煙か土か食い物 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.79
  • (457)
  • (446)
  • (622)
  • (67)
  • (12)
本棚登録 : 3156
レビュー : 555
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749367

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いや、なんかね「スカッ!」としたくて読み返したw

  • メフィスト賞の悪趣味に日本の文学界がつきあってやる義理はねぇんだよ

  • 舞城王太郎…名前は聞いていましたが
    初めて読みました。

    ページを丸々字で埋めつくすのか!というほどに改行が少ない。
    けれども、異常な疾走感があって
    スラスラ読めるのは、この独特な
    口語体のせいでしょうか?

    なんともテンション高めの文章とともに、スリリングでグロテスクな物語が展開します。

    この作品の主人公っぽく言うなら
    『実にクールな小説だ!マザーファッカー!』といったところでしょうか(笑)

  • 舞城作品、3冊目。
    もう、この文体にも慣れました。
    内容はミステリーであり、結局、よく分からない何か。
    グロイ物語ながら、読後感が爽快すぎてビックリ!
    最後のほうは、かなり感動しました。

  • 口は悪いし自信家だし義姉とヤッちゃうしむちゃくちゃなんだけどとても愛しいキャラクター。四郎の魂がつかの間でも救済されていたらいいな。サンディエゴに戻ってまた日々に忙殺されてどんどん薬漬けになってもそのたびに阿帝奈が救ってあげてぬくぬく眠ってほしい。あと福井弁がかわいかった。星4つにしたけど5つでもいい。

  • 大学時代の先生に推薦されて読みました。 舞城氏の作品を初めて読みましたので、独特の表現、構成、ドライブ技法に戸惑いました。 内容は大変興味深く、デビュー作でこの作品とは恐れ多いです。 伏線が回収しきれてい無い箇所が有ったり、場面切り替えが早過ぎて、取り残された感を感じる個所も幾つか有りましたが、トータルでは大変楽しませて頂きました。 おすすめの一冊です。

  • 初 舞城作品だったんだけど、
    なんで今まで読まなかったんだろう!!面白かった!!
    虐めの内容がえげつなかったりするけど、そして推理の仕方は「ひらめき」としか言いようがないような気もするけど、エンターテイメント作品だと思う。
    ま、実写はしないでほしいけど(笑)

  • 人は死んだら、結局「煙か土か食い物」になるってのが、本書のテーマってことはないわな。なんで、こんなタイトルつけたんだろう
    。主人公は、アメリカで医者をやっている能力も金も女も不足なしの自己中。父親は政界の権力者。父親も兄弟もそろって頭の良い暴力志向の自己中なので、幸せな家庭ではない。アメリカにいた主人公は、母親が襲われたとの連絡を受け、急きょ帰国し、連続婦女傷害事件の謎をバンバン解決する。結局、裏で糸を引いていたのは、父親に虐待され、母親に裏切られて家でした二男であることが分かって、めでたしめでたし。

  • 疾走感。

    そして、これもひとつの家族のかたち。

  • 1ページ目を開いた瞬間、ウっ!字が詰まり過ぎていて、読みずらそう~!と思った(笑)。
    気になっていた作家さんなんですよん。
    でも、昨今のメフィスト賞作家には年齢的についていけないかも・・・、もし買って失敗したら嫌だなぁ~ん。なんて思っちゃって、文庫化になるのを待っていた次第です。
    でもでも、そんな懸念も、1ページ目を読み終えた瞬間に吹っ飛びましたけどね~。
    あ~やっぱり早くから読んでおけばよかった~と嘆いたほどです。
    ず~っと面白いタイトルだよなぁ~、意味はあるのかなぁ~と思っていたんです。身内の不幸を経験した私には、このタイトルの意味を説明している部分を読み、ちょっとグっときました。そう、人間、死んだら、煙か土か、(動物の)食い物になるんですよん。
    文体も近代的(?・笑)で、英語の放送禁止用語のスラングもいっぱいで、めちゃ過激な暴力がいっぱいなのですが、家族間で起きる不条理さや人生を、いろいろと考えさせてくれる哲学的なミステリでもありました。
    お勧めの一冊です。他の作品もどんどん読んでいこうと思います。

全555件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

煙か土か食い物 (講談社文庫)のその他の作品

舞城王太郎の作品

ツイートする