蒼穹の昴(2) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.06
  • (569)
  • (460)
  • (436)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 3431
レビュー : 224
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062748926

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 紫禁城内部の話が主になってくるから玲玲と文秀の会話、玲玲の文秀への思いが人間臭くて読むとほっと安心させられる。

  • 宦官として地位を駆けのぼる若き春児。宮廷の宦官が如何なる基準で評価されるのか興味深いところ。
    おさななじみの官吏の文秀とは対立していくのか、次巻が楽しみだ。

  • 同郷で仲の良かった春児と文秀は、それぞれ宦官と官吏という対極の立場に身を置き、更に后派と帝派という2大派閥に分かれてしまいます・・・

    2巻では登場人物が更に増え、誰が実在の人物で誰が架空なのかよくわからないので整理したくなり、ちょっと調べてみたら、楊先生が架空の人物だと知ってびっくり!!しかも思いがけず行く末も知ってしまいショックを受けています・・・あぁ、調べなきゃよかった・・・

  • 物語の舞台は王宮に移り、主人公の二人は違う立場でそれぞれ権力の中枢に近づいていく。
    西太后の描かれかたが新鮮。

  • 二巻目読了。
    春児と文秀の関係性が切ない。
    新たな真実がわかってきた二巻。
    ますます物語に引き込まれる。

  • 官吏となった文秀と、春雲の再開シーンは良いな。
    西太后たちの前で、黒牡丹から教わった技を披露したり、周さんから教わった料理の腕を披露したりして、皆を感心させるところは爽快な気分になった。
    ただ、実は昴の宿命がない春雲らしい。
    それでも、強い意志をもってる春雲の姿に心打たれる。
    今後の権力対立がどう発展していくのか、その中で文秀と春雲が、どう生きていくのか楽しみ。

  • 面白い!春児の成長していく姿は
    読んでてわくわくしたし、
    まさかの展開もあって引き込まれました。
    文秀て春児はこれからどうなっていくのだろう。
    知らない言葉も多いからじっくり読み進めたいのに
    一気読みしてしまいそう。

  • 春児の成り上がっていくのは、読んでいて気持ちいい。黒牡丹とのやり取りは泣ける。
    作中で最も格好良い人間の、李ホン章将軍自身が初めて出てくる。そして、王逸がその下に付いて軍に行く。文秀が一番好きだけど、彼も順桂も、三羽烏は全員大好きだ。

    でもやっぱり、全肯定が気になる。できる限りいい方にいい方に解釈して話しを作っていくし、時々できる限りを超えている気もする。中国に媚売ってんじゃなかろうかとも思ってまう。全員がいい人で好きになれるし、小物も小物なりに好きなんだけれど、小学生に読ませる物語みたいに感じることがたまにある。

  • <u><b>わしは信じたいのじゃよ。この世の中には本当に、日月星辰を動かすことができる人間がいることを。</b></u>

    <span style="color:#cc9966;">官吏となり政治の中枢へと進んだ文秀。一方の春児は、宦官として後宮へ仕官する機会を待ちながら、鍛錬の日々を過ごしていた。この時、大清国に君臨していた西太后は、観劇と飽食とに明けくれながらも、人知れず国の行く末を憂えていた。権力を巡る人々の思いは、やがて紫禁城内に守旧派と改革派の対立を呼ぶ。 </span>

    いやぁ、物語が動き出し、俄然面白くなってきた。中国近代史好きとしても、知っている名前がたくさん出てきて、楽しい。個人的に玲玲の行く末が気になるなぁ。3、4巻持ってないので早く本屋に行って買ってこよう。こういう次の巻を期待したくなる長編小説をたくさん読みたいなぁ。

  • 占い師の告白に「何だって~!!??」
    そういう事もあるのか。。

    主人公がいよいよ後宮入りして、でも
    歴史上は中国は動乱の時代、滅亡なわけで。。

    読み進めるのが怖くもある。。

著者プロフィール

浅田 次郎(あさだ じろう)
1951年、東京都出身。
1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員』で直木三十五賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞を、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第43回大佛次郎賞それぞれ受賞。2015年には紫綬褒章も授与されている。
2018年現在、日本ペンクラブ会長、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞の選考委員を務める。2018年12月15日、『輪違屋糸里』が藤野涼子、溝端淳平、松井玲奈らの出演で映画化。

蒼穹の昴(2) (講談社文庫)のその他の作品

蒼穹の昴(2) (講談社文庫) Kindle版 蒼穹の昴(2) (講談社文庫) 浅田次郎

浅田次郎の作品

ツイートする