羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (1070)
  • (1267)
  • (2066)
  • (95)
  • (17)
本棚登録 : 10907
レビュー : 629
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749138

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっとよく分からなかった。
    その後考察サイトを読んだところ、三部作だったようで、色々謎はまだまだ解決されていなかった。

  • 何度読んだかはわからないけれど、キキが帰ってしまうのが哀しい

    確かにどうして連れてきたんだろう、と

    今の村上春樹の主人公と違い、いろいろ抜けているのがいいかも

    でも『ダンス・ダンス・ダンス』のほうが好き

  • 村上作品の中で、初めて主人公が旅に出かけたのではないかと思います。


    歳をとるにつれて色々なものをなくし、シンプルになっていく、、、やはり孤独がテーマ。

    のちの村上作品の原型的な作品だと思います。

    それにしても、冬の北海道、旭川行ってみたくなりました。
    行ったら後悔すると思うけど。

  • 次第に謎が解け始める。
    何故、友人の鼠が現れないのか?
    それはすべて羊が絡んでいた。北海道の山奥の孤立した場所で鼠を待つ。そして、現れる羊男。時間が解決してくれる。奇妙な点は多いが独特の世界観があり面白かったね。

  • 途中で終了。

  • 四半世紀ぶりに再読した”青春三部作”の最後。

    『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』の全体を
    包んでいたカラカラに乾いた空気感が、この『羊を
    めぐる冒険』で少し変わってくる。

    耳モデルをやっている彼女、ある政治家の側近と
    思われる男、運転手、そして羊男。

    普通の小説ならかなり奇妙な存在に思えるこれら
    登場人物たちも、この空気感の中では適度な湿気を
    持ち込む存在。だから、何の違和感もなく迎えること
    ができる。

    それにしても、四半世紀前に、こんなに切ない読後感
    を自分は持ったんだろうか。あまり記憶にないのが
    ものすごく残念。あの時の自分と語ってみたい。

  • 羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)

  • 本作が、村上春樹という作家にとってのturning pointだったのかな。
    何度目か分からない再読後に、そんな感想を持ちました。

    これまでの2作品で、強烈に世に示した個性。
    空虚で、軽くて、とりとめがなくて、なのに印象が鮮明に残る、不思議な存在感。
    その独特な空気醸造力が、幻想的なrealismという不思議な存在感と結びついた感じ。
    絶対的に有り得ないと言い切れる、そんな突拍子もない世界観。
    なのに、その世界を想像上の産物と切り捨てさせない訴求力。

    また、物語の幅が格段に広がったことも確かです。
    それは、「舞台」の広がりだけではありません。
    もっと本質的な、物語としての「階層」が高くなった、そんな気がします。

    物語そのものの味わいも、また格別です。
    気取った言い回しや独特の表現が、なんとも言えません。<blockquote> そのようにして僕は最も礼儀正しい酔払いになる。いちばん早起きをする<ruby><rb>むくどり</rb><rp>{</rp><rt>´´´´</rt><rp>}</rp></ruby>になり、いちばん最後に鉄橋を渡る有蓋貨車になる。</blockquote>直感的に「分かる」、こういう言い回しは本当にすごいと思います。
    そして、現実性の感じられなさにも関わらず、圧倒的な存在感を持つ登場人物たち。
    これらの、くっきりとした輪郭の中にある、とても透明な中身という構図。
    その「分からなさ」が、村上作品の持つ魅力なのかな、と思います。

    Storyは、「羊」を目指して進んでいきます。
    しかし、その道筋は決して真っ直ぐなものではありません。
    あちらこちらへと彷徨いながら、ふらふらと惹き付けられていく感じ。
    それは「僕」たちの辿る道筋そのものでもあります。
    いつまでもclearにならない、どこまでも濁っているかのような視界。
    白く霞が掛かっているかのような風景のなかを、手探りで進んでいるかのようです。
    しかしそれは決して不快なものではなく、陶然とした感覚を伴っています。

    本当に不可思議で、それでいて確固とした手触りを持つ作品。
    何回読んでも、その本質にはなかなか辿り着けないなぁ、と思います。

  • 何度読んでもラストのジェイとの会話でいつも泣いてしまう。鼠の現れ方。死の確認。青臭くても、たとえスタイルだけだとしても、とにかく大好きだ。当時の日本文学にこんなのなかっただろうな。 20090504

    再読 11111111 19960219 20000502

  • 青春三部作の魅力ってのはまず間違いなく鼠の弱さにある。再読してその思いを強くした。「僕」が言うように一般論で話をすれば何も鼠だけが特別弱いわけではないし、「僕」だけが切迫した生活から自由でいられるわけでもない。皆が弱いし皆が何かしらの問題を抱えて生きている。鼠だってそんなことは先刻承知している。二人の間で何か違う点があるとすれば、それは「僕」がそうした一般論に自己を同化させて世界と折り合いを付けることが出来るのに対し、鼠にはそれがどうしても出来なかったと言うことだ。鼠はそんな二人の関係を次のように表現する。「我々はどうやら同じ材料から全くべつのものを作り上げてしまったようだね」。

全629件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする