ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (3145)
  • (3877)
  • (6513)
  • (927)
  • (322)
本棚登録 : 36579
レビュー : 2892
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062748681

作品紹介・あらすじ

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、もうすぐ二十歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み直しです。

  • 村上春樹デビュー
    一気に読んじゃった。

  • 恋愛小説のようで恋愛小説でないような不思議な感じの小説。殆どの登場人物が心に闇を抱える事で、普通の人生や恋愛感覚がずれてしまったのかもしれない。冒頭の感じだと最後は悲しい終わり方っぽい…

  • 糸が複雑に絡み、解けていくのが恋愛なのかなと思う。
    お子様恋愛中だけど、その人を深く知る努力が圧倒時足りていないと思った。それぞれの汚い部分を隠しながら付き合っていくことに意味があるのか。結婚を世間が求めるからしょうがなく、という一面もある。

  • リアルに恋愛について考えさせられる恋愛小説
    体と心のバランスが取れた綺麗なナオコとワタナベとキズキの3人と、ナオコとワタナベとミドリの3人の話だと思う
    登場人物の日常会話も深くて軽やかなのが好み

  • 「時の洗礼」という言葉に共感しました。

  • しっとりと湿度があって、すーっと染み込んでくるみたいに読みやすい。
    過去に繋がるものを断って新しい生活を始めること、人がみな幸せそうに見えること、新しいことを知るのは楽しいこと。青年期の葛藤やまだ定まっていない危うげな価値観や伸び代みたいなものが感じられる。
    たとえその関係が閉鎖的であっても、人間関係を形成する立派な社会であると思う。

  • 彼の文章はとてもすき
    たしかに英訳したら人気が出そうな感じはする

  • 村上春樹好きだ

  • 高校〜大学ぐらいの繊細な心理と、それが壊れていくような切なさを感じた。
    どこか気怠いような空気感に満ちた作品だと思う。

全2892件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月7日発売の『文学界』で短編小説を2作掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)のその他の作品

ノルウェイの森(上) 単行本 ノルウェイの森(上) 村上春樹
ノルウェイの森 (上) (講談社文庫) ペーパーバック ノルウェイの森 (上) (講談社文庫) 村上春樹

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする