煙か土か食い物 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.79
  • (457)
  • (446)
  • (622)
  • (67)
  • (12)
本棚登録 : 3156
レビュー : 555
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062749367

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分にはことごとく合わなかった。

    日常会話を英語で生活している身にはちょいちょい挟み込まれるカタカナ英語で安っぽいスラングが小っ恥ずかしく、その都度しらけてしまった。

    で、どうやってこの事件は引き起こされたのかを教えてくれ!!

  • 好きだ。

  • とりあえずタイトルの意味が謎だったけど、それは分かってみれば何てことはない話。ひたすら四男の独白形式でストーリーが進み、勢いに任せて書きまくりました的ニュアンスは十分に伝わってくるけど、それ即ち逸品を意味しない。やっぱり自分的には、練りこまれた長編作品をじっくり味わう、っていう読み方のほうが好きかも。トリック的にもそこまで絶品ってことはなかったし、これを読んで、もっともっとこの作者の作品を!とは思わなかったです。

  • アナーキーで、かなりブッとんだ作品。

    サンディエゴで救急外科医として働いていた奈津川四郎のもとに日本に居る母親が連続主婦殴打生き埋め事件の被害を受けたという知らせが…故郷で待ち受けていたのは、血と暴力に塗れた奈津川家の過去の記憶…奇妙なタイトルとミステリーの要素も散りばめられた思い切ったストーリー展開に驚かされた。

    著者のデビュー作にして、第19回メフィスト賞受賞作。

  • 火花が出そうなくらい強烈な作品で、
    荒削りだけどものすごい熱量と勢いを感じた。

    メフィスト賞ってこういう訳のわからない面白さに
    溢れた作品が出てくるからこそいいんだよなと痛感。

  • 『阿修羅ガール』よりリーダブル、面白かった。思わせぶりな設定、こけおどしのトリック、人を食ったようなパロディーが横溢しているけど、3分の2くらいのところで居直って(?)、そんなもん関係ねぇーって終わりまで突き進む感じが潔い。タイトルのセンスにも惹かれる。

  • 1ページ目からオノマトペの連発にぎっちぎちの文体には参ったが、気付いたらそんなこと気にも止めず読み終えていた。
    スピード感が売りなだけあって早さが半端ない。
    他の作者と違って本当に早い、ジェットコースターに乗っているような気分になった。登場人物も個性的で楽しい作品だった。

  • 舞城王太郎のデビュー作。

    著者独特の内省的な文章で話が進んでいく。
    会話文が少なく、文字がぎっしり。
    しかし、不思議なことに読むのが苦にならない。

    暴力を冷めた描写で何度も繰り返されることにより、激しさよりも渇いた印象を受ける。


    色んな人から文章が稚拙だと言われているが、自分にはよく分からない。
    面白いし、構わないんじゃないかと。
    それに文章が気に食わなくても、これだけのものが書ける創造力だけで賞賛に値すると思う。

    それに、何だか世の中の否定的だったり虚無的だったりニヒルだったりするのが格好良いという短絡的な風潮の中で当たり前に悪くないことを悪くないと語るのは格好良い。

    他の舞城王太郎著作にも言えることだけど、人の内部の理不尽な怒りや祈りなどの感情が、読んでいる自分のものとだと勘違いしてしまう様な感じが楽しい。

  • これ大好き( ^ω^ )
    疾走感が堪らない。暫く他の本が読めない位パンクだ。暴力で愛を語る美しき4兄弟。長男、小栗旬。次男、水嶋ヒロ。三男、三浦春馬。シロー君は松山ケンイチで妄想炸裂させてガーッと読みます。お父さんは柄本明と…。チャッチャッチャッと。

  • 言葉の散弾がつくる文体。執拗な反復。英語の持つ軽さ。ハリウッド映画を観ているようだ。くだらない言葉や感情を隠そうとせず書き連ねるのがリアル。これはある種の誠実さである。テーマは、暴力により徹底的に壊れてしまった家族の再生。外的な暴力にさらされることで家族の愛が確かめられる。加害者を殺してしまうこと、二郎が最後まで救われないのが残念。リアルではあるが、全ての混乱の原因を家族の愛の欠如に求めているようで、納得できなかった。

全555件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

煙か土か食い物 (講談社文庫)のその他の作品

舞城王太郎の作品

ツイートする