羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (1070)
  • (1267)
  • (2066)
  • (95)
  • (17)
本棚登録 : 10906
レビュー : 629
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749138

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みやすいけど、分かりにくい村上作品、何故かハマる

  • (感想は後で書きます。)

  • 夢見心地、あるいは酔狂の世界

  • すんません、最終的にちょっと辛かったす。村上作品はこんな感じ、で済ませれば良いのかもしらんけど、多崎つくるは十分に楽しめたし、やっぱり内容的にいまひとつだったと思える。まとめると、羊による征服を身をもって防いだ男がいて、その功績を、親友がめぐる話。

  • うーん、よくわからない。
    鼠が死んでしまったみたいだけれど、それも現のような何かの暗喩のような。

    たまにはこういう世界に浸るのもいいかな、と思う。
    ダンス・ダンス・ダンスは、またの機会にしたい。

  • 春樹ワールドだけど、
    なんか感動しない。

    最後まで羊がよくわからない。

  • 感想は上巻で

  • 羊と鼠を探し求め、十二滝村へ行く主人公たち。失うものもあったが、偶然が重なり結果的にうまくゆく。最後に印象的な場面がフラッシュバックするところが映像を観ているような感じだった。読後の満足感はあまりない。

  • 全ては意味のないことなんだけれど、僕はまた世界で生きていくのだろう。怒りも悲しみも虚無感も全て引っくるめて、何事もなかったかのように。1年後ぐらいにまた読み返したいなぁ。羊男が愛くるしくて、憎めない。

  • なるほど、面白かった!
    終わった、という感じがしっかりした。

    羊をめぐる冒険が一旦、北海道奥地の牧場でストップする。その際の、美しい耳のガールフレンドがものすごく愛おしい。
    自分の耳にはまだ魅力があるか、と尋ねたり、「僕」を励まして、跡形もなく去ってしまう。
    彼女自身も、大切な何かの喪失を感じたんだろう、と思うと切ない。

    ようやくの鼠との再会も、きっと三部作を読んできた人には格別の意味があったに違いない。
    そうするしかなかった選択に行き当たったとき、人はその理不尽さに怒りを覚えるのだろうか。
    村上春樹はスマートにジグザグ進んでいくイメージがあって、その中の「怒り」はちょっとそぐわなくて、いつも印象深く感じる。

    ラストの「僕」の涙は、一体何に向けられたものなのだろうか。それとも、ただただエンディングを迎えたことの涙なんだろうか。

    そういえば2014年、羊年じゃん!という変な一致になんだか喜んでしまった。

全629件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする