窓辺には夜の歌 (講談社文庫)

著者 : 田中芳樹
  • 講談社 (2004年11月16日発売)
3.43
  • (7)
  • (4)
  • (24)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :90
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749091

作品紹介

秋の学園祭。大学生の耕平はボーイッシュな美少女・来夢とともに前夜祭のコンサートへ赴いた。だが、落雷に続く停電で会場はパニックに陥り、多数の死傷者を出す惨事となる。その後も二人の行く先々で待ち受ける奇怪な事件と超常現象。何者かの邪悪な意思が、来夢の命を欲している。長編ゴシック・ホラー。

窓辺には夜の歌 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学園祭での事件。アイドル歌手小田切亜弓のコンサートで起きた惨劇。ライムを狙う亜弓の父親である近石。不思議な世界へ迷い込んだライムと耕平。獣人たちが支配する世界。巨大カタツムリの出現。近石と北本氏の会談。近石と拝蛇教の関係。

  • カバーイラスト欲しいので、これを登録。徳間書店さんもう出してないんだね(T-T)。中学生のときに初めて読んで面白かった。この二人の絆がなんとも言えず好き。

  • 「夏の魔術」の続編2。
    異世界での場面が特に好きですw

全3件中 1 - 3件を表示

窓辺には夜の歌 (講談社文庫)のその他の作品

田中芳樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

窓辺には夜の歌 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする