ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (3145)
  • (3876)
  • (6513)
  • (927)
  • (322)
本棚登録 : 36577
レビュー : 2892
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062748681

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分にとってかけがえのない直子は、京都の山奥の精神病院へ・・・
    二人のやりとりや、まわりの人物にもあまり魅力を感じない。

    下巻でどのようにまとめるのか気になる。

  • 村上春樹はこの一冊しか読んでいないけど、あまり好きになれないと思った。男性のエゴのかたまり。なんとなく読んでいてイライラしてしまう。高校校3年生の頃に読んだけど、釈然としなかった覚えあり。

  • 読まず嫌いを直そうと思って読んだ作品。高尚なエロ小説という気がしてならない。

  • 性的な表現が多すぎて、疲れ、上下わたって読むには退屈な気分になってしまった。
    ただ、それぞれの人たちがどんな道を選び歩んでいくのかが気になって、なぜか止めることなく読み進めてしまった。
    結果、最後までなんとなく嫌ーな、それぞれの自己愛みたいなのを感じただけで話が終わってしまった。
    ただ、話の中で永沢さんが言った『労働と努力は違う』という話と、『自分に同情するな』という言葉は印象に残った。

  • 人間の生と性について。 感想は下でまとめて。

  • 村上春樹最高傑作と言われてるけど、これだけは好きになれないんですよね。話自体があまり好きではありません。

    もちろん文章はグイグイと引き込まれるんですけどね。

  • 題名からしてもっと自然的で温かいストーリーなのかと思っていた。映画にもなり期待して読んだがあまり好きではなかった。
    性的描写が多くて滅入る
    登場人物はみんなユニークでやりとりが面白いが
    下ネタを関連付けてるものが多すぎた。

  • すごく凝ってるなって印象。
    でもたまに言葉選びや描写が回りくどく感じた。
    十数年後にまた読んだら違うのかも。

  • 早稲田文学部と、ベロニカは死ぬことにしたと、ティファニーで朝食を、が頭をちらつく

  • 有名だったので読み。
    感想は下巻でまとめて。

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月7日発売の『文学界』で短編小説を2作掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)のその他の作品

ノルウェイの森(上) 単行本 ノルウェイの森(上) 村上春樹
ノルウェイの森 (上) (講談社文庫) ペーパーバック ノルウェイの森 (上) (講談社文庫) 村上春樹

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする