蒼穹の昴(2) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.06
  • (569)
  • (460)
  • (436)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 3431
レビュー : 224
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062748926

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は退屈だったが、後半は春雲が宦官になり、西太后に認められるほどのし上がっていき、文秀と張り合うような地位にまでつくようになり、物語がいっきに加速した。前半はその伏線が張り巡らされているとわかると、先を読みたくなる。

  • 春児の成長が読んでいてワクワクする。
    時代が刻々と動いてきて3巻も楽しみ。

  • 西太后は実はいい人だったんだよ設定ありきな気がする。
    どこかでひとつ世間一般でいわれていることの逆をいうことにより
    物語を旋回していく例だと思う。
    清朝末期。
    日本の第二次世界大戦ぐらい混沌とした雰囲気である。

  • 官吏となり政治の中枢へと進んだ文秀。一方の春児は、宦官として後宮へ仕官する機会を待ちながら、鍛錬の日々を過ごしていた。この時、大清国に君臨していた西太后は、観劇と飽食とに明けくれながらも、人知れず国の行く末を憂えていた。権力を巡る人々の思いは、やがて紫禁城内に守旧派と改革派の対立を呼ぶ。

  • するする〜と2巻も読了。
    ネタバレ否定派なのでアップだけ。

    唯一の不満は憎める悪役がいないこと。
    どの登場人物も憎めない奴なので物語が締まらないよ〜

  • 一般的には物質的に豊かになるほど、不幸になる、というか、不幸であると思うようになる、のではないかと思われ、もちろん中国の全ての富を一手に握ろうと、それは変わらないわけで。そしてもちろん息子はマザコン。などと分かったような事を言ったりするのは、金持ちのくせに不幸だとか言ってるのを見るとイラっとくる貧乏人のひがみなわけで。

  • ちょうど物語の折り返し。清朝後期の歴史上人物が絡み、時代も掴めて俄然面白くなって来た。当時の舞踊・芸術も盛り込まれてやや理解が追い付かないところもあるのだが。

  •  政治力を持った西太后が、こんな小娘の様な精神状態であったとは思えなく、とても空々しい。小説の脇道にそれるが、財政破たんしたなかで、太平天国を収めた曾国藩とその流れをくむ李鴻章が気になってきた。
     自らの運命を自分で切り開く、真っ直ぐで清んだ春児にグングン引っ張られてられている。

  • 白太太が春児のお告げについて文秀に語るところから俄然面白くなってきた。
    西太后も魅力的に思えてきた。
    全然知識がないだけに一体どうなるのか続きが気になります。ただやっぱり名前が難しくて覚えられず読むのに時間がかかってしまった。。

  • 歴史小説として覚悟して読み始めたんですが、なんのことはない「コテコテの浅田次郎」でした。

著者プロフィール

浅田 次郎(あさだ じろう)
1951年、東京都出身。
1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員』で直木三十五賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞を、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第43回大佛次郎賞それぞれ受賞。2015年には紫綬褒章も授与されている。
2018年現在、日本ペンクラブ会長、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞の選考委員を務める。2018年12月15日、『輪違屋糸里』が藤野涼子、溝端淳平、松井玲奈らの出演で映画化。

蒼穹の昴(2) (講談社文庫)のその他の作品

蒼穹の昴(2) (講談社文庫) Kindle版 蒼穹の昴(2) (講談社文庫) 浅田次郎

浅田次郎の作品

ツイートする