ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (1136)
  • (1113)
  • (1858)
  • (84)
  • (17)
本棚登録 : 10485
レビュー : 644
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749046

作品紹介・あらすじ

『羊をめぐる冒険』から四年、激しく雪の降りしきる札幌の街から「僕」の新しい冒険が始まる。奇妙で複雑なダンス・ステップを踏みながら「僕」はその暗く危険な運命の迷路をすり抜けていく。七〇年代の魂の遍歴を辿った著者が八〇年代を舞台に、新たな価値を求めて闇と光の交錯を鮮やかに描きあげた話題作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物語自体が大きな比喩なのだろう。

    分厚いのに、とりつかれたように読み進めてしまう。
    ふいに、台詞が自分に言われているような気がして、どきりとする。

    あと、文化的雪かき。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「とりつかれたように読み進めてしまう」
      リズム感が合ってるのか、どんどん読み進めてしまいますよね。
      村上春樹の短編やエッセイも好きですが、長...
      「とりつかれたように読み進めてしまう」
      リズム感が合ってるのか、どんどん読み進めてしまいますよね。
      村上春樹の短編やエッセイも好きですが、長編は心地良い疲れをもたらして呉れるので別格です。。。

      「1Q84」が文庫になったので、一気に読むつもりなのですが、、、GWに風邪を引いて読まなかった本の後かなぁ~
      この調子だと年末年始になりそう。。。
      2012/05/29
  • 「羊をめぐる冒険」の続編、4年後の”僕”。
    懐かしい音楽とともに70年代から80年代へと時代が変わってゆく。
    羊男との再会の後、ヘンリー・マンシーニの「ムーン・リヴァー」が、僕を現実へと迎えてくれる。

    ドルフィンホテルのフロントの女の子、元ガールフレンドのキキ、不思議な能力を持つ美少女ユキ、映画スターになった中学の同級生五反田君、メイと名乗る高級コールガール、
    何がどう繋がっているのか。新たな冒険が始まる。

  • もう何度めかのダンス。
    私はキキのファンなので、
    彼女がうまくやってるとうれしくなります。
    ユミヨシさんもすきです。
    ダンス・ダンス・ダンスにでてくる女の子はみんな、
    魅力的だとおもう。
    メイもすてき。

    無性に青豆ちゃんに会いたくなっているので、
    つぎは1Q84だな。

  • 踊り続けること。無から有を生み出す小説。世界を愛せるようになる。

  • 好き。

    踊るんだよ、音楽の続く限り。

  • 前作羊をめぐり冒険で死に至った鼠男の死後、主人公は、3年半文化的半端仕事、文化的雪かきを続けら自分を立て直そうともがいていた。理由はわからないが、メイが自分を読んでおり、そのメイを探すことが自分を再構築するためには不可欠だという思いに駆り立てられる。そして、メイに繋がる鍵をさがすためいるかホテルに向かい。そこで再び羊男に会うことに。羊男から、再び世界を繋げるために手助けをするから、君はとにかく踊り続けるんだといわれる。言われたがまま、メイを探すため、関連する情報をたよりにもがく主人公。そして、主人公は、ユキ、メイ、五反田君、ドルフィンホテルの眼鏡っ娘などと繋がることで、なにも宛のない漠然とした手がかりから、メイになんとか辿りつこうとステップを踏み続ける。下巻からは、場面がハワイに移行する。

    本書は、社会に生きがいを見出せないと嘆く人々に対して、どうやって人は生きるべきかを示していると思う。人は時に何故生きるのか、無駄なことをやって何になるのか。など、人生に対して意味を見出そうとし。結局、解答が見出せずに、動きを止め、社会から没落していく。しかし、生きる中で、大事なことは、羊男が言うように、「とにかくきちんとステップを踏み、自分のステップを維持すること。そしてこの流れが僕を次にどこに運んで行くのかを注意深く目を注ぎつづけること。こっちの世界にいつづけること。」なのだ。主人公は、メイを見つけるために歩みを進めるなかで、計らずとも活発に動き、もがき生きている。そして、段々と「うまくいかないこともある。しかし目標があり、試行錯誤があって物事は初めて成し遂げられる。」ということに気がつき始める。本書は読者に、人生に生きがいを見出せない人たちに、主人公の歩み、生き方を参考にするように、メッセージを送っているのではないか?

