ダンス・ダンス・ダンス(下) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.79
  • (986)
  • (944)
  • (1557)
  • (59)
  • (17)
本棚登録 : 8602
レビュー : 517
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749053

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    『羊をめぐる冒険』から四年、激しく雪の降りしきる札幌の街から「僕」の新しい冒険が始まる。奇妙で複雑なダンス・ステップを踏みながら「僕」はその暗く危険な運命の迷路をすり抜けていく。

    失われた心の震えを回復するために、「僕」は様々な喪失と絶望の世界を通り抜けていく。渋谷の雑踏からホノルルのダウンタウンまで―。そこではあらゆることが起こりうる。羊男、美少女、娼婦、片腕の詩人、映画スター、そして幾つかの殺人が―。デビュー十年、新しい成熟に向かうムラカミ・ワールド。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    さてここで質問です。
    この二人はこのあとどうなったでしょうか?

    学生の頃読んだ時に感じた「なんじゃこりゃ」感は正直これだったんだな。
    たくさんの伏線があるけれど、全部は回収されない、
    そのもどかしさが私を村上春樹から遠ざけた。

    そして今も、本当はすっきりしないところも残る。
    メイも、キキも、本当は...?
    そしてディック・ノースは...?
    五反田君の存在価値は...?
    ユキとアメはその後どうなったの...?
    そして羊男は...?

    でもきっとこれはハッピーエンド。
    愛する人と最後に結ばれて、彼女を取り戻すために
    初めて「僕」が必死になる姿を見ることが出来ます。

    ああ、この人たんたんとうまく踊っていたけど
    リアルに生きていたんだな、と初めて感じた部分ですw

    最後の必死ぶり(1Pもないけど)が「ダンス・ダンス・ダンス」だった。
    私の中では(・∀・)

    羊男は、と書いたけれども、羊男からの解放、なんだろう。
    それはつまり過去からの解放。
    だから羊男が姿を消すのは、ここでは当然のことなんだろうな。

    いや~でもすごいね。
    ミステリーと言ってもいいくらい人が死ぬしね。
    (ミステリーとしてはバッドエンディングだね)

    素人も含めて評論家がたくさん生まれるの分かるわ~。
    本当村上春樹の解説本が何冊もあるのも全然不思議じゃないw

    なぜかあれこれ語りたくなるねw

    「僕」の高等遊民ぶりには垂涎でした。
    一生けん命稼いだからこそなんだろうけど。
    私も人のお金でハワイでのんびりしたーいw

    前作でも書いたけれど、この人の比喩力本当にすごい。
    思いもかけない表現で、でもなぜかぴったりはまる。
    日頃から感性を研ぎ澄ましていないと出てこないよね。
    いや本当、教科書に載せていいくらいだわ。
    テストに出していいくらいだわ。

    それを探すだけでも読む価値があります。

    そして登場人物が魅力的。
    五反田君の存在なんてすごくリアルに感じられます。
    自殺した二枚目俳優さんなんかを思い浮かべたりして...

    ただ、この中で一番かわいそうなのは、
    わずか15歳の「ユキ」。

    彼女がキーパーソン(ダンスのパートナー)となって
    彼にいろんなことを気づかせてくれるのですが、
    きっとその人生はつらいだろうな、と。

    時に人は鈍すぎる方が幸せだったりするしね。
    (鈍感力とかありましたね)

    でも彼女が大人になって、あの感覚をなくしてしまうとしたら、それはそれでもったいない...
    けれど、ユキには幸せになってほしいなぁ...

    そんな中ではユミヨシさんが一番いけ好かない登場人物だったw

    壮大で、哀しくて、東京で、ハワイで、札幌で、
    片腕で、ゲイで、娼婦で、俳優で、ホテルの精で、
    洋楽で、ピナコラーダで、パスタでサンドイッチで、
    デビット・ボウイで、スバルで、マセラッティで、

    もうもういろんな要素が含まれた最高の
    エンターテインメントだったと思います。

    やっぱりノーベル賞候補は違いますね...
    羊を巡った後に、ぜひ^^

  • 「でもそれは現実であるはずだった。何故ならそれが僕の記憶している現実だからだ。それを現実としてみとめなくなったら、僕の世界認識そのものが揺らいでしまうことになる。」

    前作『羊をめぐる冒険』で様々なものを失った「僕」。
    彼は失ったものを取り戻すために、再び冒険を始める。けれど、「僕」が失ったものとは結局は何なのだろう? 彼は何を取り戻すために、旅立たなくてはならないのだろう?

    それはこの物語の最大にしてもっとも重要なテーマだと思う。つまりは、それは<現実>なのではないか。
    「僕」の現実は「僕」が感じている世界、「僕」が認識している世界そのものだ。しかし、その<現実>で果たして本当に世界は機能しているのだろうか。僕の世界は進んでいるのだろうか。
    僕はきちんと起き、食べ、動き、また眠っているのだろうか? 本当に「僕」は世界で生活しているのだろうか? 僕がそう思い込んでいるだけで、本当は何もしていないのでは? ただ僕は悲しんでいるだけなのではないだろうか?

    現実と虚構、虚構と現実が入り混じるこの物語世界で、「僕」は必死に現実を探す。ステップを踏むのだ。きちんとステップを踏んで踊り続けるのだ。
    ベストを尽くすのだ。
    それはとても辛いことだ。なぜ?と思ってはいけない。どうして自分だけがこんなことを?と思ってもいけない。なぜなら踊り続けるしかないからだ。それが必要だから、それが唯一の方法だから。
    彼の虚構は彼が必要としたものだし、彼の虚構は彼を生かすために生まれたのだと思う。けれどそれはとどのつまり、虚構でしかない。それが現実である限り、僕はそれを他人と共有することができない。なぜならそれは彼のための世界だから。それは彼が必要として、彼が必要としている時だけ存在している世界だから……

    世界は必要とされた時に生まれる。それは現実でさえも超越する。それが村上春樹ワールドの原点なのかもしれない。
    この物語では、作者自身がその問題に真っ向から向き合っている気がした。踊り続けなくてはならない、ということは、「書き続けなければならない」ということなのかもしれない。世界を必要とする限り、現実を超越しようとする限り、冒険は続いて行く。

    きちんとステップを踏んで踊り続けるのだ。
    ベストを尽くすのだ。

  • 夢とも現実ともつかない出来事が僕のまわりをとりまく。
    繋がっているように見えて、繰り返される孤独と喪失感。
    たとえ自分のやっていることが、「文化的雪かき」だとしても、生きていること、この世に存在することにすべて意味があるのではないかと思う。

  • 超久しぶりの再読。6度目くらいか?なんとなくラストシーンが読みたくなって読み始めたけど、久しぶりに読むと良い感じで忘れていて面白い。まぁ、途中まで読み進めて大体のあらすじは思い出してしまったけど、途中の展開はあまり覚えてなかったので、なんだこうだいって楽しめた。昔読んだときに比べて、思った以上に行き当たりばったりの展開の話(踊りつつける話)だなぁ、とも思ったり。犯人的な存在も当初決めていたというよりは、物語を書きつつ煮詰まった中で決まったのでは、という印象も受けた。あと、ラストに示唆されている展開(残り1体)は誰なんだろうなぁ、とそんな事をぼんやり考えた。

  • モロッコ旅行のお供。上巻をベトナムで読みかけて、モロッコで初めから読み直し。
    ★4.6。
    具体的に(現実に)起こったこととしてはほぼ面白くもなんともないあらすじ(北海道にいって、女の子ひっかけて、美少女と仲良くなりハワイへいき、また北海道へ)を精神世界でここまで面白いものにするってすごい。
    あと登場人物の台詞の、、なんてゆうのか、畳み掛け感やスピード感。言葉遊びをしてるわけでもないのに。
    荒唐無稽なのに一切飽きさせず村上ワールドに引きずりこむこの人やっぱり天才だわ〜

  • 定期的に読んで、そしてなにか大事なことをそのたびに違う視点から考えたり、そんなことは考えずにただ羊男のことを考えたりしたい。

  • (借りて読んだ本)
    現実や存在の危うさなのか、本人や周りの記憶や
    感覚の不確実なところが、幻想的な世界と
    現実的な(たとえば音楽に対する)批評があって、
    世界全体をリアルなものと夢(悪夢)のようなものと
    まじりあっている。
    好んで手に取って読まないけど、薦めてくれたら
    読んで楽しめる。

  • 深読みしなければ分からないような文章を垂れ流す。
    それが文学という思惑が多すぎた。

    誰でも分かりやすくて楽しく読める本が欲しい。

    しばらく村上の本は避けよう。

  • ダンキンドーナツ好きだな~。

  • 純文学であり推理小説であり冒険小説であり恋愛小説であり青春小説。
    まさにいま読むべくして読んだ本、そんな感じがした。

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月刊行。2019年9月10日発売の『文藝春秋』10月号で「至るところにある妄想 バイロイト日記」を寄稿。

ダンス・ダンス・ダンス(下) (講談社文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする