ドゥルーズ (現代思想の冒険者たちSelect)

著者 :
  • 講談社
3.22
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062743617

作品紹介・あらすじ

ノマドロジー-定住することなく草原を自由に駆けめぐる遊牧民のように生きる事は可能だろうか。われわれの日常は、無意識のうちに領土化され、内部化されている。その図式を拒絶する遊牧民の生き方は、それ自身外部性の形式をもち、画一化を迫るさまざまな力と格闘する多様体の論理を有している。ノマドロジーとは狭義の政治にとどまらず、思考や芸術といった営為においても、新たなものを生成し閉塞からの逃走線を描くための有効な武器なのだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いい本です。中級者以上向けということで入門書にはきついと思います。しかしかなり明快……ドゥルーズの多作を丁寧に、特に篠原さんはベルクソンが専門ということでドゥルーズのベルクソン的な方向からかなり記述が濃い著作となっています。ドゥルーズ本としてはかなりとっかかりもよく、体系的なまとめに関してもバランスの良い本でかなり勉強になりました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1950 年香川県生まれ。京都大学文学部哲学科卒業。同大学院文学研究科美学美術史学
専攻博士課程単位取得満期退学。京都大学文学部助手、大阪芸術大学助教授、東京芸
術大学専任講師、京都大学大学院人間・環境学研究科教授などを経て、現在、京都市
立芸術大学客員教授、高松市美術館館長。文学博士。前美学会会長。著書に『漂流思
考─ベルクソン哲学と現代芸術』『ベルクソン─〈あいだ〉の哲学の視点から』『空海
と日本思想』『まず美にたずねよ―風雅モダンへ』など

「2016年 『講座スピリチュアル学 第6巻 スピリチュアリティと芸術・芸能』 で使われていた紹介文から引用しています。」

篠原資明の作品

ツイートする
×