  • オドルンダヨ。オンガクノツヅクカギリ。

    今まで読んだことのある本の中でもトップクラスに私と相性が良かった。

    まず序盤の何の生産性もない生活。え、これ小説として大丈夫なん?と心配になるレベルで無味乾燥なストーリー。

    そうかと思えばキキを探してホテルの精、ユキ、メイといった魅力的な女性との出会い。性交もします。

    そして羊男との再会も良い展開。

    個人的に好きだったのは五反田君。彼とのやり取りは非常に読んでて気持ちがいい。

    下巻が楽しみです。

  • (上下巻あわせたレビューです)

    いやあ面白かったです。
    これで『風の歌を聴け』からの4部作を全部読んだことになりますが、本作が一番読んでいて楽しかったです。
    著者のデビュー作、第二作あたりは著者が純粋に文学やってますという雰囲気で、自分にとってはやや難解で取っつきにくいところがあったのですが(それはそれで魅力があるというのも一応分かるのですが)、『羊をめぐる冒険』からはストーリーが洗練されて非常に読みやすくなり、本作ではさらにその度合いが強くなっているように感じました。
    本作ではSFチックな設定のもと、ミステリ・恋愛・死・そして少しの社会問題(主にシステムに関わること)を絶妙にブレンドした内容となっており、とても読み応えのあるエンタテイメントに仕上がっていると思います。物語の完成度でいうと『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』の方が上だと思いますが、近年の長編と比べると全然こちらのほうがいいですね。読後感がすっきりしているからというのもあるかもしれません。

  • これまでに読んだ村上春樹作品の中では、ストーリーが追いやすく、面白いと思った。
    これから下巻にいきます。

  • (借りて読んだ本)
    初村上春樹氏で少し構えていた『羊をめぐる冒険』
    で少し馴れたのか口調文体を気にしながらではなく
    純粋に読める。感想は下巻を読んでから。

  • 言葉遊びと言えば聞こえの良い、
    今で言う厨二病が右往左往する話。

  • 羊男がでてきたのがうれしかった。なんだかなごめる。最後、結局どうなったのかわからないまま終わってしまった感じ。また再読しようと思う。

  • 文化的雪かき
    なるほど

  • 文化的雪かき。紀伊国屋の野菜は調教済みなのです。知ってた。素敵な表現。
    村上春樹作品4冊目で、今までのどれとも雰囲気が違くて気に入った。五反田君のイメージが脳内で完全に確定してて五反田君が出てくるとわくわくしてしまうぞ

  • 村上春樹、独自のコトバの使い方になんとなく馴染めなかった。
    コトバで表現するのが難しいけれど、世界観と感情と時代が溶けて混ざりあったような、そんな言い回しがしっくりこない。
    けれど、残り香のように後をひく感じ。
    時間がたっぷりあるときに読もうかなと思える一冊だった。

    ボクはまだ上手く踊れない。
    踊る気になれないな。

    ゆっくり整理していこうと、
    今のボクは感じました。

    そう、本当にゆっくりと。


    下巻へつづく。

  • 文学的雪かきをしながら、
    後悔と孤独を
    埋めようともがくお話。

    そこには何もない。

    だから言葉で埋めようとしている。
    掘り続けるしかない。

    自分しかいない。

    だけど何かは繋がっている。

    だからそこに羊男がいる。
    自分ではない何かが羊男。
    微かな繋がりの糸を示唆する羊男。


    三部作とも何も知らず
    初めて読んだ村上春樹の本。
    学生の頃、静かな図書室で
    その言葉の波に溺れました。
    あの時の感動は忘れられない。

    私の学生時代は
    その時どの春樹の作品を読んでいたかで
    思い出せる。
    もったいなくて
    すぐ他の作品を手にとったりはしなかったけど、
    悩む時ほど春樹の本を読んだ。

    それから今も好きな作家さんです。

  • この中のダンスっていうのは、新宿の人混みを避けながら前に進むときに、ステップを踏んでるような気分になる感覚のことだと思う。
    これ、結構共感される自信あります。

    神の子供の方の踊りとは違う。あっちは、もっと形のない原始的なものな気がする。プライマルスクリーム。

    読書二巡目

  • 気負いを感じる。幾分説教じみているし、くだらない冗談も多い。物語の展開にも無理がある。それでもこれはこれで面白いと思うし、事実一気に読めてしまった。

    ・・・「それで僕はいったいどうすればいいんだろう?」「踊るんだよ」羊男は言った。「音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。おいらの言っていることはわかるかい?踊るんだ。踊り続けるんだ。何故踊るかなんて考えちゃいけない。意味なんてことは考えちゃいけない。意味なんてもともとないんだ。そんなこと考えだしたら足が停まる。・・・だから足を停めちゃいけない。どれだけ馬鹿馬鹿しく思えても、そんなこと気にしちゃいけない。きちんとステップを踏んで踊り続けるんだよ。そして固まってしまったものを少しずつでもいいからほぐしていくんだよ。まだ手遅れになっていないものもあるはずだ。使えるものは全部使うんだよ。ベストを尽くすんだよ。・・・」p182-183

    世の中のしがらみや理不尽さ、おかしみ、喪失感を可能な限り受け止めて、その先の一歩を踏み出すに至るまでのプロセス。いろんな表現の仕方がある。著者はこれを「踊る」と言った。

  •  いったい何回読んだのだろう? 村上春樹の小説の中では、この『ダンス・ダンス・ダンス』が一番多く読み返しているかもしれない。私はこの小説を3パターン持っているが、それぞれに何度か読み返しているので、合計すれば10回は下らないだろう。
     話の筋は知っているのに、それでも毎回読み直すと胸がわくわくしてくる。不思議な世界へと巻き込まれていく「僕」の姿が、何度読んでも面白く、感情移入してしまうのだ。
     また、この小説は魅力的な人物が多い。ユミヨシさんやユキはもちろん、メイも五反田君も心惹かれる人々だ。そうした人々との触れ合いがいつもこの小説を読んで魅力に感じるところである。
     さて、読み終わっちゃった。次は何を読もうかな?

  •  2年前、ふと自宅のフィッツジェラルド作品を再読しようと思い立ち、気付けば6冊。乏しい我が家の在庫が切れてしまい、「次は何を読もうかな」と古書店に出かけた折、村上春樹氏訳の『マイ・ロスト・シティー』(中公文庫)を見つけて購入。序文で氏のなみなみならぬフィッツジェラルドへの想いを拝読し、「次は村上作品を再読しよう」と軽く思い立ったのですが…ここからがエンドレス。

     実家に〈風〉〜〈羊〉はストックしていたはず。たしか〈カフカ〉もあった…とランダムに長篇・短編と読み進むうちにズルズルと引き込まれ、気付けば『1Q84』へ。うっかり実家のストックとダブリで新規購入してしまう…ということも。

     中には10年ぶりに再読した作品もあり、定石ですが読む方も年を経れば視点も変わる。顕著なのは『ダンス・ダンス・ダンス』でした。30を過ぎて何かを希求するのは苦しい。強い何かに巻き込まれでもしない限り…と。流れている音楽やファッション、舞台や食卓が魅惑的なのは多くの方が読まれているので今さら言うに及ばず。

    夏だ。無性に「さっぱりとした」ステーキが食べたい。
    そして、もう一度〈風〉に戻ってエンドレス。

     

全644件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする