ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (3145)
  • (3877)
  • (6513)
  • (927)
  • (322)
本棚登録 : 36579
レビュー : 2892
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062748681

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やれやれ、僕は射精した。射精して段落終わる小説ってこれくらい?女性のこと考えないセックスって気持ち悪い。これを読んで素晴らしいって感受性のある方々は自分で村上春樹が好きなことをお洒落だと勘違いしてるんじゃない?その程度のセンスよ。下巻も含め都合よく抱ける女性が現れる夢物語と評価いたします。

    • ayaさん
      「お洒落だと勘違いしてるんじゃない?」

      これ学生時代のお話
      教室で机に赤と緑の本を重ねてるだけで「私ってハルキニストオシャレよ」っ...
      「お洒落だと勘違いしてるんじゃない?」

      これ学生時代のお話
      教室で机に赤と緑の本を重ねてるだけで「私ってハルキニストオシャレよ」って醸し出してるお友達がいて気持ち悪かったから

      快楽と喪失
      それを表現するのに巧みに比喩していることは認めるわ

      どうなるんだろ?って読み進めようと思っても上巻から最終的には誰も幸せになれないような永沢先輩だけが常にやりまくって結婚しても治らないでしょうけど、主人公は幸せになれないだろうって。。。

      でもどこかで幸せになるんじゃないかって
      希望は持ってもいいかも、希望だけはね

      時は流れても村上作品の男は都合よく女性と寝れるからいいわね

      男が快楽で気持ち良くなれば戦争はおこらないと思う
      ある意味でノーベル平和文学賞を私からあげるわ

      一般って定義は曖昧だけど
      これを最後まで読んで、胸につっかえがあったり、快く思えないって普通だと思うもの、それはストーリーで

      作品を素晴らしいっていう人は気持ち悪いストーリーであっても言葉や表現を認めているんでしょうね

      ハルキニストだといいう人には変態しか出会ったことないけど。。。特に女性で
      2014/04/22
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「教室で机に赤と緑の本を」
      、、、私の知り合いの間では悪評でした。クリスマスにしか読めないと。。。
      「教室で机に赤と緑の本を」
      、、、私の知り合いの間では悪評でした。クリスマスにしか読めないと。。。
      2014/04/23
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「言葉や表現を認めているんでしょうね」
      そうですね、文中の比喩を、どう言う意味なんだろうってボ~っと考えたりします。
      それから、日本では...
      「言葉や表現を認めているんでしょうね」
      そうですね、文中の比喩を、どう言う意味なんだろうってボ~っと考えたりします。
      それから、日本では、いつの頃からか過熱気味になっているので、少し間をおいてから読むのです(文庫化するまで待ってます)。
      それから、興味深いコトに日本以外での反応も良くて驚いているのですが、何が彼等を惹きつけるのか知りたいと思っています。
      2014/04/25
  • 奥さんが貸してくれた本。
    これまで全く食指を動かされなかった村上春樹。
    ちっとも読んだことないのに言うのはよくないけど相性いい気がしない予感をもっていたのですが的中です。
    これだけ世界中で賞賛されているのだから何かしらいいところはあるのでしょう。そのいいところを私の感性が受け付けないだけで。
    女の人がみんな不自然すぎてどうにもこうにも。それともあの時代の女の人はみんなあんなエキセントリックな様子が常識だったわけですか?
    風景の描写は美しいな、と思えました。が、それはそれだけだなあ…というのが正直なところ。

  • 脱力系主人公が勝手に寄ってくる女の子達にちやほやされ、悩むお話。全く共感できず。

  • 肌に合わない。

  • 何が面白いのか謎

  • だって嫌いなんだもん

  • 2015/3/26

  • もやもやに苦悩する

  • この本もそうだがやはり村上春樹の本は面白さが感じられない。下巻は少しは面白いといいのだが...。

  • 初村上作品です。上巻だけ読んでると性描写が多い、言い回しが独特、だけ感じました。いろんな曲名、本のタイトルが出てきて彼の教養の高さもうかがえました。なんで彼はたくさんのファンに好かれてるんだろうと考えながら読んでました。下巻のレビューをこれから書きます。

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月7日発売の『文学界』で短編小説を2作掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)のその他の作品

ノルウェイの森(上) 単行本 ノルウェイの森(上) 村上春樹
ノルウェイの森 (上) (講談社文庫) ペーパーバック ノルウェイの森 (上) (講談社文庫) 村上春樹

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする