので読んでみた。
    アースカラーか…それって、私に似合うかな?

    保湿
    日常を送りながらできるプチリセット旅。やってみたいな。金魚坂へ行きたい。

    心に抱えた重いものを整理できたら、自然と肌は美しくなる。
    肌が荒れるのも生きている証拠なんだ。

  • 読んでみました。今更w

    とにかくオイルクレンジングは使うなということと日焼け対策をしっかりしろってことと保湿はがっつりやれってことが書かれていました。
    でも、すすめてる化粧品が高い!w最低ランクでもクラランスって…まあ、読者の層が30代後半~っていうのもあるんだろうけど。
    とりあえずさっそくちふれのコールドクリームにしてみましたw

    一番共感できたのは、「自分で使ってもない化粧品を『これってどうですか?』と聞いてくる人がたくさんいる」というところでした。確かに化粧品って、いくら口コミ良くても合うか合わないかは分かんないもんな~。

    佐伯チズはあんまり関係ないけど、私は日焼け防止のアームカバーとかってすごいダサイ気がする…。日光アレルギーの人もいるとは思うけど。ビジュアル的に使いたくない。
    何か、美への執着って一歩間違うとアレだな~と思った一冊でした。

  • ローションパックは取り入れ済み。

  • 私には早すぎた。
    40歳以上が対象かな。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

美肌師。生活アドバイザー。1943年生まれ。外資系化粧品会社を定年退職後、エステティックサロン「サロン ドール マ・ボーテ」を開業。その後、自身の美容理念と佐伯式美容技術を継承する後進育成の場、「佐伯式美肌塾 チャモロジースクール」を開校。現在も現役エステティシャンとして多くの女性の悩み相談やお手入れを続けている。執筆、講演、メディアなど多方面で活躍中。2017年度から新たに旅のアンバサダーや地方活性化事業への取り組みを開始。
著書には『今日の私がいちばんキレイ』(幻冬舎)、『キレイの躾』(世界文化社)、『佐伯チズ、美の流儀』『願えば、かなう。』(以上、講談社)など多数。著作は累計500万部を超える。『美肌革命』(講談社)は英語、中国語、フランス語、ロシア語、ポーランド語に翻訳され、海外からも注目を集めている。

「2017年 『まけないで 女は立ち上がるたびキレイになる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐伯チズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安野 モヨコ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする