天を衝く(3) (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
4.17
  • (66)
  • (40)
  • (37)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 351
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749176

作品紹介・あらすじ

天下人に喧嘩を売る男たちの最期の戦場。目前に迫る10万の豊臣秀吉軍。日本中がひれ伏した敵に、わずか5000の兵で九戸政実(くのへまさざね)は喧嘩を売った。策を尽くし、鍛えた武力で敵を翻弄する九戸党。誇りをかけた最期の戦いを待ち受けていたのは――。『炎立つ』『火怨』からつづく、陸奥(みちのく)の男たちの熱き魂を描いた歴史巨編「3部作」が、万感の最終幕を迎える。(講談社文庫)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どこまでも熱い漢達の話、第三弾。
    九戸政実なんて、日本史で習った記憶無い程知名度は低いと思うのですが、天下人秀吉にここまで抗った武将が他に居るのでしょうか。

    素晴らしく魅力的な人物が次々と登場しますが、やはり九戸政実が断トツ。
    男が惚れる漢です。
    阿弖流為と言い貞任と言い、本当にこの作者は描き方が旨い。

    現代の野党も、このぐらい与党に筋の通った抵抗をすれば良いのに、なんて事も思ったりします。

    日本男児は是非一読を。
    東北3部作は全て、傑作です。

  • 二巻目までは、なんやかんや言いながらもフィクサーの如く他人を動かすだけで自身は殆ど行動を起こさなかった政実がついに立ち上がった。
    最終的には勝てる見込みのない戦いだと分かっていながら、決して臆することなく一戦一戦は完勝を続ける九戸党が見せる戦の強さ。最後に「負けたことがないからこの先が分からない」と笑い飛ばす潔さ。政実だけでなく、みんな格好良かった。
    この本を読んで戦国期の東北を初めて知りましたが、圧倒的少数ながら豊臣軍に引けを取らず、兵を救うために降伏しながらも、その約束を反故にされたという大筋は史実のようですね。

  • 奥州惣無事令の中、1人秀吉に反旗を翻す九戸政実を描く。
    彼を扱った作品は少なく彼の歴史を紐解く上での必読書。実に面白い。

  • 先輩から借りて読んだ。
    英雄伝として読みごたえがあった。主人公をヒーローとして描いて物語を盛り上げていくのは司馬遼太郎的で、最近はあまりこの手の本を読んでいなかったが、久しぶりに読むと読み物としておもしろかった。敵役の心情もうまく織り込まれていて、現実離れ感はあまり感じないのもよかった。

  •  目前に迫る十万の豊臣秀吉軍。日本中がひれ伏した敵にわずか5千の兵で九戸政実は誇りを賭けて喧嘩を売った。

     最終巻にふさわしく九戸軍と豊臣軍との戦いの連続が描かれ、めくるページが止まりませんでした。

     数では圧倒的に不利な九戸軍が数だけが頼りの豊臣軍を優れた作戦で次々と打ち破っていく様は読んでいて、その場の戦場の雰囲気を感じられるほど、とても爽快でした。

     秀吉の時代にこんな優れた熱い武将がいたことにとても驚くと同時に、その存在をこの作品を通して出会えたことにとても幸せを感じました。

     「火怨」「炎立つ」に続いてこの作品を読むことができてほんとによかったです。

  • 東北三部作の前二作とは印象が違います。アテルイや安倍一族には選択肢がなかった。でも九戸政実はもっとやりようがあったように思う。結局何がしたかったのか。
    描き方も不満がある。九戸党は素晴らしい武者、豊臣方は阿呆ばかり。かなり偏っています。特に蒲生氏郷は理不尽なほど間抜けに書かれている。乱後この地に残って伊達に備え、城下町会津の基礎を築いたのに。今残る九戸城の石垣は彼が整備したものです。
    謀略はあったようです。ただ城からかなりの人数が逃がされていたのは誤り。女性を含む多数の骨が出ています。
    九戸党や政実を持ち上げるほど、作者の曇った東北愛に鼻白む思いでした。

  • 高橋克彦の東北作品にはずれなし。

  • 読んで良かった。泣いた。薩天和尚が気持ちを代弁してくれて、すっきりするのだけど、やっぱり、とても悲しい気持ちになってしまう。

  • 南部家の棟梁になるに十分な器量を備えながら、秀吉の方針で勝手に東北の区割りをされることに怒る九戸政実。その方針に反発し、九戸と同志のみで秀吉に喧嘩をふっかける。秀吉がほぼ全国を統一した後だけに勝てる見込みは無いにも関わらず・・・。秀吉の政権が早々に倒れることも見通しつつ、東北武者最後の意地を見せてくれる。

  • 最終巻はいよいよ秀吉軍との対峙。
    手に汗を握る展開が続き、九戸政実の最期には心を強く揺さぶられる。

    なぜに秀吉と対峙するのか?
    その理由を最期の最後に知ることで九戸政実の行動の全てが理解される。
    高橋克彦の陸奥三部作に共通していることでもあるし、幕末時の会津藩もそうかもしれないが、負けることでの美学に日本人は心を打たれるのかもしれない。
    負けることに潔さを見い出すこと。

    その場で負けることが、必ずしも歴史上の敗北には繋がらない。
    そこまで判断して行動を取れる器。
    戦略に通じ、大局的な視野を持つ懐深いリーダー、義を重んじ無私を貫き、郷土を愛す。
    九戸政実はそんな人物として描かれている。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年、岩手県生まれ。早稲田大学卒。83年に『写楽殺人事件』で江戸川乱歩賞、86年に『総門谷』で吉川英治文学新人賞、87年に『北斎殺人事件』で日本推理作家協会賞、92年に『緋い記憶』で直木賞、2000年に『火怨』で吉川英治文学賞を受賞。本作『風の陣』(全五巻)は、「陸奥四部作」のうち、時代の順番としては最初の作品になる。以降、『火怨 北の燿星アテルイ』(上下巻)、『炎立つ』(全五巻)、『天を衝く』(全三巻)と続く。

「2018年 『風の陣 四 風雲篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天を衝く(3) (講談社文庫)のその他の作品

高橋克彦の作品

天を衝く(3) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする