1973年のピンボール (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (605)
  • (1080)
  • (2442)
  • (334)
  • (64)
本棚登録 : 12643
感想 : 850
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749114

作品紹介・あらすじ

さようなら、3フリッパーのスペースシップ。さようなら、ジェイズ・バー。双子の姉妹との"僕"の日々。女の温もりに沈む"鼠"の渇き。やがて来る一つの季節の終り-デビュー作『風の歌を聴け』で爽やかに80年代の文学を拓いた旗手が、ほろ苦い青春を描く三部作のうち、大いなる予感に満ちた第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 《見知らぬ土地の話を聞くのが病的に好きだった》
    『風の歌を聴け』に引き続き、またもや冒頭の一文でぐっと掴まれてしまった。村上春樹の小説の主人公のクールでニヒルな外見とは裏腹の人間的で熱い一面に「いい人じやん」となってしまう。
     “僕”の元カノの出身地は「駅のプラットフォームの端から端まで犬が散歩している」くらい田舎だったが、文化人達が山の中腹に思い思いの家を建て、ある種のコロニーを形成していた。が高度経済成長期にブルドーザーで開発され都心の周りの住宅街となった。“僕”と“鼠”の出身地(おそらく神戸)は、昔は漁村だったが都市開発に伴い、漁師たちは、追いやられ、その名残で無人灯台が残る。
     そんな故郷を愛していながら、そこにとどまることが出来ない若者たち。
     この小説では“人”に対してだけでなく、消えゆく“物”に対する惜別も描かれている。配電盤、ピンボールなど。
     時代の流れによって、押しつぶされたり、押し流されたりして、変わっていったり、なくなっていくものや土地への愛着を滲ませながら、同じように、少年から大人になる過程で自分の中で、押しつぶしたり、埋め立ててしまったものへの愛着から、逃れられない。だけど、その愛着を断ち切らねばならないことを知る、主人公たち。「どんな進歩もどんな変化も結局は崩壊の過程に過ぎない」と悟りながら。とても早熟だ。
     けれど、最後の「何もかもが繰り返される」という一文で、やっぱり若いなと思う。私なんかはこの頃(自分の歴史のなかでは)「もうこれで最後だよ」と思うことが度々あるから。

  • 鼠3部作の2作目。
    1973年の9月~11月の物語。
    僕と鼠2人の視点からなる。
    僕視点は脈略がなくなんかファンタジーな感じ。
    鼠視点は若者特有な恋、無力感が描かれている。
    どこにたどり着くのだろうか。

  • 悔しいな、あちこち探したけれど見つからず改訂版を購入(文字が大きく読みやい)。

    本書は青春3部作の2作品目。

    東京の僕と、神戸(?)の友人の鼠が一緒の場面はない。ジェイズ・バーの中国人マスター:ジェイも前作と同じ登場人物。

    双子の208・209、僕の亡くなった恋人、直子のエピソード…突然なくなったピンボール台『スペースシップ』と直子がダブる。

    喪失感と、青春時代の終わりの予感が漂う。
    1969〜1973年11月、僕は大学を卒業し、翻訳の仕事で生活をしている。

  • うーん、もう一度読み返してみようと思うけど、メッセージが見えない…登場人物だったり、モノだったりが、なんの暗喩になっているのか、それともいないのか。
    しかし、それでもよくわからないながらに鮮やかなイメージが頭の中に浮かび上がるのは文章のおかげ。
    やはり文体と雰囲気で読む感じなのかなぁ。それだと、片岡義男と変わらないが…

  • 途中でピンボールをビリヤードと勘違いしていた事に気づいた。。自分にびっくり。YouTubeで確認したら、本当にお洒落で色々な台があってはまりそう。やっとしっくりきた。

    季節や情景の描写が素敵で、音読して何度も味わってみる。ボイスメモ取る。

    配電盤、砂場、貯水池、ゴルフコース、セーターの綻び、そしてピンボール。脈絡のないバラバラなカード。これは井戸?ここから謎解きのように行ったり来たり読み返す事になる。面白い。

    印象的なのは25歳の鼠が「さあ考えろ」と自らに言いきかせるところ。最後は別れが立て続けで感傷的な気分になった。さあ、次は冒険だ!

  • 力まず読める。
    出会いと別れ。喪失感。虚無感。
    読後は感傷的な気持ちになりました。

  • 胸が苦しくなるような懐かしさ(この時代を生きたことはないですけど)

  • 人間が出てこない。
    人間が書かれているはずなのに、人間がいない気がする。稀薄。
    特に女性はいない、軽い、特徴的な双子だって、人間じゃない。
    男女の関係を自然なもののように扱おうとしているけれど、とても薄っぺらく、そもそも人間じゃない。
    人間がいないのに、人間の心を語っているようで違和感。

  • 随分と久しぶりに再読。いくつもの別れが重く、また安置されたピンボールの語りがひどく苦しい…
    続けて羊を読もうと入手しておいたのだけど、先にノルウェイが読みたくなってしまった。外は灼熱だが外出しようか。

  • 羊三部作の第二部に位置づけられているもののいまいち「風の歌を聴け」と「羊をめぐる冒険」の間の何を橋渡ししているのかはわからない。僕と鼠それぞれの喪失の記憶を描くことで羊をめぐる冒険を際立たせる意味もあるのだろう。しかし、僕が双子を失い、鼠が女を失うことが彼らをどう損なわせたのかがピンと来なかった。

    世の中には120万通りくらい対立する考え方があり、ほとんど誰とも友だちになんかなれないと考えたり、他人の生きるシステムが自分と違いすぎると腹が立つし、似すぎていると悲しくなると考えることの根っこには人と人とが根本的にわかりあうことは不可能なのだからある一定の距離を取るようにしようという「僕」の人生哲学がある。春樹特有のドライな文体がこの人生哲学を語らせるのにはうってつけだったと思う。

全850件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年 京都府生まれ。著述業。
『ねじまき鳥クロニクル』新潮社,1994。『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』新潮社,1985。『羊をめぐる冒険』講談社,1982。『ノルウェイの森』講談社,1987。ほか海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、2016年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞。

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×